2016年11月 9日 (水)

ピンクの儀式 続き

まめしんぶんが間に入りましたが、
今日はピンクの儀式の続きです。

ピンクの儀式とタイトルしたのは、
バリの暦では誕生日が7つの曜日、7つの色に決められているらしいのですが、
ウチの子供の暦が何とピンク色の日であり、
今回の儀式では頭にかぶるウダンからシャツ、サロン、スレンダンまで全部ピンク色を着なければならない事から。
そう分かった途端、私も家族もスタッフも、
やー、これは厄介な事になったな、と。
ただですら難しいお年頃。
少し前まで黄色いTシャツも着ていたが、最近は白、ブルー、黒しか着なくなった。(⌒-⌒; )

「着るかな、ピンク?」
「当日まで内緒にしてた方がいいかも」
「当日の儀式のドタキャンはもっと厳しいよ」
「ひとまず内緒にしておいて、タイミングのいい時に知らせた方が」

とりあえず、水面下でマニスの生地ダンスから選んだ様々なピンク生地にて、ウダンと腰巻き作り。
いつもなら作品展の前はこんな事やる余裕は全くなく自分で縫うしかないのだが、今回はたまたまお手伝いスタッフが一人加わったので、ラッキー。

あとはシャツだ。
サイズが合うパターンがないし、これだけはどこかで買わなければならない。
ラルフローレンのポロならメンズもあるかとわざわざ行ってみるも、1回しか着ない服に1万円は釣り合わない。
スタッフが、スカワティの観光客の行くお土産市場に行って見て来てくれて、デザインはイケてないけど500円のTシャツを仕入れてくれた!



皆で着れば怖くない。
別段抵抗なくピンクを着てもらえた事に一同安堵。
それにしても、他の皆さんもなかなか苦労して揃えて来てますね。女子はまた着る機会があるからいいかもしれませんが。




ここまででまだ半分でした。

禊、ピンクに続き、
今度は供物の前での祈祷です。
もう2時間経過。
ジリジリ直射日光、体力のない私は適度に休み休み参加。




供物には、子豚の生け贄もあります。







やれ、賑やか。




16種の聖水を入れた素焼きの入れ物は、禊の後地面に叩きつけ割ります。
インドのチャイみたい。
チャイも確か飲んだ後のカップを地面に叩きつけ割ります、伝統的には。




終わりました。
ペジェンに戻り、ピンクは速攻着替えて、
供物の子豚さんを切り分け、
皆でお昼。



やれやれ。
最後にいい写真が、撮れましたよ。





| | コメント (0)

2016年11月 8日 (火)

ピンクの儀式

この前、ムチャル、浄化の儀式を終えた後に、スタッフのDedutが「そう言えば、ちひろは何歳? バリでは12歳と17歳のバリ暦の誕生日に儀式をやる事になってるんだけど?」、って。

早速実家に聞きに行くと、「あー、本当だ!(忘れてた)」^_^;
義妹がバリ暦のカレンダーを取り出し計算するに、
「次回の吉日は11月3日だな。マンクさんのところに儀式をお願いしに行くのは、えーと、10月25日」、と。

何てこっちゃ、帰国前の忙殺されている時期に、また儀式!

しかし、ま、やるしかありません。
体力に自信がない今だと言うのにダブルブッキング。

しかも。
10月後半からは、友人の整体師がバリに来ていて、片道2時間の島の南端まで3日おきに治療に通い始め。
トリプルになりまする。

まず、10月25日。
マンクさん宅に伺い、儀式のブッキングに。
待つ事1時間半。
供物一式を作っていただく事も含め、段取りが決まる。予定通り11月3日が儀式で、その前日に一部の供物を主人の実家のさらなる実家に供える事などなどスケジュールが組まれる。
思いのほか大掛かり!

さて。
帰国もあと数日と言う11月2日。


マンクさんのところで、前儀式の為の供物を受け取りに。
素材の一部がまだ揃わないからと待ち時間。
やっと呼び出され、供物の説明を受ける。当然のこれながら私は何が何だかなので、全部を義妹が引き継いでくれる。

その足で、実家の父の家系の山奥の家へ。

初めて行った実家の実家。
もう。本当に質素で。



供物を捧げる準備を待つ間、家のお嫁さんが室内から写真を剥がして見せてくれた。
主人と私の結婚式のときの写真で、2001年と打刻されている。15年間、この家にずっと貼られていた写真。
私もアルバムのどこかに同じ写真があるはずだけど、15年多分一度も見る事もなかった。
そうしているうちに、今度は一家のアルバムを出して来てくれる。
一見質素極まりない家にストックされた写真は、力強く、写真家でもなかなか撮れないようなカットが多数。
こんな人生もあるんだ。
家族の縁は、何て深いものなんだろう。
私のこれまでの出来事なんかまだまだ軽い。
このページは、一家のお父さんの葬儀の時のもの。
参りました。



さて、実家の実家の後は、住まいにて前儀式。
家の前にたくさんのチャナンを供え、翌日に向けてお祈りです。

この後、ちょっとしたハプニングあり。
(≧∇≦)
後日機会があればまたご報告いたします(笑)。

やれ、当日。

親族と友人と8名が集まり、儀式に向かう。

今回の儀式は必要な聖水が複雑な為、マンクさんの敷地での合同型。
うちの他に10人が一緒。



バリ各地の聖地16箇所から集めた聖水でお清めするのです。これを各家庭で用意するのは、確かにかなりハードルが高い。



供物もかなり複雑。
マンクさんのお宅の家寺にひしめくこの日の供物は、その場の時空がゆらぐ位みっしり隙間なく。



さて、やれ、うちの息子の禊の番が来ました。



素焼きの器に入れられた聖水は、もう、遠慮なくアタマからジャバジャバと!



ナゼか途中から、カゴを被せられる。(笑)



その後、敷地の台所で更に禊。
台所は火の神。
毎日必ずチャナンを置きお祈りをする場所でもあります。

この後まだまだ続く儀式。
続きはまたご報告いたします!

その前に、まめしんぶんが予定アップされます。

| | コメント (0)

2016年4月30日 (土)

4月のペジェンはまたお祭り!

こんばんは。
4月も最後の日となりました。
黄金週間は何と台風ですか??
せっかくのお休み、早く気持ちの良いお天気になるといいですね。
バリは次第に乾期の風が近づきつつありますが、
まだまだ蒸し暑い日が続いています。
4月21日から10日間、
ペジェンの端っこ、ゴアガジャ近くにあるサムアンティガ寺院で大きなお祭りがあるというので、
23日(土)の晩に行ってみました。

Img_0895

夜空に傘がライトアップされてる!
神様はもう来ていらっしゃる気配。
Img_0909
境内の中央はビックリたくさんの人!
何でも、このお寺の場合はバリ中から人々がお祈りに来るそうです。
少しまえにその様子をご紹介しましたが、サムアンティガ寺院は
かつてバリのアニミズムと仏教、ヒンドゥ教とがさまざまな争いごとののち、
一緒にひとつの信仰にしていきましょう、という話し合いが
はじめておこなわれた場所らしい。
建立は11世紀。
1000年の歴史がある場所です。
中央の祭壇の前の広い敷地は、
パーテーションが張り巡らされていて、何百人かが交代でお祈りに入る。
残念ながら私は入れなかったので、外側から撮ってみましたが
ん~~、よく見えなくて残念。きっとすっごく凝ったお供え物が中に鎮座している。
Img_0904
回って裏側には、ありましたね。トウモロコシ。たくさん!(笑)
Img_7934
こちらは「田んぼ、お金、海の3つ神さま」の前でお祈りする人たち!
Img_0898
Img_0899
先ほどのパーテーションの中は、わ~~~~、
もっとたくさんの人たち!
Img_7939
Img_7920
このクリスマスツリーのような、ランダのような、もけもけしたお供え物は
ちょっと暑苦しい感じがするのだけど、
ヤシの葉を1枚ずつ切り細工。迫力があります。
Img_7922
もけもけのお供えがあったのは、
確か、紀元前~紀元300年と推測される出土品が奉納されている長屋風のバレ。
ここにも神様がいるんですね。
敷地内にどれだけの神様がいるのか不明ですが、
あぁ、だって、ここはバリの神様のデパートみたいなお寺です。
全部にご挨拶してお祈りをするのはかなり時間がかかりそうだけど
でもきっと皆さんきっとクリアしている。
しかも、あんまり頑張ってない感じなんですよ。
エネルギーの出し方がガイジンの私とはずいぶん違うかなぁ。
Img_7930
何しろ、その晩はチャロナランという夜通し徹夜の芸能も披露されるとのことで
UBUD近辺あちこちから賭博をしに来る若い衆も群がり、
何でもうちの息子と同じ年のいとこのワヒユも来ていたらしく、
ほか、「なーんだ、あなたも来ていたの?」、って人にも何人か会い(笑)。
バリの人たちは決してお祈りだけに熱心に来ているのではなくて
そこに含まれるいろいろなお楽しみがね、なるほどね。
どっちかというと、その余興の方にエネルギー注いでいるかな~。
当たり前か。(笑)
在住10年以上ですが、まだまだ未知の領域ばかり。

| | コメント (0)

2016年3月 6日 (日)

ガルンガン&クニンガンとウチのごはん

もうお雛祭りを過ぎて3月最初の週末となりました。
日本からは次第に増える春めいたお知らせ、に続き、またも「寒い、寒い!」というお知らせ。春が、押したり引いたりしてお迷い中のようですね。
バリは相変わらず雨の多い日が続いております。
久しぶりにまとまった時間が出来ましたので、溜まっていた写真を整理して
順次ブログアップしています。
そして、
長い投稿ばかりでスミマセン!

2月は、バリのお盆に当たるガルンガン(迎え盆)とクニンガン(送り盆)があり、

スタジオも連休。
前の投稿のプナタラン・サシ寺院のお祭りは、順番としては
このガルンガン&クニンガンの後でした。
きょうは遡っていきます~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ガルンガンは、このところまた機嫌が難しい
息子は「行かない!」という事で、
私と主人だけがお寺参り。
私も実家の方のお寺は、自分の結婚式以来(!)行ってないかもしれないんですが、
12月にお父さんがあちらへ行ってしまったものだから、丁寧にお仕えしたいと思いまして。

この小さなサンガ(祠)のお寺は、黒魔術系のお寺。
Img_7260_3
悪いものから皆をお守りください、と、主人がお祈りする。
(マンクさんから聖水を頂いているのはうちの主人です。)
Img_7264
学校も1週間休みだし、スタジオも4連休だし。
一連のお寺周りが終わると、早速、ふだん手が付かないような家事に没頭しまする。
まずはキッチンの棚の奥。冷蔵庫の中。食器棚の下の方に眠る使わないもの多数。
それからバスルームの棚の中、タンス、収納室。
2~3日かけて要らないものを処分し、汚れたものを洗い、棚を拭き、
そして、少し前からやっと整理し始めた書棚の整理。

Img_7269
もひとつ、5年前からの写真データを整理してプリントアウト。
もうこの辺りからはスマホで撮っているから日付データも残っているので、ついでに日付もインデックス。

痒いところに手が届く、家事三昧のガルンガン休暇!(笑)
我ながらなんて働き者なんだろうっ、って(笑)。

でも、何がどこに入っている、これはもう買ってある、あれが切れそうだからそろそろ買わなきゃ、みたいな記憶の整理ができるというのは、何ともスッキリするものですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そういうわけで、クニンガンの連休には
もう何もしません(笑)。
クニンガン前日は
日本からの友人が遊びに来て、うちでご飯作ってくれました!
Img_7278
何もしないという贅沢は、やはり貧乏性な私にとってはあまり馴染みがないんですが
雨も毎日結構降るし、出かけるのも止めて、家でゴロゴロ。この日から3日間は友人がうちにお泊りだったから(そのせいにするんだけども)、昼間からビール飲んだりも久しぶりにいいもんです(笑)。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
クニンガン当日は、友人と我ら3人一家でお寺参り。

Img_7283Img_7288
モンキーフォレストの中にある、プラダラムは

大勢の人が集まっていました。

Img_7291
お寺周りの後に実家の家寺にお参りをして、お母さんのご飯をいただく。

Img_7301
ペジェンの家に戻ってから、今度はうちの家寺でのスンバヤン(お祈り)。
朝8時から11時半まで。
雨が降る前に、友達をベジへ案内。
かなり急こう配の階段を下りていくので、帰りは息がハァハァなんですが
村人たちはほぼ毎日ここを下りてマンディしたり洗濯したり。
雨期のせいか水の量はたっぷり。
天然のプールの水はいつもとても澄んでいて、
私は子供のころからこういう澄んだ水の場所がなぜかとても好きで
たぶんそれでここを選んで住むようになったんだな、と、今になって気が付きました。
この天然水の沐浴場(ベジ)にはお寺もあり、村人がいつもとても大切に守っています。
そしてこのお寺には、何やら精霊のようなものが棲んでいる。
私には見えませんが、きっとずっと昔からお住まいなのだろうと思います。

Img_7302
夜ごはんはいつもの定番メニュー、つくりました。手前の白いのは、バンクワンという根菜です。日本の梨のような味。お酢とおしょうゆで。

手前から2番目のは、揚げナスに自家製ラー油を和えてパクチー乗せたもの。

その向こうの2皿はお豆腐。サンバルマタのと、刻みシソ&刻みガリ(ショウガの酢漬け)&オリーブオイル。

どれもいつものカンタンメニュー。

Img_7305
クニンガン明けの翌日も、何だかお天気が怪しいから、結局お出かけもせずに家でダラダラ。
お泊りに行っていた子供が早めに帰ってきたので、じゃ、カレーでもつくろうか?
雨降りの午後、出来立てのあったかいカレーを食べたら、あらま、何か機嫌が戻ったね?
久しぶりに息子のおしゃべりタイム。
それがですね。ゲーム三昧ながら、方やハマっているのがクラシック音楽。
ベートーベンのソナタが気に入っているらしく、ネットでいろいろ聞かせてくれました。
クラシックに興味持つなんて、いったい誰に似たのだろう???

Img_7307
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お料理の写真が出たついでに、1月のお茶会の写真も。
ニュークニンのステキなヴィラにて。
私はお客様からの頂き物のとらやで参加。


Img_0426

あっ、もう食べちゃってますが、左はご存知「春巻き」です。
こちらではルンピアと呼ばれていて、主にスナックの類です。青唐辛子を少しずつかじりながら食べるんです。
右は米粉のクレープ。ダダール・グルン。中にヤシ砂糖とココナッツの下したのを混ぜたものが入っています。それと、ココナッツのおもち。

Img_0427
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お茶会、といえば、最近つくってみてなかなかよかったのが「ダイコン餅」です。
Img_7214Img_7215Img_7216 Img_7217
レシピはネットで拾いましたが、ダイコン餅の作り方って、実に千差万別。
粉は上新粉から小麦粉、片栗粉を混ぜるの混ぜないの。
具も至っていろいろと(笑)。
バリで売っている小さい干しエビを入れてみたらちょっと苦くなったので、2回目はシイタケとネギだけに。
冷蔵庫に入れておけばパッと焼くだけでおかずにもなるし、たくさん作っても一人で完食できました。お茶会の時は、しかし人気にて残りませんでした(笑)。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最近、サンバルマタのようにオイル漬けのものを比較的多く作ってしまいます。
保存が多少効くから、傷みやすいものに向いてますよね。
上のはジェノベーゼソースっていうんですか? バジルの葉っぱとにんにくをブレンダーで撹拌して、オリーブオイル&アーモンドのみじん切り、塩で漬け込んだもの。
色がとにかくきれいだし、朝のパンにジャムをつけるよりはこれの方がいいかな、って作ってみました。
しかし、どうやらこれにアンチョビをいれたものがすごくおいしい。
昨日イタリアンのサラダを食べて、気づきました。
Img_7314
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ではでは、キリがありませんからこの辺で(笑)。




















| | コメント (0)

プナタラン・サシ寺院の妖精たち

次から次へと行事が重なる日々です。

バリヒンドゥの神様4原色の「傘」。

プナタラン・サシ寺院の一番奥に、ひと際高~~~い位置で。

なぜ傘なのかについては今のところ私には分かりませんけれども、

とにかく神様のお出ましの際には「傘」のようなんです。

Img_7335
先日は行事のタイミングを逃しましたが、

お祭りが始まって4日目。そろそろクライマックス。

この日は比較的時間通りの行事を見ることが出来ました。

白いレースのクバヤと黒いサロンの妖精たち。

沖縄のおばあたちのような?

お寺の中を何度も回りながらゆる~く踊りがはじまりました。

モノトーンの皆さん、真剣な顔。

Img_0632

Img_0635
10周も回って、まだも続く。


Img_0640
そのうち境内の一角でワヤンクリも始まる。
お寺の前ではバリ流のお笑い芝居も始まっている。
ワヤンクリは夜にはスクリーン越しの影絵芝居なのだけど、
昼間だとスクリーンなし。
バナナの幹の丸太を舞台に、ラーマヤーナの神たちが次々と出てくる。
Img_0649Img_0651
ワヤンクリ舞台の後ろには、かなり古い様式と思われるガムラン(演奏隊)が。
奏者たちは若手ばかり。なかなかに楽しそうに奏でている。
役目だから仕方ない、なんて思っている気配は境内にごった返す大勢の人たちの中に微塵もない。
神様のためにたくさんの時間とお金をかけてお祭りをすることに、
皆さんむしろ、幸せそう。
Img_0655Img_0658
境内中央の「神様は今まさにここに来ている」と思われる場所(神様たちはたくさんの芸能を堪能しているに違いない・笑)には、
ロンタルにいろいろな切り込みを入れた細工のお供え。

こうした一連の細工。50年に1度のお祭りに際して、どうやって記憶されているのかが一番興味深いのだけど、たぶん、きっと、誰かしらがメモを残していますよね?としか、思えないのですが、しかしバリはガムランに楽譜がないように、お供え物にもきっとマニュアルはないんです。マントラはヤシの葉に書く習慣があるようですけれども。
……本当に不思議です。

Img_0661
この米粉の細工なんかは、
柔らかいうちに円柱型のカーブに合わせて取り付けていると思う。
今の時代にもこれほどの手作業で神様をお迎えしているという、すばらしさ。
Img_0623
さて、妖精たちの踊りはまだまだ続いている。

重たい荷物やお供え物をあたまに乗せる習慣があるだけに、女の人たちはみな
背中がまっすぐ。美しい。

Img_0666Img_0668Img_0636
やがて、素材だけの(色彩のない)供物を持った一隊が列に加わる。
全員白です。男性が乗せているのは、豚の頭!
Img_0682Img_0695
白いクバヤが映えます。
境内中央ではマンク(司祭)さんたちの祈祷が始まりました。
Img_0690
Img_0701
Img_7330
ここで一旦お祈りのための静寂。
沢山の人がお寺の外側で待っている。
Img_0705
中もこの通りぎゅう詰めです。
Img_7333
マンクさんに合わせて何百人もの人たちがお祈りをします。

Img_7339
長い長いお祈りが済むと、もう終わったのかなお祭り?
たまたま居合わせたバリのお祭りに詳しいCHIEちゃんが、
「この後ぺんぺんするやつがあるはずだからもう少しいれば?」、って。

しかし、妖精たちの踊りだけで1時間、お祈りで1時間。すでに2時間経過です。
ちょっと飲み物でも買いに行くか~、って外へ出ようと思ったら
始まりました!

若い衆の「花いちもんめ」!笑!
Img_7358
Img_7352
手をつなぎ境内をぐるぐる。皆、手が切れないように必死で走ります。
何度か回ると、今度は女性部が再登場。
その最後尾にいた黄色いクバヤのお母さんが、若い衆に包み込まれていく~~~。
踊りはいつも間に手のひらをヒラヒラさせるものになって、これは楽しそう!
Img_7397_2
Img_7383
 
Img_7377
Img_7379
涼しい顔してたお母さん。若い衆がちょっと本気で近寄ってくると、だんだん、苦笑い。
それにしても、この踊りが
お母さんと若い衆によるところが、何ともいい感じ。
青年の部はエネルギー発散にちょうどよさそう(エネルギーほとばしっていました・笑)。

Img_7403
Img_7382
さぁ、踊りがいったん終わりました。
境内で女性部がお祈りしている。
その上を徘徊する、リモコン空撮(笑)。
Img_7407
Img_7406
お祈りの後は、ロンタルの葉を持ってフリーダンス。

Img_0715
Img_0717
お次は青年部。
やや?? だんだん雲行きが怪しくなってきました。
Img_7418
お祈りが済むと、やんちゃな青年部は
思いっきり暴れます。
Img_7421
Img_7437
CHIEちゃんが言うぺんぺんはこれだね(笑)。
私が居た場所は報道陣の生垣じゃなくて人垣。皆さん、前へ前へとにじり寄るも
ぺんぺんされてまた引き下がる(笑)。
Img_7440
Img_7430
最後まで雨は降りませんでしたが、終わって間もなくザーザー雨が来ました。
実はお祭りの時間は雨に当たらないように微妙に調整されているらしい。あるいは、雨の方がお祭りの時には降っちゃいけない、と、調整しているらしい(笑)。
とにかく、最中には降らないのが普通なんだそうです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いやいや、本当に素晴らしかった。
練習を重ねて難しい演技をして、豪華に着飾る芸能の踊りばかりを見てきていたので、
こんな風に上手い下手問わず皆白を着て、ナチュラルにお寺のまわりを楽しそうに踊るというピュアさ加減にすっかり引き込まれました。

50年に一度のお祭りのクライマックスは、自然素材と白い衣装だけの世界でした。

日本の神社や沖縄、朝鮮半島のアニミズム系の儀式も、こんな風に素材を染めずに使うものが中心という印象があるけれど(そうじゃないものもあるけれど)、

前回の本ブログのように、
バリのお祭りといえば、とにかくてんこ盛りの色彩と装飾ですから!

そのクライマックスが「素」で「無」ですから! 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後の写真は、
すべてのお祭りが終了し、すべての神様がお帰りになる日。
(つまり全部で3回行きました。)
また行列が見れるかと行ってみたのですが、この日は予定よりも早く終わってしまったらしく。
境内の一角には、すべてのお供え物を埋めるための大きな穴が掘られていました。
そして、最初は気が付かなかったけれど、こんな石像もここには埋まっていたんですね。
これはインドの古い時代のブッダ石像にも似ているように見える(顔の表情がやわらかい)、銅鼓よりは新しい時代のもの?
銅鼓が紀元前300年として、この石像はいつ頃のものなのか。
ペジェンの一連の遺跡は紀元8~14世紀にこの土地に栄えた王朝のもの、と地球の歩き方に書いてある。


Img_7446

ジョグジャカルタのボロブドゥール遺跡は、
紀元8~9世紀に建てられた大乗仏教の寺。
それが密林の中から発見されたのは
あのラッフルズ(当時のジャワ総督)たちの調査から、だという。
ペジェンに残る古い仏教遺跡も土の中から出てくる。
誰もそこに埋まっていることなど記憶していない。
……となると、ジャワもバリも、仏教時代の遺跡は、
イスラム勢力がやってきて壊される前に皆埋められたという説が、
何となく妥当な気がしてきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
きょうもまた長くなりました。
お読みいただきありがとうございます♪

| | コメント (0)

2016年2月24日 (水)

プナタラン・サシのお祭り

このところ近所の歴史めぐりに没頭しています。

折しも、ペジェン中心地にある最大級のお寺プナタラン・サシ寺院は

今週から大きな祭事が始まりました。

何でも50年に1回のお祭りだとか。

人生の中で一度きり(運良くて2度あるかないか)という感じのサイクルです。

祭事が始まったのはバリの送り盆クニンガンの日。

クニンガン明けの2月22日に中でも最も重要な祭事があるというのでゴー。

最大級のお寺の最大のお祭りの最も重要な祭事!!

きょうも、ロ~~~~~ングで行きまっせ。

Img_0584
あれ?

人や車でギシギシかと思いきや、お寺の前は空いている。

予定よりも数時間早く始まり、もう終わっちゃったらしい……

まぁ、とにかく様子を見せていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ペンジョール(お祭りの時の竿飾り)も特別手が込んでいますね。

ヤシの白い葉の部分を使っていろいろな編み細工が施されている。

日本の七夕飾りに似ているけれど、素材の色だけのたわわにつり下がっている飾りは、とっても立派です。

Img_0594

さて、入りますよ。
人はもう、まばら。
このところ毎日午後はザーザー降っていた雨もこの日は降りませぬ。


Img_0591
広い境内は黄色と白の布で建物のあちこちが包まれている。
この黄色だけでつくられたメルー(五重塔のような祠)のミニチュアは、黄色い布をタックして屋根と壁は米粉をターメリックか何か黄色いもので飾り模様をつけています。
境内の一番奥の方にあったもの。


Img_0515
メルーとは、ちなみにこんな建造物。↓
密教のディメンジョンを感じるような、天へ天へと高くそびえる祠です。
このメルーは寺院の入り口左側にありました。
ちなみに、イジュッという棕櫚の樹皮についているヒゲ(とっても硬い!)を束ねて屋根にしています。

Img_0581
遺跡がたくさん出土するペジェンでは、紀元前の建造物らしき断片もいっぱい出てくる。
張り紙で「星の女王」と書かれているのだけど、このお寺の伝説に関係があるのかも。
パッと見はごろごろした石なのだけども。
その石たちも、最大級のお祭りとあって、黄色と白の衣装を着せられていました。
何だか、嬉しそう♪
Img_0522
プナタラン・サシには紀元前3世紀のものと推定されている銅鼓があって、古代東南アジアの青銅器文化(ドンソン文化)のものと考えられてるそうです。
この銅鼓はおそらくその頃に持ち込まれ、そのまま何かの理由で地中に埋まってしまったのだと思われますが、
「ペジェンの月」という伝説があって、月から落っこちてきたもの、と、人々の間では信じられているらしい。
上の石ころも、もしかしたらその時代に星から落っこちて来たもの???
月と星は月日が経って土の中から発見され、このプナタラン・サシ寺院に奉納された、との事。
Img_0517
境内の一番奥はひと際高い建造物があり、その足元にこれまた屋根がたくさん連なるメルーのミニチュアが。

神様は空高いところにいて、屋根をたくさん重ねれば存在に気が付いてくれるのかもしれない。……、という事なんでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

境内に無数に立ち並ぶ供物も「上へ上へ」と背高のっぽ。

普段のお祭りでも
ガボガンと呼ばれる果物をいっぱい乗せた背の高い供え物を、女の人たちが頭の上に乗せてお寺詣でをしますが、
この形がガボガンの原型なのかもしれない。
お花がちりばめられた一番上に扇のような装飾が乗っていますが
私にはこれが神様の電波をキャッチするためのアンテナのように見えてしまって。
お花の下には米粉でつくったクッキーみたいなものが周囲をびっしり埋めているし(笑)。
神様が電波をキャッチしたら、そのままおやつに行きつく、ってわけ
(スミマセン、これ妄想ですから・笑)。
ヒンドゥだからカイラス山のイメージ、影響もありますよね。

Img_0524
Img_0521
このトウモロコシみたいなのは、ひと際“電波塔”に見えるわけで(笑)。
とにかくこうして全体的に空に向かっているものばかりなのです。


Img_0548
トーテムポールも同じような発想だったのでしょうか。
FBのお友達によれば、これとよく似た装飾を台湾で見たことがあるそうです。
日本でだったら何に当たるでしょうか?
上へ…、ということだと鯉のぼりだけど~。

Img_0549
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
境内にはメインの行事の後にもお参りをする人が、後から、後から。
Img_0540
女の人たちは主に白か黄色のレースのクバヤを着ています。

お寺の建造物や石に着せられたのと同じ色。

お祈りのための白いレースがまぶしい。
聖水でお清めをする人たちのたたずまいは、まさに聖域。

Img_0570
黄色のクバヤの女性たちも。
Img_0546
お揃いの3人組はお役目のある方々。

Img_0564
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お供え物に戻ります。

これ、ご存知ですか?
バリの獅子舞こと「バロン」です。
本殿の両側に置かれた天然素材のバロン。
顔は米粉、たてがみには籾わらが使われ
ラジャスターン州のミラーワークみたいに装飾部分には光るものが使われています。
このようなデザインをして実際に作る人の制作現場を一度見てみたい。
バリの場合、ひとつひとつの供物や装飾には教科書のようなものがないし、
お寺の供物の場合は終わったら焼却してしまうのでお手本も残らない。
一体どうやって50年に1回の行事の記憶を残していくのでしょう?
Img_0528Img_0525
“豚の脂身”のもありました。
白っぽいものが切り抜かれた部分は脂身だと思われます。
装飾は繊細だけど、どことなくブラックな感じ。
神様のタイプが異なるのでしょうか。
それにしてもこのお寺のミニチュアのような供物はひとつとして同じものがないのに
いつ見ても驚きとため息で。

Img_0552
カラフルなタイプはシンコ細工のような米粉細工。
迫りくる装飾と色彩!

これが食べられなくてただ献上されているという食べ物なのだから
恐れ入ります。
本気です。(いや、無垢です。)

Img_0534
果物をちりばめたウエディングケーキのようなのもありました。
共通の色彩とモティーフの中に、つくる人のセンスや工夫があちこちに輝いて。


Img_0535

色彩でびっしりと埋められたインパクトある作品。
グリーンが鮮やか。

あぁ、この供物たちをインドからの観光客の人たちに是非見てもらいたい。
同じヒンドゥながら、どんなふうに感想を持つのでしょう。

Img_0557_2
Img_0559
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
祠の中の黒っぽいのが「ペジェンの月」の銅鼓です。
大層大きなもの。
ベトナム辺りの青銅器文化から担がれてきたものなのか、
伝説のように空から落ちてきた「月」なのか。

ラマクという織物(巻物)のような長い装飾は、
天と地を結ぶ階段なんだと今になって気づきます。

Img_0571

この先1か月間、毎夜のように繰り広げられるガムランとバロンとその他芸能。
バロンとランダのお面が鎮座する祠にもたくさんの供物が。

Img_0565
供物のデパートのような西側の壁面。
びっしり積み重ねられた供物に圧倒されます。黄色と白がタマゴのようでいて、違いますね。これは神聖な色の組み合わせ。
オームの昔から、たぶんこの組み合わせ。

Img_0567

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いつもお世話になっているペジェン王室のチョックさん。
藍染バティック工房の主宰者です。
チョックさんの工房が染め献上したという手描きバティックが境内の手前、ワンティラン(集会所のロングハウス)の柱に巻かれていました。
いつもは服にしている布なので、感慨深い。

Img_0589
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

境内にはまたさらに入り口の割れ門があるお寺がいくつか隣り合わせ。
その全部がお祝い中。

こちらは分家?
さまざまな供物の複雑さとパワーに見とれてしまう。


Img_0578
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
天へ、天へ!
空高く傘を広げ伸ばしているのは、
通りを隔てて寺院の真正面にある夜市の為の広場。
Img_0601Img_0598
白い衣装を着せられた祠の手前には、
生贄の豚さんの顔と脂身の。

Img_0597
切り込み、編む。この装飾のテオリーがバリ。

神様の為にこれをつくる時間と労力は、まさに祈り。

Img_0605

白い祠が寺院の正面、北向きなら、こちらはその対岸の南側。
黄色い祠。装飾はなくただ色で包囲。

Img_0610
お寺を正面に見て右側、西に当たる位置には黒い祠。そしてその対岸の東向きには赤。

神様たちはこの色のサインを見て、「お、あそこの寺に呼ばれてるから行かなくちゃ!」、と、いそいそ天から舞い下りて来るに違いない。

神様にちゃんと気づいてもらえるように

高~く、空に向かってそびえている。

Img_0606Img_0608
プナタラン・サシ寺院では、今週また大きな行事があるというので
追っかけまた見に行ってきます!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

遠くで雷鳴がとどろく夕方、お寺の周辺ではこの日雨は降りませんでした。

雨雲の隙間から青空が見えておりました。

 

| | コメント (0)

2015年6月14日 (日)

休日のデンパサール

そういうわけで(秋なので・笑)

スーパーに「これ」も売っています。Img_5427今年はひときわ糖度が高くて。

朝の活力は今、コレ!(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日、祭日のとある日に首都のデンパサールへ行きました。

デンパサールは平日のビジネスアワーはかなり渋滞するので、一工夫。

祭日だとずいぶん空いていて快適でした。

Img_5319_2信号待ちのひとコマ、家具屋さんの前にて。

バイクの人も秋の装い!(いえいえ、バイク紳士たちはなぜか年中この格好なんですw)

Img_5340ブルーが目に沁みる!

この屋台、まるごと欲しい!!!

(これはUBUD近くの町にて。夕方になると開店するタイプのw)

いや~、それにしても、

雨期が去ってからというもの、光がまぶしく目がチカチカするこの頃です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつもの生地屋さんの近くにあったレース生地のお店。

バリの女の人たちが儀式の時に着るクバヤはこのレースで今もお仕立てが基本。

つまり、出来あいのブラウスはなくて、生地で選んで仕立てるのが今も普通のバリなのです。

外の色彩も艶やかながら、蛍光灯のクバヤ生地の店内も相当なものです。

Img_5322きれいにかかっていたレースを私があれこれ引っ張り出したものだから

一部がスカスカですが(笑)

毎年いろいろに移ろうバリの流行のなかで、今年はこのプラナカン風のカラフル刺しゅうが大流行りしているもよう。

久しぶりに私もバリの皆さんとともに燃えています。

こんな風に同調できるのも久しぶりです。

昨年は腰巻のサロンは草木染風伝統柄が流行でしたが、ブラウスのクバヤはあんまり大きな波がありませんでした。

さぁ、このレースで何つくるか!

お試しに買って来たものの、

悩んでいるうちにあぁぁ、時間切れ、これは日本の「秋」に!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

忘れてはいません。

お腹もちゃんと空く(笑)。秋だもの。

Img_5324
途中の食堂で、サクリング・ピッグ。

豚の全部を使っているバリ料理・バビグリンです。

たまには肉でも、って。

運転してもらっているうちの旦那さんに便乗しました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(^_^)/~

| | コメント (0)

2015年3月22日 (日)

バリ新年、ニュピを迎えました。

今年は3月21日、日本の春分の日に

バリ暦の新年ニュピを迎えました。

前日の20日はオゴオゴと呼ばれる大きなはりぼてのオバケが四辻を練り歩き、

その後の深夜から22日の朝までは

車、バイクはもちろん、飛行機の離発着もない静寂の一日。

オゴオゴは日本の節分の鬼に似ていて、赤、青、緑、その他いろんな色で彩色された

それはそれは恐ろしいオバケのはりぼてです。

今年は私が犬たちとお留守番だったので写真がありません。

これといったモデルはないのに あんな気持ちの悪いオバケをどうやって想像できるのか、と思うのですが

ずっと前に一度高熱を出して寝込んでいた時に

そのオゴオゴのような「よくもまぁこれほど気持ちの悪いオバケ」が、目の裏にサブリミナルに次々と目の前に現れてなるほどと思ったことがあります。

どうやら、バリにはそういった姿の悪霊がちゃんといるんですね。

年の瀬に悪霊を追い払い、新たな年にまた新しい悪霊が現れても「はい、この島には人間はいませんよ」、と静寂をふるまう事で悪霊は「な~んだ、もういないのか」、とあきらめてどこかへ行ってしまう(と考えられているらしい)。

……というしきたりが元になり、今でもニュピの日は、

大声を出さない、出かけない、働かない、火を焚かない(食事をつくらない)、電気を点けない、という五大禁止事項がけっこうしっかり守られています。

テレビ放送もないそうで。うちはテレビないから分かりませんけれど(笑)。

だから、ごはんは前日の夜に下ごしらえ。当日は作り置きおかずを炊飯器の保温で温めなおして、しずか~にいただきます。

お隣からは普通においしそうな炒め物の臭いがしてきたりするんですけどね(笑)。

Img_4983

こちらはピーマンのマリネ。

バワンメラ(赤玉ねぎ)とオリーブオイル、ビネガーで漬け込みます。

その下は先日試しに作ってなかなかおいしかったのでもう一度。

Img_4982

緑豆の豆もやしのふりかけです。

茹でて、長ネギを刻んだのと炒めて、ラー油&お醤油で味付け。こんがりするまで炒め、最後にヤシ砂糖を加えます。

Img_4987

こちらは、こぶミカンの葉とレモングラスでチキンとマッシュルームを炊き込んで

最後はココナッツミルクで仕上げる煮込み。

Img_4989
テンペを素揚げし、トマトソースをつくり、菜っ葉を下茹でし。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ニュピの日は過去36年間雨が降った事が無い、ともいいますが

はぁ、確かに、もったいないくらい気持ちのいい晴天でした。

夜はどれだけ星がきれいか、毎年の楽しみなのだけど

今回は新しい隣人が電気点けっぱなしで。

(真夜中にブレーカー落とされてましたけど・笑)。

Img_4992
で、夜になればこのように電気が外に漏れないつくりの子供部屋に

PCやら宿題やらデスクワークやらをいろいろ持ち込み(笑)。

Img_4994
このお籠り、なかなか楽しくて、ついつい夜更かししてしまう。

もう一度外に出てみたけれどIphoneではこんな感じか~。真っ黒だ。笑!!

Img_4995

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

前日の夕方はオゴオゴが出る前に降り涼しくなり、翌日の今日は

土砂降りでした(笑)。

さ、さ、もうじき帰国モード、スイッチオン。









| | コメント (0)

2014年12月 1日 (月)

バリの布めぐり。

もう12月なんですね。

バリは1週間ほど前から日めくりで地上に湿気が舞い降りて来て、Img_4148

昨日からはほとんど晴れ間がありません。

そう極端にならなくても、って思いますが(その前は1~2か月ほとんど雨ナシ)・笑

空の都合からすると地表に流れてくる風向きとの関係があるらしく、

今回は東からの乾期の風が弱まったことで一気に雨続きです。

ソーラー温水器の我が家はこの季節温水が出なくなります。(!)

でも、いよいよマンゴーがおいしい季節です。

ジャンブーというリンゴのようなサクサクした果実も出回り始めました。

淡いピンク色がかわいいでしょ。rain

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、先日の事ですが

日本からいらしたお客さまと久しぶりにマニス御用達の布屋さんめぐり。

ペジェンの天然染めバティック工房では

最近、ジャワ島トゥバンにオーガニックコットン製という、なかなか素敵な織物を特注しているそう。

マニスも来年用に早速予約しました。Tjok_agung

こちらの工房はマニスと同じく十数年前に立ち上げられたのですが、

最近は人が減って大変とのこと。

5年ほど前は100人くらいいたトゥリス(ロウ描き)職人さんたちは今や20人。

ものづくり、伝統的な単純作業は、今ノリノリ好景気のインドネシアでは人気がなく

若者は皆、高学歴で高収入の都会の仕事に行きたがります。

日本も一頃後継者不足で問題になりましたが(今もそうですね)、

バリもおまつりだけでなくその他のプロダクツも絶やさず続けられるといいのだけど。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

マニスも他人ごとではないんです。Img_4103

こちらのレトロな自転車は「バリポスト」というバリの新聞社の玄関口に展示されていたもの。

そうなんですよ。

久しぶりに求人広告出しました。

でも、やはりプロダクトの方には希望者来ませんね~。

庭番と店番は決まりましたが。

おっと、話しが反れました!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらはマニスの「バリ手織りシャンブレー」の機屋さんです。

イカット(絣織】専門の工房なんですが

マニスはこちらに10年前から無地を織ってもらっています。Ptri_bali2

一頃はやはり50人はいたような織手、

今は10人ほど。

久しぶりに行って驚いたことに、

朽ちかけた機場が

遮光素材の屋根と鉄パイプの大きなテントに一新されていました。

機は昔ながらの使い込んだのをそのままに、入れ物だけが作り変えられたわけです。

(もしかしたら、新しい機を作れる職人がもういないのかもしれません。)

なかなか快適でおしゃれ空間です!

職場がモダン化されたらもう少し人が集まってきたりするかしら?

織手もさることながら、

こちらの場合は糸繰り職人さんがかなめです。

この日は一人増えていて

もしや「引き抜き」?Putri_bali

木枠に掛けられた糸に防染用のビニール紐を巻く仕事です。

左のおじさんが神業で、右手にカミソリの刃を持ちながら瞬時に糸繰りをしますが、

その紐を切るカミソリが見えないくらい早いのです。

ともかく、糸染、綜絖、糸繰り、織手、どのパートが絶えても成り立たないので

職人さんを大事にされているこちらはさすがです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その前の終末にクタビーチに1年前にできたというKain Museumに行ってきました。Img_4115

Beach Walkというシンガポール風のプロムナードの中に、

インドネシアの手工芸品を集めたフロア「アランアラン」(ジャカルタにもありますね)があり、その中にミュージアムはありました。

行ってみると、なるほど。

カイン(布)というかバティックの専門ミュージアム。

あ、やっぱりね。

ビンハウスがつくった私設ミュージアムでした。

写真は、その入り口の階段です。

ちなみに入場料が10万ルピア(約1000円)と結構高く、出口にはビンハウスのショップがあります。

展示は個性的なコレクションが多く、なかなか見応えがあります。

バティック好きの方はマストです。

ビンハウスはインドネシアのバティック文化への貢献度が高いので

本当はこうしたミュージアムは行政がお金を出してコマラさんにプロデュースしてもらうのがいいんだけど。

インドネシアにはいいミュージアムが少ないことを残念がるインテリジェンス多し。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次回はまた「プチ・まめしんぶん」行きます~。

| | コメント (2)

2014年11月26日 (水)

おまつり。

少し前の事になりますが、

うちのスタジオがあるペジェン地区のもっと北の方にある

プグリンガン寺というお寺のお祭りに行きました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Img_4084

そうそう、一部で話題になりました171年ぶりのという名月を2日前に拝み、

バリの暦ではその日が満月という晩のこと。

日本の満月とバリの満月は1日ずれることはあっても2日ずれたのも珍しく。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらのお寺は、あまり知られていないようですが(私も知らなかった!)世界遺産にも登録されているんです

何でも、8世紀の遺跡が発見されたとか。

バリのヒンドゥの歴史は大きく分けて二つあると思われ、その古い方の時代には仏教も入ってきていたらしく

こちらには仏教とヒンドゥ両方の神様がまつられているのです。

Img_4083・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

世界遺産に登録された経緯を少し調べてみると、以下のような事のようです。

バリ島で初めて世界遺産となったのは、水利システム「スバック」に関連した5つの棚田地域です。

古来、棚田に農業用水を行き渡らせることは、バリの農家の人々にとっては死活問題。そこで、水の分配を平等に行うために「スバック」という水利システムが活用されたのだそうです。

そして、この「スバック」の根源にある思想というのが、バリヒンドゥーの哲学とされる「トリヒタカラナ」というものです。教理は、人間の平和と自由は三つの調和された関係を敬い実行する事によって得られる。

1、神々によって与えられた命が自然を創造した。
2、自然は生存に必要な食料や環境を人間に与えるImg_4089
3、人間は村の組織を作り、礼拝する寺院を造り、奉納儀式を行い、自然保護に努め、そして問題を討議し力を合わせて解決する義務を負う。

としていて、バリの人々が心柱とする神や自然との深い係わりというものが理解できます。

以上引用:http://balifan.jp/special/100004/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらの5年に1回のオダランは、今まで見たことのない風変わりな供物と行列でした。

夜7時半過ぎ。

クリスマスツリーのようなもけもけとした飾りのお神輿がふたつ現れて、境内の空気が一気に変わりました。(一番上の写真。)Img_4087

寺院の中心にまつられているストゥーパが暗がりから蘇ったかのよう。(3番目写真が出土したという仏教遺跡のストゥーパです。)

そして、すぐに気付いたのは

供物のデザインです。

仏教とヒンドゥの混合だからという事が関係するのかどうかは分かりませんが、

神輿をはじめ、幟のように行列の中で担がれた供物、神殿内の供物。

全体のモティーフはストゥーパです、たぶん。

場のエネルギーも独特だったのでしょうけれど、

私はもう、そのお供え物の手作り感に圧倒されてしまいましたImg_4090

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

神さまに、お祭りするものをここまで自然素材だけで色とりどり、あでやかに、上品に飾るセンス。

「面倒くさい=簡単にしたい」という風潮が世界の手仕事を危うくしているのは確かな事なのです。

バリもこのところ印刷されたラマクとか、枯れないペンジョールだとかどんどんカンタンな方へ向かっています。

でも、こちらでは皆無でしたね。

お米や豚の脂身など自然素材で作られているだけで、エネルギーの受け方も変わります。

「あ、ちょっと昔は全部が確かにこれだったねー。」

素材と手仕事と美のセンスと。

バリのDNAは

ヒンドゥ的緻密さをよく受け継いで取り込んで文化に融合させている。

今更ながら圧巻です。Img_4091_4

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カラフルなお人形がくっついているのは

お米の粉でつくられています。

よ~~~く見ましたけどプラスチックは使われておりません、

ガルーダの翼みたいなウチワがたくさん(笑)。

一体誰がデザインして作ったかな~。

一番最後の写真が

豚の脂身をつかったツリーみたいな飾り(供物)。

正面からだと炙られた黒焦げの頭部と手足が生々しいので(!)

横から撮ってみました。

マニュアルを書き残さない風習のバリだから、記憶の中にあるマニュアルを人々が共同作業で心を合わせて作り上げているのです。

忘れたら終わりです。

深い意味を感じます。

Img_4092・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ケータイも普及しピカピカの新車を乗り回す時代だけど、まだまだバリの人たちの精神世界が健在だと思い知らされました。

時代が変わっても心は変わらないってことかしら。(そうですか?)

だといいな!













・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は、またもやロングな話題になってしもた。

お読みくださりありがとうございました!

| | コメント (0)