« 2022 明けましておめでとうございます | トップページ

2022年1月 1日 (土)

師走のバリから 2021.12

2021年は皆さまにとってどんな年でしたか?

コロナの大異変にひっくり返った2年弱。

この先あと7年受難の時期だというスピ系の説や

世界経済の低迷、気候変動、

AIさん達の進出がぐぐぐっと迫ってきていることなど

さまざまな変化を柔軟に受け止め

新しい2022年にしていきたいものです。

この投稿、クリスマス前に書き始めていながら

年を跨いでしまいましたが

アップさせていただきます!

・・・・・・・・・

Wifi問題まだまだ~

2か月余り。

金融系やショッピング系、ブログサイトがアクセス不可だったのが

ようやく先週から解消!

インドネシア全般のネット問題が社会問題になる前に

民間ネット会社のケーブルがようやくうちの村にも来ました。

それまでは街中のカフェにラップトップ持ち込みして

お茶しながら振り込みやブログアップをしていました。

面倒だけど、街のカフェなど他には滅多に行かないし。

ところがです。

前のヨワヨワ国営ネット会社のWifiが契約解除できないらしく、

ダブルで支払いしなければならないことが新規設置の翌日判明。わお。

国営の方を切るには、電話番号も変える必要ありという。

今ってほぼワッツアップやLINEで何でも連絡とる時代だから

固定電話はほとんど使わないし、数年前までは必須だったFAXも今は全く使わないので

電話線切っちゃってもいいのかな、と思いながら

周囲もきっと同じ状況だと思うので

ひと月様子を見ることに。

しかも新規のWifiが時々不安定になるので、アイタタタ。

Wifiはライフラインですね、もう。

Img_e1762


・・・・・・・・・・

必ず降る

只今雨期真っ只中ですが、時折乾期のような風が吹いたり

さわやかな涼しい朝を迎えたりするので

無防備になりがちですが、

ほぼ毎日不意打ち的に降ります。

油断大敵。

ワンコの散歩には傘必須。

けど、こんなに降りそうな空でいつつ、降らないことも。

iPhoneの天気予報は時折まったく当てになりません。

Img_e1736

・・・・・・・・・・

山に行ったら

12月中旬。

松葉採集のロケーション、バトゥール湖を臨む高地へ再び行きました。

珍しく降らずに山まで来て前回と同じカフェに入ったら

下から雲がグングン上がってきて、間もなく大雨。

店内はジャカルタからの団体客でごった返していましたけど

(国内観光客は特定のお店、場所に集中しています。インスタ映えの!)

私が頼んだカプチーノがなかなか出てこないのをのんびり待っていたら

そのうち人々は引き揚げていき、

山だから結構気温も低いので静かなノエルっぽい雰囲気に。

アタマの中で賛美歌が鳴り響いちゃったりして。

Img_e1814

夕暮れ時に帰宅すると、ウチの辺りは降った形跡なし。

日没までまだ少しあるからとワンコの散歩に出ると、

美しい光に包まれる。

紫色の半月。

Img_1831

最近空をよく見るようになった気がする。

実際、空のドラマがすごく豪華なので。

もしかしたら今の季節が一年で一番グラフィカルなのかもしれませんが

いつだって自然に包まれ守られていることを

毎日確認しているような感じがします。

こんな景色だと自然に手を合わせたくなりますから。

Img_e1836

Img_2014_20220101002701

・・・・・・・・・・

          

マルキッサ

Img_1556_20211229004201

バリ島では「マルキッサ」と呼ばれます。パッションフルーツです。

蔓性なので塀や高い樹木に蔓を這わせて栽培することが多いみたいですが

UBUD在住の日本人の方が、食べたマルキッサの種を蒔いたら

びっくりするくらいたくさん実が生って、

おすそ分けいただけることに。

それも何度も。(笑)

どうしてこんなにも

大きくてぴちっと立派なのか。

育てている方のエネルギーなのかしら???

硬い、薄あずき色の実。

薄あずき色は

2022年春のアトリエマニスの服に意図的に入れている色でもあります。

はっきりする事はしばしば大事だけど

あいまいな事はあんまり取り上げられないけど

春にはそんな気分になるんじゃないかと。

 

・・・・・・・・・・

 

土砂崩れ

しばしお寺に行けなかった1週間弱。

そろそろいけるかな~、と思った矢先に

朝起きたらベランダの視界が明るい。

あれれ?

何と、夜半の豪雨で木が3本倒れてお寺へ降りる階段が塞がれていた。

木を跨ぐようにしてお寺へ行くも、泥だらけなり。

Img_e1790

その後1週間くらいして、村の相互助け合い組合が数十人がかりで

土砂と木を撤去。

ベランダからの眺めは良くなりましたけれども。

この日の雨は一部の地域で洪水、多数の土砂崩れがあったそうです。

雨期はまだまだ続きます。


・・・・・・・・・・

 

春色パッチワーク

次第に季節が早まきになっているので

12月はじめから潔く春服に取り掛かる。

酷暑期にウールのコートを縫うのはもう過去となり

リネンとコットンの試作を毎日、一歩一歩。

季節感が乏しいBaliなので、意図せずバーチャル感覚。

「春の気持ち」を描いています。

あとはインドからの春色リネンを待つばかり。

年内にはついに来なかった(バリ島の税関で止まったままでした)ので

「春よ来い、早く来い!」

Img_e1804

・・・・・・・・・・

ホームパーティーいろいろ

昨年はまだ自粛ムードが色濃くて誰とも会わず出かけずの年末でしたが、

今年は友人に声を掛けると皆参加率が良くて。w

中でも「コロナになってから殆ど人に合っていない」って人たちをお誘いして

ゲリラ弁当風のランチ会を。

ゲリラ弁当とは、アトリエマニスのソーイングスタッフを巻き込んで作っていた

外出自粛の頃の宅配弁当。

多品種の食材を取り入れたお惣菜です。

Img_e1905

クリスマス風のブーケ、いただきました。

バリでもこんな風な花材が揃うようになったんですね~。

食後に「エチオピアン・ロースト」を淹れたら、それが一番喜ばれました!!

ワインのようなコーヒー、冷蔵庫で保管して大切に飲んでいます。

Img_e1902

クリスマスは日が暮れてからキッチンに入り、簡単ディナーを作りました。

息子の友人と3人で一緒に作って、とても喜ばれました。

クリスマスプレゼントもいただいちゃいました。

Img_e1998_20220101002701

シメは、フルーツポンチ。

息子が暮れにお呼ばれで。

最近糖分を控えるようになったこともあり、フルーツはスムージー用の決まったものしか

買わなくなっていました。

ひっさしぶりのスイカやパイナップルを切っていたら

(晦日の午前中って結構忙しいのに)

昔を思い出しながらのいい時間になりました。

Img_e2050_20220101002701

・・・・・・・・・・・

おまけ

ルビー12月3日で9か月の写真。

来月はもう抱っこできないかもって言ってます。

(それはあと2日と迫りました。)

Img_e1739

お寺の水浴び場でダイブするのがお気に入り。

出て来たら眉毛ついてました(笑)

もう一回ダイブしたら取れてましたけれども。

Img_1863

・・・・・・・・・・・

では、この辺で。

お読みいただき、ありがとうございました!

|

« 2022 明けましておめでとうございます | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2022 明けましておめでとうございます | トップページ