2015年11月 3日 (火)

畑の水と土の浄化から。

9月にソロコンサートを終えた後、6週間の予定で在バリの金澤博さんが

きょう帰国されました。後ろ髪引かれながら。w

その直前の週末の晩、「明日のお昼はどんな予定です?」、って突然聞かれた。

「フツーに仕事してますよ」。

「すんごくいいレストランを見つけたから明日行きましょうよ!」  え”?!

しかし。内容を聞けば、確かにそれは行かねば! って、気分になって。

私もかれこれ帰国1週間前にて(作品展の仕込み大詰めにて)

緊急事態発生みたく仕事の方をやりくりして、、、、参加!(セーーーーーフ!)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

水も土も自然のソリューションで浄化することからはじめ、

広大な敷地に自己完結する菜園。

菜園から採れる食材だけをほぼ使ったロー&ベジのレストラン。MOKSA。

言葉で語るは易し。実際はどれだけの時間をかけてきたことか。

Baik

約束のポイントから、金澤さんとてっちゃんのバイクを追っかけ。(待って、待って~!)

20_2
「ここですよ~」(追いつきました~・笑)
菜園の中に入っていく。中はまだ工事中の建物が半分。
コンクリ生乾き、台座と足が張り付いていない椅子、とか(笑)。
しかし、厨房はしっかり稼働中。
私たちが入っていくと、キッチンがパパっと動き出した。
ズッキーニをピールしたり、ソースを撹拌したり。
何だ、何だ、楽しみすぎる!
24
とてもゆったりした厨房。開放的で気持ちがいい。
オーナーのマデさんはバリ人、50歳。合気道で鍛えているそうで、とても若々しい。
奥さんはアメリカ人の陶芸家。
19_2
敷地は45アールもあり、その中でほぼ自給できるような農園を。
果樹から葉物、根菜、できるもの全体を植えて育てて。
肥料にはトイレからの人糞も使う。
本を読んだりネットで調べたり。独学で学んだ自給方法と
相棒のシェフが考案するレシピ。
……、ここまでのストーリーはどこかで聞いたことがあるようなないような。
問題は、そのご飯がおいしいかどうかなんですよ。
さて。お任せの日替わりランチ。何が出てくるのでしょう?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
まずは、こちら。
Img_0183
ケールのジュースと、魚類を一切使っていないというキムチでした。
ケールのジュースは色鮮やかながらリンゴやミントなど
飲みやすくいろいろなものが混ぜられて。
キムチにはパンプキンシードがトッピングされ。ホントだね。キムチだね。
器はきっとマデさんの奥さんの。
Img_0184
今回の先生たち。
頼もしい。
UBUD食べモノ同好会会長、と呼びたい。
歌が世界レベルなら、ジュエリーも、布も、ご飯も。ご飯も世界レベルっていうのは
今回間違いないかと思いました。布も、もち!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
前菜は、こんなオシャレなサラダでした。
見せかけだけではありませんでした。
黄色い薄っぺらいのは、ナッツを乾燥させてつくったチーズ代わりの
とてもコクのあるもの。エメンタールみたい。チェダーみたい。
ソースもたぶんナッツ、ココナッツミルク、ゴマなどのコッテリ系。
具材はズッキーニとドライトマト。
ズッキーニの生って初めて食べましたが、甘みがあります。
Img_0187
私は完全なベジタリアンというわけではないので、
しばしば肉も卵も魚も食べますが、ビーガンとかローのごはんには
やはりひときわ身体が馴染む感じがするのです。
食べた半日後から1日後の体調からして。
このサラダは毎日でも食べたいくらいに身体が喜んでいる気がしました。
すげーな。すげー、すげー。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
メインはラクサでした。
マレー風ココナッツミルクスープのヌードル。
麺は少な目、おかずがたっぷり。
ラクサは一般的にシーフードが不可欠ですが
こちらのラクサは全部ベジらしく、お肉のようなローストもソイミート? お麩?
スープが本当においしかったなぁ。
こってりと仕上げられたやや辛口の。
Img_0188
菜っ葉とネギの乗せ方も上手です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そして、このかわいいデザートは!!
こちらも見掛け倒しではありませんでした。
さわやかなグリーンの色はアヴォカドがベース。
ココナッツミルク、レモン、ミント、その他いろいろがトッピングされて
アヴォカドの味はほぼしない。説明されないと何だかわからないくらいにクリーミー。
そのままジェラートになれるくらいのまとまった味のクリーム。
底辺にはバルサミコ酢とヤシ砂糖のシロップ&イチゴ。
この味の取り合わせ。いつか真似してみたい。
乳製品を使っていないのに、ふんわりコッテリ。
甘くないスイーツ。初めて知りました。
Img_0190
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
先生たちは、前日もここでランチしていて、
その前日のデザートに出てきたのがチョコムースだったそうで。
もう一回食べたい! と、リクエストすると、出てきましたね。
ハートのエンジェル。
うっわ~。なぜにこんなにふんわりと。
ココナッツミルクとデーツを使っているところまでは分かるけど、
あとは何でしょうか??
ミルクもバターも使っていないんですよ。
すごくない???
Img_0194
オーガニックな自家菜園に囲まれ、
出てくるお料理のオシャレで洗練されていることといったら。
これが気取った街なかのレストランだったとしても十分嬉しいと思うけど、
心地よい風が滑りぬける菜園の中のダイニングルームなんですから!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
終始先生たちとキャーキャーしながら、食べ終えるころ
マデさんが菜園から摘んできてきてくれたトマト。
「お土産に」、って。
(≧◇≦)

Img_0196
た~くさんの色とりどりのトマト。

Photo
どの人がマデさんか分かりますか?
右から二番目の人です。
パワーもらいました。テリマカシ。
https://www.facebook.com/MOKSA-1591619827729486/

| | コメント (0)

2015年10月18日 (日)

バリのお料理教室

先日、UBUDにある日本食レストラン「影武者」の
お料理教室に参加しました。
在住日本人のみならず地元バリ人、欧米人滞在者にも大人気のお店。
お店のメニューは全部和食です。
しかし、お料理教室の方は
店主の佐藤由美さんが嫁いだ実家で学んだバリ料理。
Dapur
わたしもバリ嫁なんですが(笑)、嫁いだというものの
生活の場が離れているので
何となく今までいい加減なバリ料理しか知りませんでした。
由美さんが教えるバリ料理の奥義は、
すべて体に薬効があるハーブからつくられる基本ソースにあるのでした。
目から鱗のレシピ!
テーブルにずら~~っと並んだたくさんの食材。
これ全部使うんです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
石臼でまずゴリゴリするのは
ゴマ、コリアンダーシード、キャンドルナッツ。
ここに4種類のショウガと唐辛子、
ニンニク、玉ねぎを徐々に加えながらひたすらゴリゴリ。
慣れないとハンドグリップが~~~(=_=)。
筋肉痛の域。
Img_0006
ショウガは日本では普通のショウガとウコンくらいしか知りませんでしたが
バリには6種類もあるのですって(ってことも初めて知りました)。
それぞれに生薬に匹敵する薬効があります。
ショウガ類を含め基本のスパイスは全部で25種類。
一見シンプルで決まったレパートリーしかないと思い込んでいたバリのお料理、
その奥深さに触れて、すっかり開眼してしまいました(笑)。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
影武者の女将、由美さんは、
長年の親友でもあります。
日本で原発事故が起きたとき、この人ほど泣いてしぼんで、何かできることはないかと
バリで活躍した人はいませんでした。
その由美さんは、もう25年くらいバリから一歩も外に出ていない。
国籍もインドネシアに変えて、バリの中に自分をみつけて生きている。
Dapur3
私の大好きな姉さんの、バリ料理のテオリーは
食べる人に100%優しく、おいしく。
おうちで子供たちに食べさせている安全な食材と同じ食材しか
お店で使わない。
当たり前と言えば当たり前かもしれないけど、
今の時代の外食でこれが信用できるのは一体どれくらいかな。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
基本のソースができたら、今度は
生のココナッツを擦りおろします。
Img_0016
アルミ製の長いおろし板で。
こうやって、ゆっくりゆっくり。
Img_0009
おろしたココナッツと、鶏肉のミンチ、それと
先ほどの基本ソースを混ぜます。
Img_0023
これでサテ(串焼き)をつくります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これなーに?
何と、バナナの茎です。
スライスして、基本ソースをベースにした
日本のお味噌汁みたいな
バリ風スープをつくります。
Img_0011
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
で、途中端折りましたが、
こんな感じのランチになりました。
十六ささげの和え物、サテ、鶏肉を割いたものにトマトソースを和えたもの。
玉ねぎとレモングラスのサンバル。
素晴らしいごはん!
Dapur4
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
後日、私も早速家でバリの基本ソースを作ってみました。
でも、私のは
基本のものから大分引き算をしたものだったので
家族には「薄すぎ」で(笑)。
私以外食べませんでした、了解。
チキンと大根、カリフラワーのバリ風カレースープ。
いつかもっと腕を磨いて皆さんにも食べていただきたいなぁ、と
思っております(^◇^)
23
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
続きます~。

| | コメント (0)

2015年10月 4日 (日)

ホームパーティーはやはり「まめ」料理

きょうUBUDは昼間すごく気温が上がって、

夜には久しぶりに雨が降りました。

本当に久しぶりのお湿りに、ありがたい気持ちになりました。

UBUDはここ1,2年でますます都会になってきましたが、

それでも私たちの場所は自然に囲まれていて

毎朝キングフィッシャーも飛んでくるし、サルも群れを成してやってきます。

あぁ、何かほんとうにありがたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この前の日曜日は、久しぶりにお客さんにご飯をつくりました。

私の場合、マニスのロゴとは偶然の一致で

豆料理専門ですから(笑)

この日も。まめづくし!

25

お客さんのお一人は、カフェブラスの金澤博さんだったので、
カフェブラスからの差し入れ「ベジ寿司」と米粉のパンがたくさん!

26
お皿の真ん中のピンク色のがベジ寿司。
ピンクの色は、ビーツです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私の豆料理は、昨年自分の50歳記念に購入した(!)
バイタミックスというブレンダーが
何かと後回しになるご飯づくりの狭い幅を広げてくれています。

材料はこうしてブレンダーにかけることで
比較的簡単においしくなる。
プレートの左上の、緑豆のカレーは、
玉ねぎ、レッドチリ、トマト、マッシュルームなどをグレービー状にして煮込んだものがベース。
あまりちゃんと研究しているわけではないのですが、
ブレンダーはローフードの必需品らしいし、バイタミックスでは粉も挽けるから
フラックスシードもゴマも自家製が作れます。

27
グレービーソースに、緑豆を煮詰めたものを混ぜるだけ。
それにオーガニック食品店で買ってきたカレー粉を混ぜるだけ!
お豆のキーマカレー風の出来上がり!
29
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最近UBUDに目立つようになってきたフュージョン系のレストランが
マニスBALI SHOPのお隣にも出来たので(1年以上前にw)
我が家の週一回の外食日、土曜日にトライ。
シンガポールかバンコックのイケてる風のお店がどんどん出来て、
流行っているところはお値段シンガポール並みでも予約がないと絶対に入れない!
いったい何が起きているの、UBUD。
田舎から繰り出す都会、という感じで、見慣れたUBUDの町が新しく見える(笑)。
トリップアドバイザーでも評価されているようで、
た~の~し~み~。
35
子供が頼んだのは18万ルピアもするポーク料理。
大きなプレートに鎮座する肉料理に大いなる期待!
32
「おいしかった?」、と聞くと、
「いや、別に」。
日ごろ好きな食材で好みの味付けでのご飯が中心だと
フュージョンはあまりパッとしない様子。
私も12万ルピアのするセビーチェを頼んでみたのだけど、何だかよく分からなかったので
これからはもう少し流行りのレストランを追っかけていろいろ食べてみようということに。
せっかくのUBUDの食の大革新に乗り損なわないようにしたい。
でも、おうちのご飯の方がおいしいよ、って言われると
悪い気がしません(笑)。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらはおじゃこではありません。
先日ようやく機会を得て開けたインドの白茶。
これを台湾風のお茶会に持ち込んで茶人に入れていただきました。
台湾式中国茶は、どんどん流行ってきている気がしますが、
流行りのお店を追っかけるのとは違って
本当に自由に楽しめる新しい領域を感じます。
38
それではまた続きます~。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

服を作るのも楽しいし、ご飯もお茶も楽しい。

これはもう、とまりませんなw

しかしなぜに最後になって文字が青くなるのだろうw

直せないからそのままアップ。

| | コメント (2)

2015年7月 3日 (金)

サンデールームさんへ。

きょうはカテゴリーが「まめたび」から「ごはんのこと」にシフト。

富岡市を出て午後はサンデールームさんの設営です。

Img_5657今回はリトルイーグルさんというブランドとの合同展。

ギャラリーの真ん中から半分づつの構成です。

素敵な什器もあるので、あっという間に設営終了(笑)。

まだ早めの夕方だったので、街の周囲をいろいろ回ってみたりできる時間もアール。

前橋中央駅という方へ歩いていくと

だくだくと流れる川が。本当に橋げたに水がもう少しで届きそうな、勢いのある川。

(帰ってからサンデールームの方が「水の量多くなかったですか?w」って、直球でおっしゃるのでこれまたおもしろく・笑。)

前橋中央商店街。

水曜日だからオールシャッター街~。

コンビニが1件もないよ。

デパートは1件あり。スズランというデパート。

地下の食品売り場が有名らしい(有名店が入っているらしい)。

こちらは開いていたので入ってみましたが

やはり水曜日なのでしーーーん。

(しかし夜になったら元気で威勢のいい声が路地に響いていましたね・笑)

次回は木曜日に来てみたいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さてさて、夜は待ってました!まかないごはん!

Img_5663
レモングラスと赤玉ねぎを使ったバリ風マリネ。ジューシーなトマトとココナッツオイルで。

おいしかったです!

サラダは空豆とアスパラ、ニンジン、白菜とグレープフルーツ。

Img_5662このほかパスタ2種。

おいしいものをたくさんいただいて、元気になっていくのが分かる自分。

ネットで調べたところ、どうやら世界遺産に登録された物件を見るよりも、

資料館のようなところを見た方が自分にはいいような気がしてきて

そして翌日はまた朝から行動、富岡製糸場が見られなかった事の埋め合わせをすることに決めちゃいました。はははw。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以下は私がちょっとニアミスしてしまったのでサンデールームさんのブログから写真を拝借しました。

初日から3日間限定で販売されたらしいバリ風ランチボックスの試作、ほかの写真です。

2試作のまかないごはんかな?

1サンバル・マタがこんなにオシャレな写真にw

3こちらがサンデールームさん作バリ風ランチのようですね。

4バリでブブール・インジンと呼ばれる黒米とヤシ砂糖のぜんざいのようなおかゆが、

サンデールームさんによっておしゃれなデザートになっている模様。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

初日は前述の「予定」が急浮上したので

お立合いできた時間が短かったのですが、来てくださった皆さま、

サンデールームの皆さま、楽しい時間をありがとうございました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きますw

| | コメント (0)

2015年6月15日 (月)

韓国料理にお呼ばれ

バリ・ショップをちょっと模様替え。

そしたら、いつものお客様でUBUD在住のJさんが、

(そのタイミングは別の思いつきかと思うけれど)

Img_5432

「うちでお昼ご飯でもいかが?」、って。

ソウルから3人の男の子を連れてバリで自然教育中のお母さんなのです。

(旦那様はソウルで目下お仕事中。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お呼ばれは、こちらのお家でした。

Img_5463
屋根はアイアンウッドの瓦。玄関はたぶんアンティーク・パーツ。

何だかとってもいい建物。

Img_5467
うっわ~~~!

これ、玄関を入ったところのしつらえです。

壁(パーテーション)といい、屋根の裏側の素材(丁寧にコーティングされた木材)といい、

床タイルの趣といい。

素晴らしくセンス良くバリの素材を使いながら、恒久的なつくり。

Img_5462
アメリカ人木工デザイナーが建てた何棟かのコンパートメントのうち、作者がいちばん最初にイメージを構築したお家を購入したのだそう。

その最初のイメージのもとになったのが、こちらの玄関になっている木のしつらえ。

またまた、バリの重要物件に呼ばれてしまいましたw

何しろ、建築オタクですから~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらはダイニングスペース。

まもなくここで家主のJさん主催のランチがはじまるんです。

キッチンでは、お手伝いさん2人と、Jさんの友人の各国人のYさんがお仕度中。

Img_5469
キッチンに戸棚はなく、すべてがチークの引き出しの中。

そこから出てくる「これ全部バリで揃えたもの」、という器のコレクションが続々。

Img_5459これはビビンバの下ごしらえ? 色鮮やかな食材が次々と並ぶ。

食材や調味料もほぼバリで揃うのだそうです。

調理台の真ん中にあるCDプレーヤーからは大音量の韓国ポップ!
Img_5471「さぁ、テーブルへ!」

マニスのブラウスを着たJさんが、手際よくテーブルをセッティング。Img_5474
真ん中はチヂミ、その周りにはおしゃれな器に韓国の作り置きお総菜がいろいろ。
Img_5475メインは半熟目玉焼きが乗ったビビンバでした。Img_5478このほかも野菜をふんだんに取り入れたメニューいろいろ。

どれもこれも、バリという場所を越えて素晴らしいお料理ばかり。

Jさんの暮らしのセンスに圧倒され、ついぞ口数が減るワタクシ。

でもね、ピンとひらめいたのです。

「こんなに奥深い生活と食事の文化をすぐお隣の国で日本とは違うセンスで、しかもとっても分かる感じではぐくんでいるなんて。これって、何だかすごい。」

観光で、取材で、昔訪れた韓国では気がつかなかったものです。

バリで着地しましたね。

マニス服を通してw。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

リビングスペース。

Img_5470
食後のデザートとコーヒーは、

特注の立派なソファがあるのに床でゴザでw。

Img_5480・・・・・・・・・・・・・・・・

毎日マニスの服を着ている方の暮らしがこんなにステキだなんて。

ぴょーん。


| | コメント (0)

2015年5月23日 (土)

ふたたび、ごはんの巻。

ごはんの巻。

【その1】

バリでの友人、デニーさんが

先日お引越しをして新たなる「おうちカフェ」をスタート。

Img_5332どんなキッチンになったのか、覗きに行きました。

デニーさん、本当にきれい好き。そして、すっごくのびやかで楽しい人♡

Img_5328大家さんにネゴして、壁を抜いて、オープンキッチンに改造したのだそうで。

もとがどんなだったか、想像できず。(笑)

Img_5333この日のランチメニューは、ツナのナシゴレン、青菜のショウガ風スープ、ニンジンとはやとうりのゴマ油炒め、こんにゃくとサラック(スネークフルーツ)の和え物、キュウリのカレー風味サラダ。

普通の日本人の感覚よりもずっと薄味で、素材の味を生かしているデニーさんのお料理はUBUDの我々の間で大人気。

食のニューウェーブ、と申しておきましょうか。

スパイシーが基本のインドネシアでこの感覚は、新しい! 

すごいね、デニーさん。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【その2】

デニーさんのランチにお土産に持って行きました。

バリのお菓子。

Img_5327鮮やかなグリーンは、パンダンという葉っぱの色素です。

茶色い方はヤシ砂糖。

天然素材による素朴なお菓子は、本当にシンプルで安価で素晴らしい。

いつも大好きです♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【その3】

上のお菓子を買ったお店は、

マニスのスタジオ御用達の「糸屋さん」がある同じ通り。

糸を買いに行くと、いつもプ~~~ンと、いい香りがしてくるのです。

Img_5320この日も、いい匂いにつられてそのお菓子屋さんに行ってみると、

焼きたてホカホカのカップケーキがいっぱい。

ああ、シアワセ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【その4】

最近、子供のごはんづくりから解放されて

(理由はまた後日♪)

自分のためのごはんに集中できるようになりました。

某日のランチは、

Img_5314
茄子とコリアンダーのカレー、赤米とあずきのごはん、ほうれんそう。

その下のは、作り置きおかずいろいろのごはんの編。

Img_5341おぼろ豆腐&長ネギ、豚ひき肉少々、ラー油、山椒の実を刻んだもの。

大根の酢&はちみつ漬け。

テンペのトマトソース和え。

ブロッコリーのニンジンドレッシング。赤米ごはんは上記と同じ。

Img_5326オムレツは具だくさん。ジャガイモとホウレンソウ、マッシュルーム、チーズ。

焦がしバターでこんがり風味。

手前味噌な写真&レシピでお恥ずかしいのですが、

忘備録としてUPさせていただきマス。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ついこの前までは

ワルンのナシ・チャンプル&豆と葉っぱばかり食べていましたが(笑)、

お料理って服づくりとどこかやはり通じている気がします。

どちらもシアワセいっぱいで嬉しい時間。

感謝、感謝。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

で、もって、少し太りましたかも♪









| | コメント (0)

2015年5月 8日 (金)

バリの定番ごはん

バリに戻って3週間。

しばらく雨続きだったのですが、今週は絶好のお天気が続いています。

「このお天気のうちに」、と、新作の服のための生地洗いで大忙し。

さいわい、先週から生地のアイロンかけを手伝ってくれる近所のお母さんが来てくれていて。

いろいろちょうどよく進んでおります。

さてきょうは、またも「ごはん」の巻。

バリの定食というか食堂ごはんの定番、ナシチャンプルと

サラスワティという弁天様のお祭りの日に各家庭でつくるナシクニンをご紹介します。

過去にも何度かご紹介していると思いますが、

このところ私の中でひそかにブーム再来。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらはUBUDエリアのアンドンという地域で有名なワルンです。

防水コーティングされた紙の上に、ごはんといろんなおかずがたっぷり。

辛いものが苦手な私はこちらのお店の「サンバル抜き」がちょうどよく。

Img_5029_2左のあげ餅みたいなのは、豚の脂身を揚げたもの。

バリの皆さんはカリカリと音を立てておいしそうに食べます(笑)。

私は、子供か主人のお皿にそ~っと移します(笑)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらは、サヌールの老舗店カフェ・バトゥジンバールのベジタリアン・ナシチャンプル。

キャンドルライトの中で撮ったので、こんな写真ですが~。

お値段は軒並み上の写真の4倍ほど。でも、バリ料理のレシピを大きく曲げずに上手にアレンジしているので大好きです。

あぁ、いつか自分でもこういうものをつくりたい。、と

もう何年も前から夢に描いております(笑)。

真ん中のごはんは玄米です。うれしい、うれしい!

Img_5172

左下のキュウリのスライスに乗っているものは「サンバル」です。

ちょっとでも触れると激辛なので、注意して食べます(笑)。

右下の赤いのはゆで卵を揚げたものにトマトソース。見た目はサイケですが辛くありません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらは「バビ・グリン」、豚の丸焼き料理です。

ギャニャールのナイトマーケットの人気屋台。

左下にやはりカリカリした例のものが。

右のつやつやした平行四辺形は、何でしょう?分かりますか?

Img_5196豚の血の腸詰で~す。

これももちろん旦那さんのお皿へ、ポイッ。

13年住んでいても、このお皿の半分くらいしか食べれるところがありませぬ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

5月2日はサラスワティのお祭りの日でした。

サラスワティは日本の弁天様、学業の神様です。

その翌日はナシクニンというターメリックで炊く黄色いごはんを各家庭でつくって、近所におすそ分けをするならわし。

Img_5271今回も来ました、スタッフのお家から!

早速朝ごはんにいただきました。

wikiによると、インドネシア全体にこのナシクニンがあり「ターメリックとココナッツミルク、こぶミカンの葉、レモングラス」が入るものが一般的のよう。日本のお赤飯のような存在、とか。

揚げた小魚と豆、ナマのナスのスライスはほぼ必ず乗ってきます。いわれは分かりませんが、とにかくこのごはんだけは辛くない!(笑) ナマナマしくない(笑)。

よって、ワタシも完食できるというわけです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ワタシ、平素のごはんはこれだから。

Img_5217


豆の煮たのに、葉っぱだけ。(笑)

パンもお米も最近あまりたくさん食べなくて、困ります。(>_<)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あぁ、でも。

ナシチャンプルはときどきガツンと食べますよ。

食べるとその先12時間くらい(時には24時間)向こうまで、ごはんは要らない。

……、なのだけど、この一皿に全部が乗っているごはんがどれだけ好きな事か!








| | コメント (0)

2014年11月25日 (火)

ちょっとごはん。

最近は暑さと手荒れが重なって、お料理があまりはかどりません(>_<)

でも

食べるときは結構しっかり食べるから体重もそのまま推移です。

(プチ断食も最近はしてないし~。)

こちらは某日の朝ごはん。Img_4049

地物の緑豆を塩たっぷり目で柔らかく煮たものをオリーブオイル漬け。

これにクミンを少々。

ワインに合いそうなおかずながら、パンとサラダにこれさえあれば朝はばっちり。

左下のは、何ですか?

はい、テイクアウェイのコロッケさんです。

ちゃんと手を抜いてます(笑)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お昼は時々外ごはん。

訪ねてらしたお客さんとマニスバリショップの向かいImg_4105

Cafe Batanwaruのナシチャンプルを。

ジャックフルーツの煮物、羊歯とココナッツの和え物、海老味噌を使ったふりかけ、テンペのカリカリ甘辛味。

どれもローカルそのもののお総菜のようでいて抜群に洗練されております。

その分お値段も高いわけですが、

たまにこんなバリごはんを食べると癒されます。

やはり老舗は良いな~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

別の日、植木やら家具やらを下見に行った日の中継地点Warung_tegas

Warung Tegasのナシチャンプル。

こちらは10年以上前からのローカル有名店ですが

さすがに人気のあるお店って違いますね。

今じゃワルンの奥の自宅が御殿になってる(!)。

そのお庭にも座って食べれるようになっています。

辛いものが苦手な私にとって、こちらのナシチャンプルは結構ありがたい存在。

肉っぽいおかずが多いけど、量が少ないとうちの男子たちには不評(笑)、物足りない方は2皿って按配ですな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あれ? もう終わり?

たまには短かく切り上げます(笑)。

| | コメント (0)

2014年9月14日 (日)

本日のフロム・キッチン

最近はほんとうにご飯ネタが多くて恐縮です。

きょうは、念願だった自家製「トマトケチャップ」の巻。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

少し前にお気に入りの焼き肉のたれ(高知のブランドのもの)の原材料を見ながら、自家製「焼肉のたれ」をつくったのがきっかけです。

案外、自分でつくれるんだ、というひらめきのようなものが(笑)。Img_3679

これであとケチャップさえあれば、

スーパーからの加工品の類はほとんどいらなくなるかも!と、息巻いておりました。

トマトソースやとんかつソースは自家製を作っている方が周りにもいらっしゃるのですが、

ケチャップはついぞお目にかかったことがなくて。

ケチャップが自家製になれば、オムレツだって、ポテトフライだって、安心してじゃんじゃん食べれるじゃないですか!

今回つくってみたのは、ネットからレシピを引用していろいろ手前味噌な配分を加えたもの。

それが、思っていたよりずっとおいしく出来ました。Img_3680

材料は、トマト1・5キロ、タマネギ小1個、ニンニク3~4かけ(バリのニンニクは小粒なので10かけ以上入れました)。

トマトを湯剥きして、ブレンダーにタマネギ、ニンニクとともに入れて滑らかになるまで撹拌。

お鍋に移して、砂糖1/2カップ、塩18グラム、ホワイトペッパー小さじ1を加えて煮詰めます。

砂糖は遠慮なく大目に入れた方がトマトケチャップらしい味になるようです。

バリのトマトは色が薄く、堅いので、

最初はこんな薄いピンク色。

灰汁がたくさん出てくるのを、何度も掬いながら煮詰めます。Img_3681

1時間もするとこんな色に。

ソースが重くなり次第にお鍋から飛び散りだした頃を見計らって火を止めます。

最後においしいお酢50ccをまわしがけ。

トマトの酸味を更に引き出す魔法のよう。

それまで、トマトソースの甘いもの、と言った味だったものが

一気にトマトケチャップらしく仕上がります。

種もそのまま入っているし、トマト風のざらざら感は最後まで残りますが(売っているトマトケチャップのような滑らかさにはなりませんでしたが)、

味はまこと素晴らしい。

真鶴の蛸の枕のともみさんによれば、1週間くらいかけてじっくり煮詰めるともっと熟成されるそうです。Img_3682

以上の材料で、ジャムの空き瓶3本分くらいの量になりました。

味を濃くして、煮沸消毒した瓶に保存すると長期保存できるようです。

日本の夏の旬のトマトで1年分作り置きするのがおすすめらしいです。

うちは、なんだかんだ言って

ケチャップ大好きな人たちで占められている為、早くも売り切れそう。

ちょうど、

おいしい桃太郎トマトをたくさん購入できたので(バリで桃太郎トマトを栽培している方がいるんです!)、早速またつくります。

皆さまも是非お試しくださいね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

つづく~

| | コメント (3)

2014年9月13日 (土)

秋の気配とその前のいろいろ

皆さま、

お元気でお過ごしですか?

何だか、もうすっかり秋の気配ですね。

もうちょっとタイムリーにブログを更新出来たらいいなぁ、と、思いつつ

今回もまるっと(!)ひと月空いてしまいました。

いつも読んでくださっている皆さま、ほんとうにごめんなさいでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今月初めの1週間、急用で帰国しました。

9月のはじめというのに虫の鳴き声という京都に

バリ制作部代表としては大慌て。

去年までは「残暑」って長かった気がしていたもので、今年も8月までは夏から秋に向けての服をつくっていたもので。

あらら、こりゃ、早速ウール服に取りかからねば!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まずは、遡って8月下旬のバリからご報告です。

またも弾丸ブログになりそうですが、以下、お時間のあります時にご覧ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アトリエマニスのホームページが、もうだいぶ前からそのまんま。

それって、かれこれ8年前の。

うちの子供が3歳の時に越してきたペジェンのスタジオの写真がそのまんま。

子供の成長とともに(早11歳!)、時折は気にしてきたのです。Img_3608

でもって、いい加減タイムリミットを感じ、昨年からゆるゆると準備を仕掛けておりました。

そしてこの度、やっとご縁あって弊社の小さな小さなものづくりに対して、自然な撮影をお願いできるカメラマンのジョセフさんに、ご縁をいただきました。

ジョセフさんは現在UBUD在住で、今のお仕事はファイバーアーティスト。

写真家としてはこれまで数々の作家さんの撮影をはじめ、雑誌「コンフォルト」等でも長く写真のお仕事をされてきた方。

友人のプッシュをもらって、晴れてマニスバリスタジオとショップの撮影が実現しました。

8月末某日。

撮影スタート。Img_3616_3

……私だったら絶対にそこまで近寄れない、というギリギリの距離に迫ります。

おぉ、

よくそこまで近寄られてスタッフ皆平素を装うものです!

シャーロックホームズ風の方は、

ジョセフさんの強靭アシスタントさん。

見ているこちらの方がドキドキするような!

……こちらの写真、今年の年末から来年にかけてサイト更新をいたします折まで、どうぞお楽しみに!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Img_3730_3

ファイバーアーティスト、との言い方が正しいかどうか不明ですが、

ジョセフさんの現在のお仕事は写真ではなくものづくり。

その作品を展示するギャラリーが、8月末にUBUBにオープンしました。

正式には11月以降のオープンとのことですが、

一足早く見せていただけたのでお知らせします。

場所は、UBUDの郊外、ANDONG地区。

やや時代がかった吹き抜け2階建ての窓の少ない建物です。

こちらは、

2階から入口付近を見下ろしたもの。

いわゆる、和紙のような紙のようなパーテーションが天井から吊るされています。

左下のまあるい黒っぽいものは、Img_3721

壺のようなかたちの

やはり

植物繊維からなるオブジェ。

お次の写真の左側のもけもけした四角いものは、やはり植物繊維によるパーテーションです。

奥の壺たちも、。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ジョセフさんをお訪ねするときは

いつも台湾式を基本にしたImg_3734

お茶がふるまわれます。

逆光で見えにくい写真で恐縮ですが

この日は水出しの冷茶。

敷物のように使われているのも

布ではなくて紙です。

右下の四角い木のトレーにあるのは

焼きたてのスコーン。

茶人ジョセフさんの背後にある

破れた網のようなパーテーションは、

バリの祠の屋根に使われる棕櫚の繊維を芯にした紙細工。立てられているのではなく、

天井から吊るされているのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Img_3737

こんな空間でお茶をふるまっていただくと、

日常ではなかなか話題にならないような深い話で盛り上がります。

外は幹線道路、フツウにバリの時間が音として流れます。

しかし、この空間の中では一切が忘却される。

ジョゼフさんは日本在住歴20年余りということもあって日本語がとても堪能で

国を越え文化を越え、今の時代に大切な事が何か、という話題に集中される。

それは日本を軸に考えていることは確かだけれども、

世界共通の文化感というか、これまでとこれからの極めてするどい視点でもあるのでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

和について、

日本の外側から語る機会に恵まれて。

マニスのHP更新をどうぞお楽しみに!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

つづく。


| | コメント (0)