2017年8月 8日 (火)

バリの6月(2017)

暑中お見舞い申し上げます。

日本はお盆前に台風が大暴れしたようで、心配でしたが

バリも乾期のはずのこの季節、風がよどんでほとんど晴れない(時には降りっぱなし!)この頃です。

皆さま、今年の日本の夏はひときわ暑いそうですが、

お元気でお過ごしですか?

大磯・布うさんでのマニス展に皆さまお越しくださっているそうでありがとうございます。

開催は14日までです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

きょうの投稿は、もう8月なのに、6月の写真ですw

・・・・・・・・・・・・・・・・・

この写真は、あっ、そうです。

6月に日本からバリへ戻った翌日。

夜に不在中のレシートのまとめやらをやっていたら

キッチンの開口部から入ってきた。

文鳥さん!

バリでは文鳥さんは森にたくさんいらっしゃる。

トリなのに夜うちの中に入ってきちゃうなんて。

Img_0902_1350x1800

私のデスクランプに留まると、さえずり出して!
Img_0904_1350x1800
ランプの光でもトリは見えるんでしょうか。
友人のラカさん作のデウィスリの木彫りの上にぴょんと移動して。

Img_0905_1350x1800
そして翌朝には、いなくなっていました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

かえるさんも最近ずっとベランダのアロエの鉢植えに。

日本へ行く前にもずっといたけれど、同じ場所にほぼ毎晩現れる。
この子は鳴きもしないし、お出かけもしない。
夜になるといつもここにて、じっとしている。

Img_0951_1800x1800
・・・・・・・・・・・・・・・・・
で、この子はw
うちの息子、ちひろです。
私がバリへ戻って間もなく、なが~~~~い夏休みに突入。

まずは寿司でも、と。
バリのすし屋は日本のすし屋と違って一皿ずつカラフルな名前がついているんです。
これはにぎりセットとレインボーロール。

Img_0945_1800x1800_2
・・・・・・・・・・・・・・・・
ところで。バリに戻って、早速また体調が……。
もう、不調のデパートみたいに昨年辺りからいろいろ症状が出るのですが、
今回も何も起きていませんでした。w
やはり更年期。?
リウマチかと思って慌てた手足のこわばり、高っかーい血液検査でマイナス反応でした。
ご近所のまりこさんからすすめられた健康茶を飲んでいるうちに、
治ってしまいました。
パパイヤの葉を炒ってつくります。
Img_0954_1800x1800
パパイヤの葉は、時々森にやってくるおサルたちも食べている。
実ではなく(実はコウモリが真っ先にかじる!)
おサルたちは葉を食べる。
薬効があると知ってるせいだと、まりこさん。

Img_1011_1800x1800
種から簡単に発芽するので、庭にいくらでも生えてくるパパイヤは
成長も早く、あっという間に実をつける。酵素が強いらしく害虫もつきにくい。
天狗のうちわみたいな葉を何枚か採って、半日ほど干し、
はさみでざっくり切ってから、

Img_1013_1800x1800_2
フライパンで炒ります。
あっという間にいい香り!

Img_1014_1800x1800_2
カリカリになったら揉んで細かく。
これが、思いのほかおいしくて、普通のお茶代わりになるのです。
抗がん作用もあるらしい、簡単・自家製のすばらしいお茶。
まったりとした実の味とはだいぶ違って
少し苦みのあるアロマティックな個性にもびっくりです。
Img_1018_1800x1800_2
・・・・・・・・・・・・・・・・・
まりこさん、左の方です。
雨続きの日曜日の午後に、近所の日本人の皆さんと、うちで午後茶会。
最近、ご近所さんが増えてきて楽しいのです。
この日はパパイヤ茶ではなくw
台湾茶を、いれてみた。
右のはるみさんは、マニスのサックボトムをはいて来てくださいました。


Img_0969_1136x639
お茶入れのスタイルもすべて、なんちゃって、です。
ままごとです。w


Img_0968_726x639_2
お茶の合間に、これ。
近所のワルンで買ってきたかぼちゃのツル。
茹でて、お酢とだし醤油とごま油数滴。とてもおいしいのです。

Img_0965_1800x1800
お茶会のあとは夕食がおにぎりだったので、部屋でゲームに夢中のちひろに夜食を作ったんだけど、
こういう日に限って何も食べずに寝やがったw
中学生だけど、普通に日本語を話すけれど、
漢字読めないの。ですw

Img_0984_1800x1800
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
バリでの日記、この後も♡
気長に書いていきます。


| | コメント (0)

2017年7月18日 (火)

京都にて・6月

いつもだらだらとした気まぐれブログにお付き合いいただき

ありがとうございます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6月1日京都に戻り、その後7日にバリへ戻るまでのあいだ、

ほとんど仕事場でごちゃごちゃやっていましたけれど

ちょっとだけ(ほんまかいな)、書いておきたいことがあるので

もう7月も後半になっちゃいましたが、続きを入れます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【たまごやさんのお母さん】

京都での私の日常。それは

時々、中川卵店のお弁当を仕事の合間に買いに行く事。

このところ、あのお母さんの姿がずっと見えないし、

昨年はしばらく休業もされていたので、周囲の心配事でもありました。

といって、それを取り立てて聞けるほどのご贔屓でもないので(私の方が)

どうされているのかな~、というあれこれを

フェースブックに投稿した翌日かその次の日のこと。

Img_0850_1800x1350_2
たまたま、用事にて夕方出かけ、これまたバスの経路の関係で、いつもはこの時間ほとんど通らないのだけど、中川さんの前を通りかかる。

間もなく店じまいをしようかな、という感じのご主人がいらして、

店内に目を向けると、なんと!

お母さんが水場で洗い物をされている!

このお母さん、いったいお幾つなのかは不明なままですが、

いつも必ず立ち仕事、鉛筆で紙に暗算で売上メモ。

お弁当のおいしさも非常に大事なのですが、この方がいらっしゃることも相当大事なのです。

なぜか、もう、それはセットになっている。

「このごろお見かけしなくなって周りの方々も心配してましたよ」

「へぇ、もう歳ですから、店にでえへんでも、と」

わぉ!そうだったのか!

「お元気なところを一緒に撮らせてもらってもいいですか?」

「へぇ、へぇ、髪の毛がこんなでなぁ」

(髪の毛など私の方こそまったくあきまへんけど、)

ってことで、お母さんと一緒にジドリしましたw

よかった、もう、本当に勝手に心配をしていましたので!

Img_0856_1800x1350
皆さま、そういうわけですので、これからも京都へお越しの際は、
中川さんのお弁当をお見逃しなく!
・・・・・・・・・・・・・・・・・

【更紗徒然草】
6月4日、ピーカンの日曜日、京都文化会館別館。
天野春代さんという方のバティックコレクション「OHARU」へ。
1992年にはじめてバリ島を訪れて以来、30回以上通い詰め
集まられたというバティックとインドネシア各地の布の展覧会です。
展示は3日間と短い期間でしたが、
バリからケイコ・マンデラさんとその息子さんが来日され、
ケイコさんは自作の絵画を会場内で展示。
息子さんのグンデさんは、ソロでバリ舞踊を披露。
とても贅沢な催しだったのではないかと思います。
ケイコさんはバリの王家のひとつに嫁がれて、数々の書籍、雑誌、テレビ番組で紹介されている、バリ文化の伝道師のような方。
そのまっすぐな姿勢からいつも影響をいっぱいいただいています。
Img_0862_1800x1800
旧日本銀行の京都支店だったという、重要文化財の中に入ると、
うるわしいバティックがたくさん。


Img_0858_1800x1350
つれづれなるままに。
ひくらし、ぬのをながめて
よにうつりゆくよしなしごとを
しばしわするれば
あやしうこそ(?)ものぐるほしけれ。
(ちょっと間違っているかな?ごめんなさい!)

フライヤーのメッセージから。
Img_0859_1800x1800
はらはら、と。良寛の書のように。
空間をいろどる、バティックたち。
Img_0860_1800x1800
天野さん、素敵なお方でした。


Img_0863
そして、トペン(面)の舞い、グンデさん。人垣をかき分けて写真撮りました!
バリの踊りを、晴天の初夏の京都で見れるなんて。
バリではしばしば近所で見ることができるトペン。
こうして改めて間近で見ると、本当に素晴らしくて、

一緒に行った布友も本気でしびれていました。(笑)
改めて、バリの文化とバティックが、ところ変われど、魔法のように人を虜にすることが分かりました。(笑)


Img_0874_1800x1800
博物館の展示も大好きですが、こうした個人コレクションはもっと大好きです。
なんていうか、集められた布たちに、一定の喜びが感じられるような気がして。
こんな展示会が開催される日本という国も、ほんとうに素晴らしいなと思います。

(ほんとですよ!)

・・・・・・・・・・・・・・・・・


【技を極める……ヴァンクリーフ&アーペル展】
こちら、京都国立近代美術館。

バリのトペンにしびれたまま、移動。(笑)

今度はバリからパリです!

Img_1075_1350x1800
こちらはマニスの強力な助っ人、諸山朝子さんからいただいた招待券で拝観!

パリのヴァンドーム広場と言えば、ちょっと思い出深い。

イッセイさんがお店と事務所を構えていた場所です。
一角にはボザール(美術学校)もありました。
四角い広場を取り囲むのは、おもにグランサンク(5大宝飾店)と呼ばれる

ジュエリーの老舗(ジュエラー)。

そのひとつ、1900年頃から創業し、ハイジュエリーメゾンと称される、

ヴァンクリーフ&アーペルの初期から現在までの大がかりな展覧会です。

ジュエリーなど、まったくご縁のないわたしですが、

いやいや、
もしかしたら、日本の比較的多くの方にとってジュエリーの工芸的側面は

未知の領域かも知れません。

Img_1074_1800x1350


この展覧会のタイトル「技を極める」は良いきっかけになっていると思いました。

ジュエリーって、イコール「いかほど」するかみたいに、金(ゴールド)と似た感覚で財産そのものだと思っている節がありました。が、


この展覧会の素晴らしかったことは、総額いかほどかは全く抜きなんです。
石の選定から研磨、加工、彫金、さまざまな、ルーペ越しの手仕事はその技術力に焦点を当てている。

その比較のために、日本国内の「技」として七宝、漆芸も交えての次世代的な構成も見事でした。

VC&A独自の「ミステリーセッティング」という技法、はなかでも神業的で。

展示品を見ているうちに、もう、クラクラしちゃって、。(笑)

まばゆい輝きは、これまた、工芸なんですね、人のわざ!

Img_0879_1800x1800

この冒険的な展覧会が京都で、というのもツボ。8月6日までやっているようです。

願わくばもう一回行きたかった!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【ATHIRAH】
ガルーダインドネシアの機内オンデマンドでみた映画。
以下、FBに私が投稿したもののコピペです。

50年前のスラウェシ島が舞台。

夫の迷いから家族の支えに不安を感じ、シルクを養蚕から美しいサロンに織り上げる副業をはじめる夫人。
ストーリーは一家の物語を静かに展開。映像としてもとても美しくて、布と家庭料理をふんだんに取り込んでいる。豊かではない時代ながら、時間と心はしっかりと豊か、という流れで心地よい。

スラウェシのシルクサロンは、20年ほど前に少し見た事があるきり。すっかり忘れていたけれど、
インドネシアでは他では見ない淡い色調の格子柄が印象的。
映画の中でも繰り返し出てくる。

なぜスラウェシでシルクが作られるようになったか、
あの柔らかなデザインはどこから来たのか。

バリに戻ったばかりだけど、また布探しの旅に出たくなってきました!


Img_0889_1800x1350
Img_0891_1800x1350
Img_0895_1800x1350
調べたら、ユーチューブでもみれます!

インドネシア語が分からなくても、映像がおすすめです!

https://www.youtube.com/watch?v=DnuMzAvDXkI


・・・・・・・・・・

またしても長すぎる!

笑!


| | コメント (0)

2017年7月 7日 (金)

東京にて

今回は作品展の2日前に京都から移動。

設営を前日夕方にやろう、というフラスコさんでの作品展にてはじめての前倒しスケジュール。

そういうわけで設営当日の午前~午後、神楽坂近辺をウロウロすることができました。

これ何だかご存知ですか?

水道橋にあるバイオレゾナンス・クリニック。

昨年辺りから少し話題になっている「波動検査」です。(ちなみに、要予約です。)

Img_0797_1014x1800

MRIやCTのような大掛かりな検査をしないで、体の中のエネルギーレベルを計測することができるらしく、

病気の前触れや病気そのものを見つけ出して、波動でそのストレス(原因)を緩和していくもの。

身体に負担をかけずに検査ができることが最大のメリット。

半年前に受けてみたのを、今回また受けてみました。

波動の数値から、今の体調に食べた方がいいもの&食べない方がいいものが、

ずら~っとデータで出てきます。

Img_0798_1800x1350
今回はまずまずの体調ながら、弱くなっている部分も若干あって、

診察とセットになっている波動水は大瓶サイズでもらってきました。
ひとまず、体の中が元気みたいなことを確認できると、その先も頑張れるというもの。

その次の予定先へは、最短で地下鉄で4分だったのに、歩いてみる。
不思議とこれまで行ったことのなかった、靖国神社の境内を横切る徒歩コース。


Img_0800_1800x1800
境内の脇から入って、参道へ。
おっきいな!これは!

中国人観光客のツアーバスが何台も駐車場に。(規模的にありえる。)

Img_0805_1800x1800
菊の紋がこんなに大きいのも、ありえる!(規模からして。)(しつこい!w)


Img_0806_1800x1800
作品展設営前に、靖国神社って。(笑)
この参道を通るのがグーグルマップ的に最短距離だったのです。
導かれてしまった!

・・・・・・・・・・・・・・・・・
あっという間に作品展が終了し、京都へ戻る前の2日間は、
なぜか表参道界隈の用件多し。

ZUCCAのあとに寄り道するは

ブルーボトル。

東京の皆さんはにとっては「イマサラ」かもしれませんが、いいですね、ここ!


Img_0838_1800x1350

Img_0839_1350x1800
ZUCCAの2階にあったカウブックス跡が、大層賑やかなことに。

賑やかすぎて、昨年は遠慮してしまったけれど、今回は入れました。

店外は、中国人観光客の皆さんがストローでアイスラテをチューチューと。w

東京の風情も変わったものだ。(ふろむ京都)

私は、お店の人から進めてもらった濃いめのカプチーノ、

思いのほかしっかりとしており、サードウェーブとかの流行だからとてこれは!!

次回は流行が去って、ゆっくりとくつろげるラウンジになっているといいな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

表参道のミッションのひとつは、

アニエスベーのお隣のギャラリーで

バリ人画家シーラさんの展覧会。

初日には間に合わないから、前日に行くね、って言ってあったんだけども、

あ、そういえば、前日というと設営なので、ちょいとお手伝いなんかもできちゃう。

バリでしか会えなかったみなさんと、青山で。

展覧会は大盛況だったようで、おめでとうございます!

20周年記念の展覧会。

Img_0833_1800x1350
懐かしい、裏青山。18年前に、ほんとうに初めての
マニス作品展をやらせていただいた場所はもうなくなっていましたけれど。

西麻布のホームからこの辺りは、今となっては懐かしいエリアです。

本当に。その当時、まさかマニスをこんなに長くやっていられるとは思っていなかったし。

ありがたさでいっぱいです。


Img_0835_1350x1800
最後の夕食は、ハハと銀座の割烹店へ。

久しぶりに親戚の話やなんやかや。楽しいひと時。

今回も充実の東京でした♡


Img_0842_1800x1350
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
7月に入ったというのに、まだまだ続く日本でのこと。
このあと京都での日記を入れていきます。

| | コメント (0)

2017年6月24日 (土)

バリから着地した京都にて、5月

先週末、バリスタジオ1か月分の制作の服を一括発送して

繁忙期終了~~~。

一足お先にゆっくりモードの我々です。

といって、お休みはなく毎日こつこつお仕事、♡。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

5月の京都、早速懐かしい。(笑)

ゆっくり書いていきましょう。

(結果すんごく長いです!すみません~~)

・・・・・・・・・・・・・・・・・

丸ひと月遡り。

帰国した翌日、5月20日はtokomanisお店番担当日でした。

オープンは12時でしたが、その前に来られたらしき方々数名。(笑)

それはたぶん、地下鉄駅からギャラリー啓さんへいく途中にマニスがあるからでしょう。

私といえば、tokoを開ける前に滑り込みましたよ♪

啓さんにて、年に一回の展覧会初日。オープン11時。

いつものごとく、ぎゅっとした店内。

出番を待っていた布たちと、遠方からこれにめがけていらしたたくさんの方々と。

なんてマニヤックでワクワクとした空気なんでしょ!

バリから着地した翌日に、さっそく刺激的!

Img_0955_1800x1800

今回の啓さんはちょっと、みやび??(意外!?)

いつも素敵な啓さんのブローシャーなんですが、毎度ご近所のご縁にておすそ分けいただいているものですから、展覧会に行く前に、ばしっと予習。

いつもの庶民的な染め織とは趣がちがう今回。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

江戸時代。

打敷きという、身分の高い人々が着られなくなった着物を解いて長方形にして

お寺に奉納する習慣があったそうです。

展示の多くはこの打敷きだったもののようです。

ハギレになってもなお品格があり麻自体の風合いがある。「江戸時代の麻の刺繍裂」。

日本に木綿が入ってくる前に、夏の快適な素材としてさかんにつくられていた大麻、苧麻の上布。

白地の布は京都に渡り、高度な職人技で華やかに染められ、刺繍されて、

(多分最高峰の)夏のおしゃれ着になっていたらしい。

Img_0734_1350x1800

それって、どれほど人々から憧れられ、もてはやされたことでしょう。

江戸後期って、逸脱した美学(と手法)がムキムキ民間の中で育っていた頃。

その頃につくられたものの多くは今も定番だったりする。

ビートルズだって50年越しで今の子供たちに響いているのだから、江戸の手仕事だって時代を超えて心にも響き渡る。(ちょっと喩が飛躍しますが!)

ええ、ですから、今回もガツンとしてやられた感いっぱいです。

啓さんによって毎回特集される日本の手仕事の断面には、いつも驚かされます。

これって、一種のパンクですねきっと。(笑)

(蛇足ですがタイヤのパンクじゃないですよ!)

なぜならば、ガクモンの領域と技術的な領域、オシャレの領域。

どれもが交差しているように思うから。はじけています!

ブローシャーの啓さんの最後の一言はことさら響きました。

「女性たちの、気の遠くなるような手技と忍耐によって生み出され、雪晒や天日干しによって晒された真っ白い布が京都に出荷された後、高度な職人技で華やかな染めと刺繍をほどこされてこのように素晴らしい染織品になった姿を、当の産地の彼女たちは決して目にしたり、纏うことなと無かったという事を記しておきたいと思います。」

Img_0736_1350x1800

夏のおしゃれ、今はもっと多様で自由ではありますが、

想像の中で、300年くらい前にピントを合わせてみると

此まこと、技を競い合う息遣いが聞こえてきそうで。

啓さん、毎回本当に素晴らしい!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

toko閉店後。

バリの友達が京都に上陸してライブコンサート。

鴨川沿いの会場にかけつけました。

Img_0744_1800x1800_2

まだバリから戻ったばかりなのに、音楽の中でバリにまた着地する。

オーボエ・智香さん&ピアノのゆりさん、パーカッションも加わってずっしり上質な音のシャワー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その翌日5月21日、日曜日。

「缶詰的仕事」なり。

バリでやり残した案件がたんまりあ~~~る~~~。

(ちなみに、素材説明書きeye

あんまりにも暑くて、頭痛くなってきた頃に、布友(のsinduさん)が仕事場に来てくれて!

夕涼みとかこつけて、堺町画廊にこれまた滑り込み。

ブルキナファソのかごの展覧会。撤収作業中に見せてもらえて、大満足。

仕事はしたのか、終わったのか???

たぶんした、たぶん。

確か、最高気温35度とかの、めまいがするような日曜日でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

5月22日、月曜日。

帰国3日目、いつも御用達のゼスト御池にもまだいってないまま、時は過ぎる。bomb

気を取り直ししっかり仕事のあとに、大阪、なんばへ。

大阪って片手で数えるくらいしかまだ行ったことないのですが(笑)、

「宇宙一おいしいお好み屋に行くんだけど、一緒に行きませんか~?」、ってメールが。

布友、金澤さんとてっちゃんが東京からわざわざ、お好み焼きを食べに大阪に行くというので、

それは行かねば!ネバネバネバ!

布友かつ「おいしいもの同盟」なんですよ、あとお茶会レギュラーメンバー、

その他いろいろ。(参加されたい方はいつでもどうぞ♡)

Img_0757_1800x1800
おお!
宇宙一、こんなにも昭和なお店。
なんばからバスに乗ってなかなかに遠い道のりな上、一見閑散とした住宅地のような場所。
まだどこか自分は迷走したまま。宇宙にやってまいりました。
ところが。
「ひろ」のお母さん、すんごいお方!
お店の前でにぎやかに記念写真を撮らせてもらった直後、
厨房に入れば別人格。
こういう方、時折いらっしゃるかもしれないけれど、
スイッチが入るとあっと言う間に超越する。
別のところからエネルギーが注入されるみたいに、パパッと。
(うらやましい!)
Img_0766_1800x1800
そして、一品目から、唸ります。
豚肉とキムチ。
レタスに巻いて食べる。
シンプルな中に焼き具合とかキムチのシャキッとした食感と辛さ具合とか。
そうそう、何と言っても味の染み込み具合
絶妙!

Img_0762_1800x1800

キタ!キタ!
お好み焼きを美味しいものだとこれまで思ったことがなかっただけに、
ポンと膝を叩きましたね。
つまり、焼き具合。
ソースの染み込み具合。
Img_0769_1800x1800
その他いろいろ、たくさん食べてしまった後だったから、一口しか入らなかったの残念。
こちらもソースの絡め具合がですね、やはり他とは違う気がする。
大阪の皆さんって普段にもこんなにおいしいものを食べているんですかね?

京都と大阪って、お隣なのに本当、別世界。
宇宙一、との評判は、嘘ではありませんでした。
ちなみに「ひろ」は、西の俳優さんたちのご贔屓らしい。
東京からヒコーキに乗って食べにくる金澤さんたちも楽しすぎる!
(金澤さんたちには今回滞在中ほかにもいろいろお世話になりました♪)
Img_0773_1800x1800
帰りの京阪は終電間近。
宇宙から1時間半ほどで、地球に戻りました。(笑)
寺町通りは下御霊神社のお祭りあと。初夏の気配。
Img_0776_1800x1800
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
翌日は、同じメンバーで「布」の部。半日京都ツアー。
(夕方から追っかけお仕事もちゃんとやれました!)
啓さんで初日に選んだ「お取り置き」を受け取り、もう一度展示をじっくり堪能させていただいてから、
寺町通界隈のマスト、王田珈琲専門店へ。
もう、京都では一等大好きな曲者コーヒー
これ、アイスラテです♡
カウンター越しのパフォーマンス、いつもサイコー!

コーヒー好きの方、京都にお越しの際は是非一緒に行きましょう!
Img_0779_1350x1800
・・・・・・・・・・・・・・・・・
お次は、

タクシーでしか行きつけない、

東山の中腹でした。

事務所の山本さんから、「タクシーもちょっといやがる坂道」、と聞いてましたが、
ほんと!車一台がやっと通れるくらいの急な坂道。

鹿ケ谷山荘。

グランピエさんの山荘であり、すてきなイベントが数々催されていたものの、毎回機会を逃していて、今回やっと訪れることができました。
寺町通りから10分足らずでこの自然!

バティックのイシスさん、20周年の展覧会の初日です
展示の写真は撮りませんでした。

あまりに素晴らしすぎて、撮るのを忘れました。

イシスさんのお仕事は、別格なんです。

切って服に仕立てることを忘れます。

私ごときが語るのもなんですが、バティックの中に、ひとつの最高峰が見えるようで。
インドネシアにごまんとある素晴らしいバティック、その伝統の中に「ホーコーカイ」と呼ばれるものがあって、それは、短かったけれども日本統治時代に特注されていたもの。

友禅のように柔らかい色調で繊細な曲線や点だけで描かれているホーコーカイは、バティック技術と美学のひとつの頂点になっていますが、

イシスさんはそれをまたひとつ底上げしているように思う。
石田加奈さん。

インドネシアが誇るバティックの頂点を、今の時代にさらに引き上げているのだから、これはほんとうにすごい事。

改めて感動しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そして、撮った写真は布はなくて「おいしいもの同盟」と「お茶」だけですが、

ご覧くださいまし。

鹿ケ谷山荘のカフェスペース。
Img_0781_1800x1350
カウンター越しの自然が目に沁みます。
日頃、渓谷に面している場所にいる私にも、この景色にはしみじみ。

ランチはこんなお弁当でした。
(ふたを開けたところを撮り忘れました・笑・すみません!)

Img_0782_1350x1800
これ、氷砂糖なんですって。インドネシアの。
まるでクリスタル。
Img_0783_1350x1800
食後のお茶に、このクリスタルみたいなのが、ひとかけら入っている。
右の包み物は、スラウェシ島のサゴヤシの伝統菓子でした。はじめて食べました!

Img_0784_1350x1800

このカウンターで、ジャワティーをいただけるとは。
・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、山荘の奥座敷に鎮座していたのは、好日居の横山晴美さん!

もはや、お店に出向いてもなかなか入れなかったりするのに。

晴美さんの出張茶会@鹿ケ谷山荘、しかも、この日は金澤さんのお誕生日cake

布とお茶と、短い時間ながらもはや親戚のような金澤さん&てっちゃんと深い思い出ができました。てれまかしー!!

ちなみに

たまたま、これまたなかなか会えないユーゲさんが登場して、

面白いお茶会になりましたヨ。


Img_0786_1350x1800


。。。。。。。。。。。。。。。。。
わー、長かった!(笑)

だけど、また続くんです(笑)

| | コメント (0)

2017年4月27日 (木)

テンペのおはなし

もうあと少しで5月なんですが(笑)

なーんと、書きかけの「2月」がありました!!

今年は、1月早々に京都に上陸したせいか、

いろいろな事を今までと変えているせいかどうか(インドに行かずにバリで生地を制作したり)、

「書きかけ」のままの投稿がいっぱい溜まっているではありませんか!

作品展のDMを印刷所に入稿したところでやっと着地する今。

すったもんだのなかですが、新しい服たちは順調に仕上がりつつあります(今回の服たちは内容的にも結構新しい、というか、チャレンジいろいろ)。

ブログ、溜まっているいちばん上から、アップしていきたいと思いますので

どうぞよろしくお願いいたします。WOW!(たどり着けるのかー?)

・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・

2月はモヒート・クラシコを3回飲んだ。

これは、3年分に相当する。

それだけ、人が来たということでもあるし外食が多かったということでもあります。

3月に入ってからは、バイオレゾナンスですすめられた食品によるおうちごはん復活。

豆腐&大根の味噌汁、青菜のえごま油&しょうゆお浸し、ひじき炒め、

レモン汁を使った和え物、玄米。

このほか葛をすすめられているのですが、どうもいまひとついい使い方が分かりません。

4月も客人多く楽しく忙しく過ぎました。(笑)

何を食べていたのかは、もう忘れましたよ、はは。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

バイオレゾナンスによれば、

大豆はダメだけど味噌と豆腐はOK、という指示がどうしてなのか分からない。

そしてテンペはダメだと言われ、しばし食べなくなってしまいました。

が、そのテンペを日本で製造販売している友人が2月にバリに来て

テンペ工場を見学するというので(気になっていたこともあったので)

便乗させてもらいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

工場は豆腐が8割以上、テンペは2割くらい。両方同じ場所でつくっている。

しかし、当然つくりかたはだいぶ違う。

入り口に出荷待ちしている出来立てほやほやの豆腐は

5センチ各くらいに切られていて、なーんと、ペンキの空き容器に入っている。

Img_0197

こちらがテンペ。

小さな穴が開いているビニールに個包装してから発酵を待つ。

日本では昼夜30度くらいに保つらしいけれど、バリでは常温のまま。

Img_0205
下の写真が使われている大豆。

知りたかったこととは、この大豆のことでした。

USA_SOYBEANS_No.1と袋に書かれている。

アメリカからの輸入ではないかと前から気になっていたのです。
聞くと、「USAという品種のジャワ産」だと言う。(いずれにしても遺伝子組み換え?)

豆腐を自家製でつくっている知り合いによれば、ジャワの地元品種は不揃いで
豆を選別して使えないものが結構混じっているそうで、
均一で加工しやすいこの品種が今やほとんどなのだそう。

しかし、オーガニック食材店の一部では、値段は高いけれども
「オーガニック」の大豆使用というテンペが売られていることが後日分かる。
あっと言う間に売り切れてしまうから、買うのがなかなか難しいのだけど!

Img_0206
アメリカの大豆の生産高はとうもろこしと並んで世界第一位。

世界全体出来高の40%以上を占めている。

でも、アメリカ人は大豆それほど食べないでしょ?

んじゃ、何で?


家畜の飼料にするということだけど、どうなんですかね。世界一位だもの。
ん~~~。UISA大豆とはこれいかに。
・・・・・・・・・・・・・・・・

テンペ工場では、こうして平たい釜で30分くらい茹でる。
表皮は茹でているときに自然と取れるらしい。

テンペ菌で発酵させるためには表皮は取らなければならない。


Img_0208
くわえタバコで作業する工場の職人のかたわらで、

日本から来たテンペ専門家は頬かむりとマスクで見学。

草場泉さん。(左)

西立川のガイジンハウス時代のご近所さんだった人。

今は八ヶ岳高原に在住。

右は泉さんの今のご近所さんで、バリのご神木バンヤンツリーをテーマに

木版画をつくりつづけている小松嘉門さん。

テンペ職人からいろいろ聞き出しているところです。
おもしろいつながり。


Img_0210

・・・・・・・・・・・・・・・・・

大豆の出元には疑問だらけですが
バリでみんなで毎日食べている豆腐やテンペは、
オートメーションではなく、ほとんど電気を使わず、薪やおがくずで茹でた大豆で
手作業でつくられている。
物価も上がり生活もだんだん変わりつつあるバリのなかで
まだまだ手作業は健在でした。

豆腐、テンペはまだまだ十分に値段が安くて
毎日のごはんに欠かせない存在ですから。

これは、たいへんありがたいことです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、上は茹であがった大豆。

ときどきかきまわして粗熱を取る。扇風機もつかわない。

工場は蒸風呂状態!
Img_0211

・・・・・・・・・・・・・・・・・

手仕事万歳!!




| | コメント (0)

2017年3月 3日 (金)

2月のバリ 1

3月になりました!

もうじき春ですよ、皆さま。

春の準備は、もうそろそろできています。

地面の、地表の、いろいろな世界とともに

マニスの服たちも♪

ブログは遅れて2月のバリですが(スミマセン!)。

今年は、何を思ってか真冬の京都にチャレンジ帰国をしましたが、

それも何とか乗り越えて(着込めるだけブクブクに着込んでました!)

2月3日に京都からバリへ移動。

まだまだ、雨期の雨模様の前半と

もうすっかり乾期のような後半と。

メリハリがあったせいか、出来事もいろいろ。

バリに戻った翌々日に、早速、日本からの8名のツアーとジョイントしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

2月5日。

お世話になっている整体師Nさんが引率するツアーの皆さんが

バビグリン(バリの豚肉料理)食べたいとのことで

バビグリンのメッカ(ギャニャール市)の老舗にご案内したら、

前代未聞の“お休み”!! 

暦では普通の日なので、よほどのビンゴ。

仕方なく、市場に早めに出店していた夜市屋台でローカルフードをあれこれ。

いやもう、早速の冷や汗。ミニバス引率ですから~。

・・・・・・・・・・・・・・・・

怒涛の2時間ツアーとお別れをしたのち、

もうひとり同行してくれた友人と、のんびり、ギャニャール。

コンビニでセルフのコーヒーを買って飲み、ローカルスーパーで買い物し。

ウブドからバイクで20分くらいと近いけれど観光客は少なくて、立派な王宮と大きな市場があり、夜はこれまた大規模な夜市がある。

こちらは王室の入り口。

Img_0089_2

立派な門の上で、大胆にアッカンベーをしているのは、バロン(獅子)ですかね。

門の重々しさ&装飾と扉の小ささ。この対比がバリ。

左右にある通用門も、扉が小さいですね。普通は正面が小さくても横のは、バイクや車が入れるくらいに開いている。

なぜにこんなかというと、余計なものが入ってこないようにという説や、宇宙の不変なパターンの具現だという説などを聞いたことがあります。

Img_0090_2
王宮の向かい側にある大きな広場では、地域の生誕記念日が終わったばかりとか。
このスタジアム風の大がかりなしつらえは全部竹や藁などで出来ており、今から全部撤去してごみとして燃やすらしい。
チンと小さい扉と、空を仰ぐような行事のための大きなしつらえ。
メリハリがある王宮近辺のバリ文化。
・・・・・・・・・・・・・・・・

ギャニャールの帰り道に、
もう何度来たことか。

大好きな場所に寄り道です。
ゴアガジャの仏教遺跡にある木の根道。
Img_0092_3

・・・・・・・・・・・・・・・・

その翌日から、2日ほどはゴロゴロしながら読書。
仕事はもうちょい先。
まずは日本とバリとの気温差にゆっくり体調を整える。
ダライラマの本をやっと読了。
あとは雑誌をむさぼり読み。
読書タイム、次回は何か月後かな~~?
(毎週こんな時間が作れるようにできたらいいな♪)


Img_0094_2
この本、とてもよかったです。

「ダライラマ 子供と語る」、というタイトル。
http://www.shunjusha.co.jp/detail/isbn/978-4-393-13408-5/

・・・・・・・・・・・・・・・・

猛烈な雷で昼間のような明るさになる夜。
大粒の雨が容赦なく叩きつける。

Img_0114_2
・・・・・・・・・・・・・・・・

バリショップに、シルクカンタ・バッグがいろいろ並びました。
不在中に作っておいてもらったのです。

しばし小物が不足していたお店が、やっと賑やかに♪

Img_0151_2
・・・・・・・・・・・・・・・・

2月はいろんな人がバリへ来ました。
前にもブログ上でご紹介したミサトさんとお友達と。
土砂降りの週末に、ショップの向かいにある大好きなレストラン「バタンワル」で
おいしいモヒート・クラシコと洗練されたバリ料理でワイワイ。
皆さまもバリにお越しの際にはぜひ一緒に行きましょう!


Img_0168_2

・・・・・・・・・・・・・・・

建築家のYさんの昨年完成されたお宅に。

スタイリッシュな豪邸は真ん中が吹き抜け。4方向が開口部。
寝室の嵌め殺しガラスは斜めに。

シンプルなインテリアの中に、手仕事をふんだんに取り入れている。

そうそう、これが今の風。
バリには昨年末星野リゾートもオープンしましたが、豪華建築がまだまだ増えていきそうです。
それにしても、ステキなお宅です。

自分でここまでのお家を建てられるなんて、すごくうらやましい事です。
Img_0182_2

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

豪邸の写真の下がコレ(笑)。

バリショップ、今の店舗は今年の夏までで家主さんが返して、と言うので
目下次のロケーション選びに忙しい。(間に合うのか??)

ディコントラカン、というのは「貸」の意味。

UBUD郵便局のすぐ隣に「空」がありましたが、ピンク色の外装にて、しばし考え中。

不動産はご縁だと思うから、焦って決めたくないのですが、

どうなることやら。
Img_0194_2
・・・・・・・・・・・・・・・・・

お店がどうなるかハラハラしつつ、ペジェンスタジオの方も今年は改修工事に取り掛かっています。

まずはシロアリにぼろぼろにされた窓枠から。

続いて、外壁&内壁のペンキ塗り替え、すだれの新調、敷石のひび割れを補修、などなど。
連日いろんな職人が出入りしています。

まだ時折にわか雨がくるので、ゆっくり余裕をもって。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
2月の日記、続きます。

| | コメント (0)

2016年12月27日 (火)

いただきもののことなど

クリスマスが終わりいよいよ今年も残すところわずかとなりました。

今年は11月末に早めにバリへ戻って、年内の仕事も早めに切り上げて

12月中旬からは来年の支度をしています。

Img_9748
クリスマスは雨、風がかまびすしく雰囲気に欠けましたが(笑)、
友達がこんなのをつくって持ってきてくれました。↑
木彫りのフクロウ。バリでフクロウの絵を描いているシーラさんです。
フクロウはバリではブルンハントゥ(=おばけ鳥)と呼ばれているのだけど、
これはハッピーバードですな。
Img_9719
クリスマスのいただきものその2。
庭で生ったアヴォカド! 割ってみるとこんなにきれい。
塩を振ってスプーンですくっていただきます。

Img_9720
その3。
庭で生ったパパイヤ! こんなに立派なパパイヤが生るなんて。
うちにもあるけれど、たいてい実が小さくて熟れる前にコウモリが食べてしまう。

その下は最近の朝ごはん。

Img_9610
このところ週2回朝ヨガに参加できることになり、
ヨガの前には食べないようにとのことなので、
終わってからの朝ごはんが昼との真ん中。というか、早めのお昼。

ヨガの場所は1回がアンドンというバイクで10分くらいのところなのですが
アンドン通りは手頃なワルンがいろいろあります。

ヨガの後、まっすぐ帰らないでこのあたりで何食べるか考えるのが
このところの楽しみ。

この日は、ピンダン(イワシの揚げ物をチリソースでからめたもの)、ゴーヤの炒め物、シンコン(タロイモの葉)のココナッツミルク煮、インゲンの炒め物。

これで110円くらい。
朝だと出来立てでことさらウマイ!


床に置かれているのは、ジャックフルーツの揚げ物。

Img_9656
もうひとつのヨガの場所はペジェン(うちの近所)に最近おうちを建てられたMさんのお宅。
歩いてヨガに行けるというシアワセとともに、Mさんのところでお料理をしているお手伝いさんが、アフターヨガにこんなおもてなし。
これも庭に生ったもの!
今年の雨期、マンゴーはダメダメだけど、さすがにフルーツ豊かです。
Img_9654
ヨガの前は食べちゃダメなのに、空腹な時には食べちゃいますよ。行く前に。
レンズマメとトマトのスープ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

某日。
これは年内最後の服。
ジュンプタン(絞り染め)のシルクです。

ジュンプタンはスマトラ島のパレンバンで一部作られているほかインドネシアではあまり見ないのですが
このところパレンバン風の絞りプラス手描きのジュンプタンがバリでも作り始められているようで、
きれいな配色のものを少しだけ選んで使ってみました。

白抜きの部分に、黄色、むらさき、水色、ピンクの彩色を手描きで入れています。
洗ってみるとやはり色が抜ける部分がありますが、
少し色が落ちたくらいの方が落ち着いていい感じに。
Img_9558
 
・・・・・・・・・・・・・・・・

某日。
クリスマス前に、村のお寺の儀式。

近所の女の子たちが着飾ってスタンバイ。これからレゴンを踊ります。

Img_9669
ジュプンの花をいっぱいあしらった冠が月の光に輝きます。
まる3日間くらい雨続きだったけれど、この日はスーパームーンの翌日。
踊りが終わるまで降りませんでした!

・・・・・・・・・・・・・・・

某日。

叩きつけるような雨が続いたというのに、
ベランダにあるブーゲンビリアの鉢植えに、小鳥さんがおうちをつくっていた!

こんな場所でよく落っこちないものです。
たまの晴れ間にピーチクパーチク、元気な鳴き声。
鉢が風で倒れないようにロープで固定しました。
Img_9688
・・・・・・・・・・・・・・・・

某日。

バティック作家の上田ゆかさんのところへ。
ゆかさんのバティック、来年の春夏に登場します。
来年もバリでつくられている布をどんどんつかっていきたいです。
Img_9680


| | コメント (0)

2016年12月19日 (月)

御所の紅葉

今年もあと2週間。

クリスマスモードの今週ですが、

まめ日記、今年のことが今年中に追いつきますように。

そして、きょうはあともう少し日本での記。

奇しくも、岐阜の友とは一年前にもここに来たのでした。

京都御所。

・・・・・・・・・・・・・

その日は、急に北風がやってきて紅葉の葉が一気に散る散るミチル。

11月23日、勤労感謝の日でした。

Img_9464

私の京都の寝床から、徒歩5分の御所。

もしかしたら、1年ぶり。

Img_9466
イチョウは散ったところが美しいと思う。
スマホの写真ながら、何度見ても見飽きません。

Img_9470
古い丘陵が御所の敷地内にあって、そのてっぺんにあるイチョウ。
黄色いじゅうたん、澄み渡る空。

・・・・・・・・・・・・・・・
そして、御所の中へゴー!
ヒノキの屋根が素晴らしい。
Img_9475

7月下旬から、御所の中が一般公開されているようです。
以前は春と秋に期間限定で確か予約制で入ることができた。そこが今や、毎日無料で一般公開。
宮内庁のサイトを見ると予約制のようなことが書かれているけれど、場内で聞いたら、「たぶん来年もこのまま公開される」、とのことでした。祭日の午後、私たちはフツウに行列もなく入ることができました。
きれいに管理されているのはもちろんのことだけど、時代が時代だから、このままの場所に現天皇家が戻られるのは設備的にちょっとどうなんだろう? 、なんて、つい具体的なことを思いめぐらせてしまう。
夏に生前退位のお気持ちを示された天皇陛下、その前後の御所一般公開ですから。何となく、関連性を感じないわけには行きませぬ。
紫宸殿と呼ばれる公式行事が行われる敷地は、長い回廊で囲まれていました。

Img_9476
ま新しい塗りが輝いています。

Img_9478
正面から見る紫宸殿。

この遠近感!
天皇即位の式典など、重要な式典に使われる紫宸殿です。

・・・・・・・・・・・・・・・
室町時代から天皇家が住まわれたお庭は、もう紅葉も終わりかけていました。
お住まいの空間はこじんまりとして儀式の空間とは対照的。

Img_9481
襖絵もすばらしいものばかりだけれど、この障子の張り方にも目がいきました。
縦横格子ではない紙の貼り方。


Img_9483
私のつたない見聞よりも、宮内庁さんのサイトをぜひ見てみてください。

見学コースの案内動画がなかなかです。

・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日、今年最後の服を京都へ送りました。

バリはずーっと雨続き。

日本の皆さまは「師走」の忙しさですね、

バリのこちらも引き続き元気に走り続けたいと思います!

| | コメント (0)

2016年12月14日 (水)

京都に戻って仕事中

実のところ、バリに戻ってからもう2週間。

マキマキして、その前の京都の記です。

(早くしないと来年になってしまいますね!)

・・・・・・・・・・・・・

バイオレゾナンス、波動検査なるものを東京で受けまして。

それによると

食事は油分、糖分、くだもの、豆類、肉(とくに鶏肉)を控えるべきとの指導があり

じゃ、何を食べたらいいかというと、味噌汁、根菜、海藻類、菜っ葉。

京都に戻ったその足でオーガニックスーパーに行き、翌日のお弁当の下ごしらえ。

目下、お昼はマクロビ風の自前弁当。

お味噌汁は少量のひき肉を入れてトン汁風に。ひじきは高いから刻みあらめ。発芽玄米。

これって何となく、前に戻ったようなメニューじゃないか。

数か月前には、レバーをたくさん食べるようにと言われていたから、一生懸命レバー食べてましたけど??

あっちからはこれがダメと言われ、こっちからはあれがダメと言われるようなグルグル感。(笑)

医者からも痩せすぎだからコレステロールをもっと摂らないと、って言われてたのに、なぁ???

Img_9449

その翌日は、たまごやさんのお弁当部が再開したとのことで、あえてこちらへ。

お弁当のほかにいろいろ楽しいチョイスがいっぱい♪

全部買いたくなっちゃう危険地帯!

Img_9489
Img_9490

お約束のだし巻きが乗っている日替わり弁当がまた食べられるシアワセ。

こういう時にはダメダメ食品のことはいったん忘れます。w

・・・・・・・・・・・・

まっすぐ歩けないくらい混雑する四条大橋付近の週末。

何でこんなに人が多いのだ?

あ、そうそう。紅葉の時期ですから。(周りは中国語いっぱい!)

祇園方向へは行かれへんなぁ。

何か忘れたけど、急ぎ足だった日。


Img_9453
・・・・・・・・・・・・・
岐阜から友来たり。
夜9時過ぎ。先斗町のいつものお店に案内すると、珍しく、「10時までですが?」、とか言われる。
10時5分前にお暇して、寺町通り沿いのいつものお店(いつもは通り過ぎるだけのw)に入ってみると、「11時までですが?」、と言われる。
11時5分前にお暇して、コンビニでもう少々のものを買い込み、狭い寝床で。

お水とピスタチオだけの3次会。(えと、ワインも飲みましたっけ?)
この“制限時間つき”は、なぜかその翌日にも続いたのです。

昼に入った蕎麦屋では30分待ち。しかし、その後さらに行列となり、30分もいないうちにお暇する。

Img_9458
夕方6時に予約をして行ったお店は、座って間もなくどんどんやってくる予約なしのお客さんが「近くで待ってるから空いたら連絡して~」、って。
待ってる人がいると思うと、やはりゆっくりはしないで出るでしょう?

その後、とぼとぼ北風の中を歩いて入ったカフェで、「後からもし混んで来たら席を譲ってもらえますように」、って言われる。
これは、引き寄せの法則か??

岐阜の友が帰って行ったら、平素に戻りましたけれども。w
・・・・・・・・・・・・・

もうちょっと、続きます♪


| | コメント (0)

2016年12月 9日 (金)

東京でのいろいろ(長い!)

遡って、ひと月前の東京でのこと。

ジコンカさんでお花のおけいこをされている小春丸さんが、

「明日はスーパームーンなのよね!」、と。

スーパームーンってこのところ多くないですか?

それで、「あ、また?」、とそっけなく思ってしまっていましたが、

どうやら違う。

調べてみたら、2014年は年に3回も見られる当たり年だったそうですが、

今回のあとは2018年の元旦だそうです。

でも、残念ながら11月14日はお天気に恵まれませんでしたね。

13日の作品展終了後に晴海通りで見上げた月はぼんやりと静かでした。

Img_9403

・・・・・・・・・・・・

作品展後は、体力がない今だというのに(笑)

予定びっしり。頑張ってみました(笑)。

作品展でたびたびお世話になっている諸山朝子さんのご主人が、35年間お勤めされた

東京都近代美術館工芸館で、引退前の最後のお仕事。

「革新の工芸-“伝統と前衛”、そして現代-」展をみにいきました。

工芸館の建物は日本人設計士により1910年に建てられた洋館で重要文化財なんですって。

Img_9411
展示内容は、本当に素晴らしくて。
120点の展示物のほとんどを1か月後の今でも覚えているくらい。
残念ながら12月4日で終了してしまいました。
日本の工芸は、本当に奥深い。それが現代にアートと折り重なり、多様な変化を遂げているのでしょうか。
民芸と工芸がこれほど丁寧に培われている日本を、片足バリの私は誇りに思います。
学芸員を引退されても、諸山さんのご主人にこれからもずっと語っていただきたいです。
(心配はいりませんね、この先のスケジュールも満載のようですから!)
・・・・・・・・・・・・・・
パシフィック横浜。
みなとみらいの駅で初めて降りてみました。
素敵なお天気。
Img_9430
金沢で年2回マニス展を開催していただいている石田屋さんの会長、田中さんが
先日、ダライラマさんに「ひげをピンピンとされてほっぺたをピシャピシャとされた!」、との報告がFacebookに。
ん?法王来日中?

作品展でもうひとりお手伝いをしてくださった宮崎さんが早速調べてくれて、
この日のチケットを取ってくれました!

Img_9428
日本で今年最大のダライラマさんの講演会です。
会場に入ると、もう、期待感でいっぱいの人たちのオーラというか。
それだけで鳥肌が立ちます。
セキュリティチェックが厳しいことは仕方ありません。
今世界で最も親しまれている人だと思う。西側社会でも。
チベットの高僧、ダライラマ14世。
この方の存在が今どれだけ重要なのかは周知のとおりです。
壇上に法王が入ってくると、会場内の誰しもが至福の気持ちでいっぱいだったと思う。
場のエネルギーがぎゅっと引き上げられ、
そのせいか私ごときも、「しっかりメッセージを受け取らなきゃ」、と思う。
Img_9429
冒頭の20分間くらいの短い時間に、法王は
メッセージの大半をとてもシンプルな言葉で話され(通訳が半分以上だったから実際は本当に短かったと思う)、
その間はステージの袖にある司会者の位置で立ったままでした。
その後の大半の時間が質疑応答で、やっと中央のソファに座った。
 
Img_9433
ダライラマ法王の質疑応答って。
どれだけすごいものなのかを知る。
なぜかというと、法王は最初のわずかな時間でとてもシンプルな言葉で大切なことをしゃべっている。
その中にすべての答えがあると思われる。
でも、質問によって、また考えさせられることもある。
法王は、ゆったりとソファに移動しながら
「どんな質問でも構いませんよ。批判もOKです、私は批判の意見を聞くのが大好きですから」、と会場に語りかける。
「世界は逆行していろように見えますがどうでしょうか?」
との質問に対し、
「逆境に立つとより広い視野を見るきっかけになります。世界情勢については悲観することはありません。世の中にはいいこともあれば良くないこともたくさんあるのです。全体的に物事をとらえてみてください。20世紀前半は苦しみの時代でした。後半はよい兆しが出てきた。21世紀にはより良き変化が訪れるでしょう」
との返答。
「どうしたらもっと思いやりの心を持てますか?」
との質問に対し、
「煩悩というものがありますが、それをどうしたらよいかは学んでいくことができるのです。知識をはぐくむ。知性を活用し分析する。やがて瞑想の段階に至るとき、自分の煩悩を克服することができるのです。」
「愛と幸せの違いは何ですか?」
との質問に対し、
「愛こそが幸せを与えてくれます。利他の心を理解することで幸せに至ります。」
自殺者の遺族。
「20年前に自殺した家族を今もどのようにとらえたらよいのか迷っています」
との質問に対し
「現代は物質的向上の一方向にとらわれがちで、その流れに落ちこぼれる人も多数いる。しかし、他人に対しどんな小さなことでも役に立てることがあることを忘れないで、積極的に行動して行くことで心の中で乗り越えていける。」
「何かできることがあればやれます。できることがなければできないのです。」
「311についてどうお考えですか?」
との質問に対し、
「がっかりしたり勇気を失ってしまっていては、何もできません。心の中に勇気を持たないと何事も新しく生み出すことはできません。」

・・・・・・・・・・・・・・・
叡智とは言葉で示せばとてもシンプルなもの、しかしその向こう側は計り知れません。

もっといっぱいメモがあるんですが、私の解釈だと取り違えが含まれるかもしれませんからこのくらいにしておきます。

まとめると、こんな感じです。
「ネガティブな事の内側に入ったままでは、ネガティブにしか見えない。変えるためには客観的に問題の外側の視野に立つこと。そこから他者への思いやりのこころが芽生え、ほんとうの幸せを感じることができる」
そうそう。今から20年くらい前に、ダライラマ法王が
「私は未来を楽観視しています」、と話していたことが、そもそも
法王の発言に耳を傾けるきっかけになりました。
・・・・・・・・・・・・・・・
ところで、ハプニングがありました。

何と、生写真、撮ることができたのです。
司会者が
「冒頭でお願いした通り会場内は関係者以外の撮影は禁止です」、と途中で忠告を入れた。
禁止されているにも関わらず、スマホで写真撮ったり動画撮ったりする人が結構いたからです(カメラはたぶん入り口で没収されていました)。
えっと、ダライラマ法王の講演会なんですが。
来ている人たちの中にはリア充で来てない? って感じの印象も。
何か、「若冲見てきた!」みたいなのと一緒になってない??? って疑問でした。
お話を聞きに来ているんだから、禁止されていたらフツー撮らないでしょ???
しかし。
そのメッセージが英訳された後に法王が
「ノープロブレム、ノー^プロブレム!」、って言ったんですよ。
鶴の一声で、会場内はシャッター音の渦!(笑)
そうして、私も法王の写真を撮ることができたってわけです!
これ、通訳的な奇跡?

司会者が10分ほど後に、
「会場内のシャッター音がすごいです。ご遠慮くださいますように」、だって。(笑)
何のための“撮影禁止”だったのでしょう?
撮る皆さんも禁止する皆さんも。法王の言葉をちゃんと聞いてくださいよ。
テーマは「思いやりの心」です!
法王だけがその通りのことをしていたのように思います。
そして、便乗して写真撮った私は何やらとってもフクザツです。
・・・・・・・・・・・・・・
もっとたくさん書きたいところだけれど、
ここまでにしておきます。(すでに十分長い・笑)
続きます~。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧