« 2017年9月 | トップページ

2017年10月16日 (月)

Tubanへ再び

9月のはじめ。

またもトゥバンへ行きました。

前回注文していたものを直接見て受け取れたらなぁ、と思いながら

ちょうどいいタイミングで日本から来た布系のお友達と一緒に行こうよ!ってことになり。

まさかの、あの、「飛行機乗りそびれで再び」だった、

スラバヤのバスターミナルにひと月後に再び!w

あまりの暑さに驚く同行人を励ましながら、

巨大な扇風機の前に避難してトゥバン行きのバスを待つ。

Img_1787_720x960

さすがに学習も積んだし、騙されることもないはずの

バスは、相変わらずすごかった。

物売り、ミュージシャンの嵐、

容赦ない日照り、

エアコン完備といいながら次から次へと乗り込んでくるローカルの皆さんの

汗ばむ体がグイグイこちらに押し付けられれば、

もう、逃げ場のない暑さに同行人が干からびないかと心配するも、

身動きの取れない姿勢で後ろも振り向けず!

バスはでこぼこ道の路肩、微妙な隙間を暴走する。

時々片側のタイヤがふわっと宙に浮いたりして、

終始気の置けない運転に驚愕すること再び。

そして、GPSを屈指して降車ポイントを狙ったというのに、

まるでパリテキサスみたいな荒涼とした道端で下される我ら。……

2度目でひと月後だというのに。

なぜか最初からやり直しさせられたかのような、アドベンチャー感覚とともに

無事トゥバンに到着できたことには、喜びひとしお。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しょっぱなからの強行軍にもめげず、間髪おかずに

夕暮れ時の時間にトゥバン市内のバティック工房に無理やり滑り込む我々。

Img_1740_1298x1800
こんな木像が布の棚の隅っこに。
何だこののんびりした感じは~~~w?
Img_1737_1350x1800
というわけで、またも始まりました。
ツアー@トゥバン♪
同行人はパサールクマンマンの金澤さんとてっちゃん、UBUD在住のNさん。
・・・・・・・・・・・・・・・・

この下の写真は、UBUDのスレッド・オブ・ライフさんで拝見したものですが、
インドネシアでカパスと呼ばれているものは特有品種ではなく、
やはり普通の綿花のようでした。
Img_1448_1800x1800

・・・・・・・・・・・・・・・・・
予期していたものの、ランチはお預けだった。
みな、腹ペコで汗まみれである。
そんな日没後の車窓から見えたフルーツ屋。
Img_1742_1800x1350
あの、ちょっとでも早く先に進もうとするバスの無理やり感

(実際に事故は多いらしく)、と、
この、灼熱の時間帯が去った後の
じんわりと夜風に漂うフルーツ屋台の香りと。

その、どっちもが、ジャワなんですな。
私の流儀では、良い方の思い出だけを持ち帰る。
それに尽きる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
翌日も元気にゴー!

トゥバン郊外の工房を数件回りました。
前回と同じ店に1か月ぶりにまた来て
店のイブ(おばちゃん)も、何だか「近所のあの人」みたいに思えてくる。
別れ際のあいさつは、
「じゃ、また来月ね!」、なーんて。w
インドだったら1月ベースでなんてありえない、けれども、
てっちゃんは、この旅のイメージが
ジャイプールの田舎町と重なるようで。
そうですね、確かに、この町は、どこか懐かしいものに満ち溢れていますから。

Img_1752_1800x1350
あ、このチェック地は、むかーしマニスでも使いましたっけ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
染め工房の職人さんたちがすすめてくれたおやつは、
魚味のクルプック。
海の街、トゥバンらしいおやつ!

Img_1746_1350x1800
染め工房の一角に積み上げられた、手紡ぎのテヌンが美しい。
天然染めのショールを注文してみました。

Img_1753_1350x1800
Img_1758_1800x1350
この昔ながらの風景が残る美しい田園地域の近くには
まるで不釣り合いも甚だしいほどの巨大なセメントのコンビナートがある。
日本でいえば、国立公園の近距離に突然あらわれる原子力発電所みたいな印象の。
東日本震災の教訓が深い私には、シュールを通り超えて
ほぼ祈るような気持ちにすらなる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・

トゥバンからスラバヤの帰路、今回はタクシーを使ってみましたら、

快適そのもの!
空調も利いてスムーズで安心感のある新車は、
渋滞に巻き込まれることもほぼなく

スラバヤの市街地へ。


Img_1779_1800x1350

Img_1778_1800x1350
コロニアル建築が多数残る、美しい街並み。

布がたっぷり詰まったカバンにはさまれながら。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
前回と同じマジャパヒトホテルでゆっくり朝食を楽しんだ翌朝、

Nさんが調べてくれていた骨董屋へ。

移民都市スラバヤのひとこま。

ここは中国系のお店。やはり、清、明のものが多い。

Img_1790_1800x1350
前回膨大な在庫の中から
今回はこの辺りをえら選んでみる。

Img_1791_1350x1800
価格交渉も無事成立!

Img_1793_1350x1800
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そのあと、やはりNさんの案内で訪れたサンポルナ・タバコ博物館。
博物館ではあるけれど、実際の工場に併設されていて、
作業風景が見学できる。

この今でも同じパッケージの両切りたばこは、何と現在でも

人力で、ものすごい速さで紙巻している。
たまげました!
まるで、モダンタイムス。

Img_1794_1800x1350Img_1796_1800x1350
この工場の撮影は禁止されていたので、
展示されていた昔の写真を撮ってみた。
が、今もこれと同じ風景。
何百という女工さんが、タバコを巻いている!
何という事か。
インドネシア、まだまだ知らないことだらけ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
前回はまさかの乗り遅れだったガルーダの同じ便に、
今回は渋滞もなくスムーズに、

真新しいスラバヤ空港のターミナルで搭乗前に

ナシ・ペチェルも食べることができたし、

スタッフにいい感じのおみやげを買うこともできたし、

余裕たっぷりの帰路。

Img_1805_1350x1800
前回と15分も違わないホテルからの出発だったのに。
思えば、あの乗り遅れはまるで妖精のいたずらみたいな気すらしてきます。

Img_1806_1800x1350







| | コメント (0)

2017年10月 9日 (月)

8月のバリ(2017年)

そして、10月も一週間過ぎて3連休。

なのに、

相変わらずですみません。

きょうの投稿は、「8月のバリ」です。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

某日。

「もと荒木町バー店主にて現在バリのヨガ・ティーチャー」、C先生のお宅にお呼ばれ。

ヨガの先生っていうとほとんどがきっとベジタリアンだし、飲み物は野菜のスムージーが普通かと思いますが、

マイノリティーのC先生。

メインはスペアリブ(=肉)、ビールをはじめ各種のおいしいお飲みもの!

ほかのヨガ生徒の日本人の皆さんの持ちよりで

驚くほど豪華なブランチ。

Img_1457_1800x1350

バリの田んぼに面する広~いテーブルで全員飲み始めたのですから、

そりゃ、飲むしかないでしょ。(笑)

私は、ジュリアコーヒーというフローレス島の極上コーヒー豆とミルを持ち込んで

食後のコーヒーいれてみました。(酔い覚ましにw)

布はパーニュ(アフリカ風バティック)の風呂敷と、ギャラリー啓さんのはぎれ。

最近こうした「おしかけ出張喫茶」が、我、お気に入り。

Img_1463_1350x1800_2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
某日。

コーラスグループの練習日です。
UBUDにて急浮上したコーラス部、これがですね、なかなか!
何しろ、歌唱指導の金澤博さんが顧問し、バリ・クラシック界の凄腕、西沢先生が指導。
Img_1623_1800x1350
小さな町、UBUDですが、
いろいろと濃ゆい日々が過ぎていきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・

某日。
久しぶりにひとりごはん@よる。
UBUDにはどんどん新しいカフェやかっこいいレストランが増えているけれど、
何度も行く店というと、ほとんどが老舗系。

中でもTUTMAKはメニュー、レシピがほとんど変わらないところが好きです。
中東風プレート、何度食べたことか!

キンキンに冷えた白ワインとともに。
Img_1657_1800x1800
TUTMAKが面しているUBUDのオアシスこと「サッカー場」で、

にぎやかな屋台村が開催されていました。

冷やかしに行くと、おお、何だか、おしゃれなキャンピングカーでの出展者多数。

広い芝生の上でビール飲んだり、リブをかじったりしてご満悦の大勢の人々。

なるほど、週末のTUTMAKの特等席にひとりでも座れたのは、このせいか!

Img_1659_1800x1800

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

某日。

ハピバスデー、を、サプライズしていただきました!

美雲庵こと中川原さんのバリ別荘にて。
主人も息子も私の誕生日なんか知りませんが(笑)、こうしてお祝いしていただけて
本当にありがたいことです!!!
Img_1478_1350x1800
Img_1491_1800x1350
そして、こちらは同じ中川原邸で、別の日にまたお呼ばれ。

揚げ物のうち一種類は、なんと桑の葉っぱでした。

バリでお蚕さんの飼育も試されている中川原さんご夫妻ですが、

いつもお料理のセンス抜群で、脱帽です。

Img_1532_1350x1800
・・・・・・・・・・・・・・・・・
そして、8月はこれが最大のイベントでしたね。

中川原さんの糸作りプロジェクトが相次ぐバリの祭事にて遅れに遅れ、
帰国まであと3日!
という、何ともハラハラする状況だったので、もう、思いつきで。(笑)
ウチのスタッフに村の女性たちに声をかけてもらって講習会を開催。
まずは、真綿(まゆを染めたもの)をポンポンと膨らませて糸にする準備です。
Img_1558_1800x1350
2日にまたがる翌日は、真綿を糸に撚る練習。

Img_1578_1800x1800
そして、中川さんご夫妻が発たれた後も、

うちのスタジオの一角に設置した機械を使いに、

毎日糸作りの女性たちが通ってきています。

出来上がった糸の品質を確かめながら、たいへん熱心。


Img_1626_1800x1800
この仕事、なかなか面白いようで。常時定着したらいいなと思ったけれど

今回はいろいろあって終了しました。

バリの女の人たちの手仕事は、ほんとうに、すばらしい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

某日。
10年以上前につくってもらっていたバングラディシュの刺し子布・ノクシカタを
ふとしたきっかけで

再び注文してみたら、

10年前とほぼ変わることのない丹念な刺し子ワークのサンプルが届きました。

これは今年中には間に合わないので、来年の服作りに。

Img_1524_1800x1350

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
某日。

UBUDのクラシックメンバーの皆さんによる「午後のコンサート」。

回を重ねるごとに昇華していく午後コンは、目が離せません。

バリで生でクラシック音楽の演奏が聴けるという貴重さもあって

もう、ファンが増え続ける一方。

早くいかないと入れなくなるから、この日はほかにスケジュールを入れません。

Img_1684_1350x1800
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
岩立さんのミュージアムでのカンタ展で、運よく滑り込むことができた
西岡直樹さんのお話会でしたが、
西岡さんの著書を読んだことがなかったので
お取り寄せ。
たまたま読み始めたこの一冊に、打ちのめされました。
インドのことをここまで甘美に綴れるとは。
私にとっては、全く新しい視点だったことから
世の中のものの見方、角度について、もう一度原点に振り返って
考えさせられて。
8月の中でいちばん心に届いたのがこの本だったかも。
西岡さん、ほんとうに素晴らしいです。

Img_1525_1350x1800
・・・・・・・・・・・・・・・・
某日。
また、コーラスの部♪

間もなくコンサートが!

練習に力が入ります!「

Img_1718_1800x1350_3
・・・・・・・・・・・・・・・・
某日。
いつものスーパーに行くと、肉売り場におっきな犬!!
写真で見るとわりと自然ですが、周囲は騒然としていました。w

リードもないまま、犬君は店内に入ってきて、飼い主さんを探し、
見つけ出したのが肉売り場の前、って。w

Img_1688_1800x1540
・・・・・・・・・・・・・・・・
平穏で充実した8月から、怒涛の9月に突入するのでした~~






| | コメント (0)

« 2017年9月 | トップページ