« 2018年1月 | トップページ

2018年2月24日 (土)

バングラデシュへ 4

ちょいと日にちがあいてしまいましたが、

タンガイルの続きです。

(バングラデシュのジャムダニ織の産地です。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お天気の良い日でしたので、

じきに気温が上がってきました。

日向に干してあるのは竹に巻きつけたコットンジャムダニ。

そのそばで、

織りあがったサリーに糊付けして巻きつける作業をしているお父さんが。

残念ながら動画しか撮ってなくて(ここにはメモリーオーバーで載せられませんが)

「この道50年じゃ!」、と得意顔。

お母さんが傍らで黙々とお手伝いをしていて、

ベンガル人は本当に家族仲がよいなぁ、と。

この地域はヒンドゥー教の人も多く、

私がバリで嫁入りして以来ヒンドゥに改宗した事を

案内の人が村人たちに説明して回るので、どの家でも歓迎されるのでした。

Img_2763_1800x1496
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
道にはヤギと人しかいないので、(あとは、ときどきバイクか自転車)
家の敷地からはみ出して
長い経糸のセットをこんなふうにやっていました。面白い!こんなの初めて見ました!
巻き取り機を使わず、サリー10枚分の55メートル!!
思わず、走りたくなる?(笑)

Img_2772_1350x1800
ゴールは道にはみ出してま~す。
Img_2779_1800x1800_2
透き通るような織物・ジャムダニですが、経糸は2000本。
手作業で数えながら、竹でつくられた筬(おさ)に通していく。
ゴール側でテンションを緩めたり引き上げたりするのは、道具ではなく、人。
(綱引きみたいですか?)
この村では、UBININGという機関がジャムダニ織の保存、育成に携わっているそうで、そのため村全体がこのように織物を中心に成り立っているらしい。
 
Img_2782_1760x1800_2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
竹細工かと思ったら、筬をつくる職人さん。
しなやかな部分を細く削り、櫛の部分をつくっている。
Img_2786_1800x1800_2
村全体に茂る竹が、織り機、綜絖、布の仕上げ、隅々まで利用されています。
動力に電気はほとんど使っていないところも素晴らしい。
Img_2787_1800x1800
ベンガル地域は昔から薄い薄い織物を作り続けてきた産地ですが、
タンガイルでは
培われてきた技術が健在であること
村全体で複雑な技術を分業していること
織られた布が輸出向けや一部の富裕層向けではなく、
自国の一般庶民の晴れ着であること。
もう、素晴らしいの一言です。
この美しい工芸品のような竹細工は、織のための生きた道具に。

Img_2788_1800x1800
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ところで、
ジャムダニも素敵なんですが、家々の洗濯物がまた魅力的で。
これはコットンサリーでつくられたカンタ。敷物かしら、テーブルクロスかしら?
こういうのが暮らしの中で普通に使われている。

(思わず欲しくなります!)


Img_2790_1800x1350
水辺で洗濯する主婦たち。
ピールと呼ばれる、大きな水たまり。
ここの水は土のせいなのか鉄分が多く、白いものを洗うのには向かないそう。
色のきれいなサリーを着る分には不便はないかもですね。

Img_2792_1669x1800_2
道端には、
バングラデシュのサブカルというか、民間アートとしても評価されている
リキシャ・アート。
とにかく色彩があでやかで、夢いっぱい。
我々はこのまま歩いて、隣接の村へ向かいます。

Img_2797_1299x1800
隣村も、窓越しにこれ。
パンチカード。

Img_2801_1800x1800_2
こっちの経糸職人は、何とコンクリートブロックも利用!
腰で引っ張るためのクッションも装備!
しかも何か抱えている!! 何でしょう、これ??


Img_2800_1800x1721
しばらく行くと、
こちらは経糸を染め分けしたものをやっていますね。
やはり道端で。
Img_2803_1350x1800
小乗仏教のお坊さまのような方が。
何かの材料店でしょうか?

Img_2802_1800x1737_2
小学校の近くのワルン!

吊るし方!
雨と水が多いから?

Img_2808_1800x1800_2
店先にキッチンがあるワルン♪
バリと似ていてうれしくなる。
Img_2813_1630x1800
冬でもこんなに茂っている竹。
家々の周囲を日差しから守っている。
Img_2815_1685x1800
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出発地点のゲストハウスに戻りました。
予約してあったランチが待っています!
広々とした厨房の中を見せてもらいました。
これ、大型のかまどでしょうか?

Img_2816_1800x1767_2
バングラデシュの土壌は肥沃なのか、冬でも野菜が豊富でした。
3つの川がそそぐ世界一のデルタ地帯。
食材が豊富だからか、さまざまなおいしい食事をこれまで数日間いただいてきましたけれど、
ここは格別でした。
食材そのものを自立したシステムでつくっているタンガイル。
先ほどのUBININGがもうひとつ試みているのが「種の銀行」。
種子を無償で貸し、収穫後に種子を返却するシステムらしい。
タンガイルでは農業にもこだわりを持った無農薬によるベンガル固有種の栽培を推進しているそう。
Img_2818_1350x1800
赤米のごはん、カリフラワー、ナス、キャベツ。
川魚のイリッシュのカレー、マトンのカレー。
ダール(豆のカレー)。
無農薬野菜が中心のランチ。


Img_2819_1350x1800
うん。
朝あれほど食べたのに!
Img_2821_1800x1350_2
バングラデシュはBRACをはじめ民間NGOが成功している例が比較的話題になっているけれど(マイクロクレジットのグラミン銀行はノーベル平和賞を受賞するくらいですから!)
タンガイルのUBININGは小規模の集落を伝統的な暮らしのままに活性化させている。
この素敵なランチとジャムダニ織のプロジェクトは同じ試みからスタートした2つの柱だったようです。
私はネットサーチしただけでしたが、
あの「風の旅行社」が、UBININGツアーを企画しているそうですよ。
http://www.kaze-travel.co.jp/bangladesh_kiji001.html
(本ブログの文章もこちらから一部情報を引用させていただきました。)
・・・・・・・・・・・・・・・・・
ダッカに戻る道すがら。
縫製工場がありました。
きっと無数にありますが、写真が撮れたのはここだけでした。
案内をしてくれた方が、
「この国は、女性たちが働く縫製工場によって経済が支えられているんですよ。この人たちのおかげなんです」、と言っていたのが心に残りました。


Img_2823_1800x1800
・・・・・・・・・・・・・・・・・
バングラデシュ、最終日。
ホテルのドアノブに引っかかっていた新聞によると、
大寒波による被害は深刻だったもよう。
50年ぶりの最低気温更新!
暖房がない国で2.6度、って。厳しい。
(ダッカのホテルも空調は冷房だけしかないから、あるったけ着込んでおります。)
そして、また充実の朝食。(苦笑)

Img_2849_1800x1800_3
見納め。
ダッカの布市場。
あら、それは。タンガイルサリーではないですか?(笑)
マフラーのおじさんが物色中。
プレゼントかしら?
シアワセの断片、いただいた気分。

Img_2850_1350x1800_3
街中心。川のように見えるけれど、グーグルマップには湖となっている。
しーんとした真っ黒の水、魚はきっといない。
たった6日間では見切れない国のひとつの断片。

Img_2857_1800x1800
さ、バリに戻るよ!
空港へ向かう前に、お世話になった方々と。♪

Img_2860_1800x1350

インドから、東西パキスタン時代。独立してからまだ47年。
若い国。ベンガルの国。
思いつきで来てみたけど、大好きになりました。
で、今年のマニスはベンガル特集からスタートします♡

| | コメント (0)

2018年2月 4日 (日)

バングラデシュへ 3

バングラデシュ4日目。

前日の晩、ふたたび国内機で戻ったダッカ。

翌日も早朝から遠出です。ここはちょっとがんばりどころ。

後半のダッカは、

ブティックホテルみたいな窓のないホテルでしたが、

朝食はバッチリ。しかも、時間通りの7時オープン。笑

これだけ食べれば、元気も出ます!

Img_2685_1630x1800

ダッカも寒い。
新聞によると、どうやらこの寒波は深刻で
暖房が普及していないせいか健康被害が相次いでいるらしい。
ありきたりの服を着込んで、
タンガイルというジャムダニ織で有名な地域へと向かいます。
Img_2686_1800x1350_2

走行距離は100キロちょっとなのですが、
道がこんな。
舗装してあるところもあるけれど、未舗装のところも多く、
乾燥でデコボコ、ほこりだらけ。
ノロノロ運転&クラクション鳴らしっぱなし。
Img_2691_1800x1002
2時間以上走って、ようやく沿道に木が茂る集落へ入りました。
Img_2694_1800x964
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日も高くなっているけれど、まだ息が白い。
ノルショッダ村というところにあるゲストハウスです。
ここを拠点に織物を見に行きます。
ここには宿泊しないけれど、スタッフの方が案内してくれることに。
Img_2697_1800x1800
まずは、ムフフ。
ホカホカあったかいスイーツをいただく。グレインココナッツの蒸ケーキ。
テーブルクロスがカンタです。

Img_2700_1800x1686
さぁ! 探索開始。
村の建材はなぜかブリキが多い。
どこからか甲高い機の音が響いています。


Img_2701_1800x1800
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最初に入った家では、職人がパンチカードを作っていました。
ということは、ジャカード織機ですね。
段ボールにハトメと木槌で、リズミカルに音を立てている。
新しい柄を増やすごとにこのパンチカードをつくる、
というか、
タンガイル・サリーは国内でホットな存在だけに
常に新柄をせっせと生み出しているみたいで。

Img_2704_1350x1800
コンピューターの基盤か、デジタル音楽の譜面か、
モールス信号の符号か、と見まがう。
これでジャムダニを織っている。
Img_2706_1800x1800
・・・・・・・・・・・・・・・・・
こちらのお家では、
洗濯されたばかりのサリーがジャムダニでした。w
Img_2708_1745x1800_2
カタンカタン、甲高い織機の音。
足踏み式でなかなか速度があります。タンガイルのジャムダニはシルクが中心で
1日に2mくらいは織れるらしい。

Img_2710_1692x1800
緯糸、カラフル!
中国製シルクらしいです。

Img_2717_1768x1800_2
巨大なオルゴールのような手織りジャカード機。
はじめて見ました。
動力はすべて人力です。
Img_2719_1737x1800
足踏み部分は土間に掘り込んであります。

Img_2722_1643x1800
経糸を操作するおもりがこんなにたくさん。
織り始める前までのセットがどれだけ大変な事か。
Img_2726_1685x1800
タンガイル・サリーは、シルクが中心でカラフルなものが主流のよう。

Img_2729_1800x1800
薄いピンクとグリーンの春らしいサリー、一枚買ってみました。


Img_2731_1800x1800
マハトマ・ガンジーさんのトレードマーク、チャルカ。糸車。
この家のおじいさんが回していました。
緯糸の準備です。
村ではほぼ全体がジャムダニを織っているようですが、
このように細かく分業することでフクザツな工程を合理化。
ライン縫製みたいな合理化ですが、今もまだモーター(電力)は使わず
手仕事で営まれているようです。
Img_2735_1800x1800_2
織物をやっているのは主に男性です。
これは大きなポイントなのですが、ここでは織物は女の人の副業ではありません。
女の人たちは台所で食事の準備をしていました。
沼で採れた魚の下ごしらえ。
Img_2739_1800x1800
薪をくべています。
近隣は日よけのための木々が生い茂っているので、
その小枝を燃料に使っているようです。

Img_2741_1800x1762
これは、食事のテーブル? 台所の中に。

Img_2743_1663x1800
次々と用意されているおかず。
おいしそう!
Img_2745_1800x1800
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
別のお宅へ。
こちらも色とりどりの洗濯物が冬の光の中で。


Img_2748_1800x1800
こちらでは、織りあがった布の裏糸をカットしていました。
ジャカード織機で織る場合、同じジャムダニでも工程がずいぶんと違います。

Img_2750_1664x1800_2
竹を使った道具がおもしろい。
ご夫婦なのか、向こう側とこちら側とで二人作業。

Img_2754_1752x1800
村は、竹とヤギがたくさん。

Img_2759_1664x1800
車はありません。バイクもほとんどいません。
静かな通りには、機の音だけが響きます。
Img_2760_1350x1800
長くなるので、続きはまた次回に。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

« 2018年1月 | トップページ