« | トップページ | vol65・作品展ありがとうございました。 »

2017年5月25日 (木)

まめしんぶん2017春夏3

3回目のきょうは、カラーズ以外のベーシックを。

、と、思ったら、バティック番外編みたいなことに。(笑)

ベーシック、ほかにもたくさんあるのですが、なぜかあまりピックアップしていませんでした。

その他は、どうぞ作品展にて直接ご覧いただけますよう~~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

初夏に気持ちの良い薄手リネン、いつでも着れる通年タイプ。

お仕事先にも活用していただけますように。

【ガーゼライクリネンのトラペーズショート】

バリ・ショップでも人気のドレス。肩線がなくやわらかなシルエットのフリーサイズ。

今回はガーゼとボイルの中間のような涼しい薄手リネンで。

黒と紺があります。

6_1417x1800

【リネンキャンブリックのボタンループスカート】

時々思い出して作っているこちらのスカートは、

後ろにギャザーとフレアーが程よく入っていて、シルエットがきれい。

生地はしっかりしたコットンのようなマットな織上がり、格子状ドビーが入っています。

黒、紺、チャコールの3色があります。

Img_1324_1727x1800
【リネンキャンブリッククロスのツイストパンツ】
こちらは同じ生地のツイストパンツ。
残りわずか!
Img_1268_1549x1800
【ジャイプール産キャンバスブロックプリントのトリパンツ】
NIKEのトレパンのようなマチ入りパンツ。
こういうデザインはあえてエスニック素材で作ってみたくなります。
2年越しで使っているキャンバス地のブロックプリント
リネンにもウールにも合うブルーです。


Img_1265_1292x1800

【コットンプリミシマのパフスリーブTOP】
今回は大活躍のプリミシマです。
毎回白地のままでベーシックなTOPを少しずつつくっています。
今回はサイド開きのパフスリーブ。
割ぽう着のようなネックのギャザーながら
ボトムに合わせやすい比較的小さなシルエット。
Img_1270_1800x1520
【ソフトリネンクロスのカッチオリジナル】
上布のような真っ白いリネンは
カディコットンとともに夏には最良の素材だと思います。
こちらはソフトなので着心地も爽やか。洗い立ての気持ちよさを。
Img_1316_1800x1423
【マディヤプラデーシュ産タッサーストライプのタイチュニック】
2年前にも使ったインド、デカン高原の近くでつくられている手織り。
手の込んだ織糸の一部をインディゴ染めしたドビーストライプは、
一見おとなしい印象ですが個性豊か。
ステッチ糸をコンビネーションにしてポイントにしてみました。
これとカラーズのボトムなどいかがでしょうか??

Img_1322_1567x1800
【カディコットンストライプ&バリシャンブレーのBIGパーカ】
春先につくったパーカです。
昨年から使っているカディのストライプ。
厚みと柔らかさのバランスから今回も裏つきのしっかりした仕立ての服に。
Img_1227_1800x1548
【ミドルワッシャーリネンのBIGパーカ】
こちらはフルシーズンのパーカ。
この秋からもっといろいろ活用していく予定ですが、
これまでご縁が薄かった40番手の高密度織りがマニスにもやってきました。

40番手はリネンの良し悪しのちょうど真ん中にいるように思いますが、

打ち込みが強い高密度織になるとふだん繰り返し着る服には最強?

まずは生成からスタート。

Kd2_1800x1591
【バリハンドバティック・ブリッジチェックのワーカーズドレス】
Harumanis定番、バリのバティック「ブリッジチェック」で、今回はワンピ。
模様がズレていびつなところが、何とも言えない味(笑)。
手作り感がおもしろい!
黒のみ。
Img_1457_1601x1800
【バリハンドバティックドットのシングルドレス】
今年も水玉あります。
今回は、ちょっとスリムに大人っぽいノースリーブで丈長のワンピ。
シンプルですが、ダーツがしっかり入った立体的な大人の服。黒のみ。
Img_1255_1214x1800
【トゥバン手紡ぎコットンバティックの空手パンツ】
ジャワ島トゥバンの手紡ぎコットン。
スカートと同じ柄ですが、布が違うとおもむきも変わってきます。
こちらの布は両端がネガポジ反対になっていて、
パンツに仕立てるときにその一部が左右のどちらかに入るように配置しました。


Img_1408_1567x1800

【コットンキャンバスバティックのイカットスカート】
おおらかな柄が新鮮なBatikPejengの新作です。

インディゴに爽やかな白抜きと、ソガで茶を入れた2配色。

広幅のキャンバス地に敷物用に染められたものですが、1ピースから何とか3点のスカートに。

そのため3枚のうち1枚ははぎ合わせが多いつくりです。

デザイン的にも贅沢に2着だけにしたいところでしたが、それだとお値段もかなり高くなってしまうので、バギバギ(=分け分け)しました。

Img_1468_1800x1493

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて、それではこれにて予告は終わりです。
明日からの3日間、フラスコさんにて
皆さまとお目にかかれるのを楽しみにお待ちしております!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


|

« | トップページ | vol65・作品展ありがとうございました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« | トップページ | vol65・作品展ありがとうございました。 »