« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月10日 (日)

春マニス 2016

皆さま、今週末でお正月休みもそろそろ終わりでしょうか?

1月8日はマニス京都事務所の仕事始め。

岡田さんと山本さんが引き続きいろいろ事務処理をしてくれています。

バリスタジオも

年が明けて、新しい服が少しずつ出来つつあります。

日本の寒さはもう少し行きつ戻りつするのでしょうか。
予想された通りの暖冬ゆえに
私たちも早速春の服を準備中です。

その前の、冬最後のシリーズは、スノーホワイト風。
ダークカラーをなるべく我慢した冬でした。
以下、順を追って投稿します。

まずはATELIER MANISのベーシックシリーズから。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

シェットランドウールリネンのシリーズ

年末から各委託店で並べていただいています。
生成色のシェットランドウール・リネンの薄手生地のシリーズ。

MIX調のナチュラル感ある生成。
タンスの中のダークカラーに、是非合わせてみていただきたい生成色。
スモーキーなウールの生成は今までありそうで無かったシリーズです。
大きめのタックがイレギュラーに入ったレイヤーなトップは
シェットランドウール80%、リネン20%のふわふわ素材。
中にいろいろ重ね着もいいし、
袖が細身なので上からダウンも羽織れます。
Img_0365
同配色のパンツは
シェットランドウール50%、リネン&ラミー50%ほどの混率のカルゼです。

定番のインドパンツ、またも。つくっています(笑)。
着心地と季節感のため裏つきです。

Img_0367
同じカルゼでこちらも定番パンツ(笑)。
ゆったりサイズのブルマーパンツ。
こちらも二重縫いの裏付き。

Img_0371
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スノードット・バティック&ライトグレー・リネンのシリーズ

そしてこちらは2016春の服。
上のウール混素材の服と組み合わせて着ていただけるようなタイプの
スノードット・バティック&ライトグレー・リネンのシリーズです。

スノードットというか小雨ドットというか、
そんな感じの細かいドット柄。

国産の上質な薄手コットン地にうすあずき色のような背景色で。
コートのような長めの丈のチュニックを。
ブラウス感覚のこのデザインは季節を問わず重宝すると思います♪
Img_0381
うすあずき色とライトブルーグレーの2色のリネンにて
いつものパンツです。
ツイストパンツ。
裏無しで、春から夏までオンタイム。
脇縫いのないふんわりとしたシルエットです。
Img_0389
スノードットをコットンボイルに。
少し透け感のある薄手コットンは、
ボタンがゾロゾロ&たっぷりギャザーのバロックチュニックと呼んでいる形で。
手仕事によるハンコ押しのような防染の方法でつくられるバリのドット柄。
不均一な手仕事感がプレーンな生地に生きています。
Img_0384
上のブラウスと同じドットを裏地にして仕立てたリネンのマウンテンパンツ。
軽やかに出来上がっています。
裾をロールアップしてハーフ丈で履くのもいい感じです。
Img_0390

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
インディゴ・リネンのシリーズ

Khadimanisでは2016年も早速インディゴから。
さわやかな春のインディゴブルー。

写真のものはまだ仕立てあがったばかりですが、
水に通すとナチュラルなシワシワ感が出てきます。
逆光だと少し透けるくらいの薄手のリネンです。
こちらは昨年ウール用にパターンをリメイクしたカッチ風TOP。
ギャザーがたっぷり入った民族調のカシュクールです。
1サイズですが、袖幅をゆったりさせています。
デザインの元は
インド西部の砂漠地域カッチの男性用のブラウス。
オリジナルは袖の幅がとても狭く、袖の丈もとっても長いものを
プッシュアップして着るんですよ。
以前から研究を深めているカッチ服ながら、相変わらず謎が解けないまま。
Img_0405
写真の色がちょっと違って見えますが、同じ生地です。
こちらはボタンがズラッといっぱいついた「バロック・チュニック」。
たっぷりした身幅の余る部分は、脇につけているストリングでキュッとできます。
ボタンは全部を留めず、飛ばし飛ばしでユルッと着てみてください。
春らしい雰囲気に出来上がりました。

Img_0401
その下のパンツは、やはりリネンで
ブラウスの生地より少ししっかりしたもの。
ボトムとしてのしっかり感を、と
薄手のバリシャンブレーと二重縫いして、季節を問わず着ていただけそうな
仕上がりです。
ブルマーパンツと呼んでいる
細かいギャザーで分量を出した八分丈の定番ボトムです。
Img_0399
パッチワーク。
今年はますます極めていく予定(笑)。

同じくインディゴですが
こちらは昨年までしばし使ってきたジャワ産のオーガニックカポックのハギレで。
同じ布で同じように染めていてもいろんな顔がありますね。
手つむぎで厚手のコットンのせいか
接ぎ合わせのあと、縫い代が立ち上がり落ち着かないので
細く抑え縫いを入れてみました。
なかなかの出来栄え。
Img_0396


以上の服たちは
1月下旬からtoko manisとマニスお取り扱い店舗にてご覧ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (0)

2016年1月 5日 (火)

12月のフロムバリ その3

きくよさんのFB投稿で、日本ではもう桜が咲いているとか!

そんなに暖かいのでしょうか??

バリもここ10年年末年始と言えば雨期まっただ中で降りっぱなしなのに

今年は晴れが続いています。

観光客の方々にはラッキーな晴天だと思うけれど

このまま乾期になったらバリは相当深刻な水不足になりますよ。

(そういうことにはならないとは思っていますけれども!)

では、2015の続き。イキマース!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日の話題は順番がいくらか遡って、クリスマス翌日です。
マニスのバリショップの斜め向かいに少し前にできたレストラン「ロカボレ」は、
ウォークイン不可。
インターネットで予約が必要というUBUDながらややこしいお店。

たいへん人気らしく、どんなお店なのか一度行ってみようと息子と。

10月上旬に検索したところ10月の空席は1つだけしかなく
11月は帰国だったので12月の空席から26日の夕方の席を予約してみました。

「当日キャンセルは60ドルのデポジットをいただきます」、って、厳しい条件の予約です。
トリップ・アドヴァイザーでもかなりの人気らしいし、
値段も高いらしいし。
クリスマスくらいにしかチャレンジできないでしょ?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
まったく予習のないままの私と息子。(笑)
ローカルはもちろん我らだけ、って雰囲気。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

うむ。草の葉っぱで〆てある筒はめにうだな。
そうさ、それくらいのことは知っている(笑)。

Img_6906
めにうには出ていないが、突き出しのようなものかしら。

チップスとバター。それと、草を生けたような花瓶。

アラカルトはなく、7種類または5種類のコース、オンリー。
5種類のにする。

Img_6907
その次に、給仕が何やら持ってきた。
黒い石の上に緑色のクラッカーがひとつまみ。

目が悪いものだから、黒い石の方をつまみ取ったら「違います!緑色の方を取ってください!」、って叱られた(笑)。
同伴の息子は一人でチップスをさっさと平らげ、早くもコークを飲み干す。
(おいおい!)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その次に出てきたのは、ブラックライスの上に
葉っぱの傘をかぶったピンチョス。

Img_6912
傘を外してみると
ブイヨンの効いた濃いめの味の塩味クッキーに、野菜のムースでした。
傘ごと食べるように指示されたので(笑)
傘を戻していただきます。
写真が暗くて恐縮です。
Img_6913
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まだまだ突き出しの最中です。
めにうには出ていないものがまたも出てきます。

この離乳食のようなものは、おろしたチーズをカリカリに焼いたものの中に
マッシュポテトとグリンピースが隠れてる。
こんな見た目なのに、香ばしい!

Img_6920

最初にチップスと共にテーブルに置かれた花瓶ですが、
怪しかった。
生け花としては実に怪しい。
これも食べるんだろうか、と、ふと思った。

そしたら。

離乳食の後に給仕が、スプレーを持ってきて
生け花に吹きかける。

「バルサミコ酢です。これは野草のサラダです。どうぞ」、って。
はは~~ん。やっぱりね。
息子、「何だよ、そこらへんに生えてる雑草じゃん!」。
そうだよ、そこが面白いの!!
「いらね~」、という息子の分もここは引き受ける。
Img_6917
お次もまだめにうの外。

Img_6915

なにこれ、土ですか???? 植木鉢にしか見えません。
「フォークを引いて下さい」、といわれ、

不信感いっぱいで言われたとおりにすると、何だ、シイタケ(笑)。
ビネガーが効いているやさしい味。、見た目にぞっとした分、ほっ!

これでまだコースが始まっていないというのだから。
もう面白すぎて(しかしゲラゲラ笑えない雰囲気だし)当惑。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1番目(5つのうちの1つ)がやっと出てきました。

エビの前菜。
皿の虚空に、コンセプト感じます。

それにしても虚空。(笑)
甘くフルーティな仕立てのエビ。
レモンバームの葉っぱ添え。
クルトンがカリッと。

蒸してホコホコ、エビの味しっかり凝縮。
それにしても皿の…。

Img_6922

そういえば、パンが食べたかった。

思ったところに出てきました。

サワーブレッド。

バターの代わりに3種類のオイルベースのパテ。
手前からローカル野菜のクマンギのタプナード、パッションフルーツのタプナード、チキンレバー。
Img_6921
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
おお、そして、まだまだメインは出てこない!
いたずら多いっしょ~?
肉ではなく、魚が出てきた。

昆布、大豆の炒ったもの、いろいろキノコ、昆布、と、白身魚。アワアワのバターソース。

Img_6926

実のところ、かなりおいしい。

この店が予約でいっぱいってすでに了解。

本番がまだだって事でまだ酔えませんよ。

一つずつの盛り付けが小さくて、懐石風ですね。
懐石にしては大盛だけども。

前菜の部の忙しさにひとまず圧倒されっぱなし。

(当たり前だけど満席の)店内が案外おとなしいので
私たちも何となく、ワ~~、とかキャ~、とか騒げません。
面白いけど我慢しっぱなし。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

メイン始まりました。
まずは、ポークの部。

ポークのベーコンと何やらクリーミーな内臓がひとかけら。

相変わらず、皿の虚空が続いています。

フルーティな赤キャベツの甘辛ソース、酸味も加わって美味。
マスタードの葉っぱ添え。

カリカリとぎゅうっとした感じと、ソースの甘辛酸っぱいのと、葉っぱのフレッシュ感。

いろんなおいしさが小さな世界に詰まっています。
Img_6927

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お次はラムの部。

(7種類コースだとこの間にもう2種類出てくるらしい(!))

ラムのお皿も引き続き空虚、

茶色の方はキャラメリゼ。

アワアワの方は、レタスのバターソース。白いカブみたいなバンクワンという根菜を重ねて
その下にやわらかなローストのラムが。

Img_6934Img_6935

肉の部は私の分も引き受けてくれるので助かりますことよ。

Img_6930
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

メインが終わって、

もう帰りたくなる息子に、新たなる希望。

デザートの部。
パッションフルーツのカスタードソースとメレンゲ。

Img_6937
さっさと次が出てきます。

ホワイトチョコのジェノワーズ、ほぐしたアップルパイ、ラムレーズンのアイスクリーム。

結構大ぶりなカップにたっぷり、ボリュームたっぷりながら全体がふんわりとしていて
思わず一気にスル~リ。怖い!

これはメニューに出ていたもの。「私のお母さんのアップルパイ」っていう事だったので
てっきりアップルパイだと思ってました。

実際にはクリーミーなパフェ!

Img_6938
まだまだ続々と出てきます。

大麻のような匂いとともにやってきたのは、鳥の巣みたいなもの。

大麻のような草をあぶって、その上にチョコレート。

右はアーモンドベースのマドレーヌみたいな焼き菓子クリーム添え。

Img_6940
スネークフルーツのシロップ漬けとアーモンドのクリーム。
ひとさじずつ。
Img_6942
クローブと共に。玉子の殻にアレンジされたクリームリキュール。
もう一口も入らなかったので、味見すらパス!

Img_6944
最後の最後は、濃厚なホワイトチョコレートのクリームをサンドしたドラゴンフルーツのオレオ。

Img_6948
最後の方のデザートはお持ち帰りさせてもらいました。
バリの旬の食材を使って、面白く楽しくいろいろなデザインのお料理とデザート。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なーる。
服ではなく食が、今のクリエイティブの第一線。

改めてワクワク楽しみました。
ちょっと刺激されてしまった。

しかし
時代は移ろうけれど、仕事は移ろわないでいよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今年も相変わらずじっくりと布に触れて
布からの楽しさを引き出していきたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
仕事始めですね。

皆さま、今年もよろしくお願いいたします。(^^ゞ









| | コメント (0)

2016年1月 3日 (日)

12月のフロムバリ その2

新しい年が始まりました。

バリスタジオは、すごいな、休みなく続行中。
(2月にバリ暦での休暇が控えているためなんです・泣)
こうも切れ目がないと、新しい年っていう実感もあんまり沸かないのですが

自分は友人のお店からテイクアウェイおせちで一人こっそりお正月しました。

Img_7052

皆さまはどんなお正月を迎えていらしゃるでしょう?

12月のバリについて、まだいろいろありますので
順次アップしていきたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

前回はお悔やみの話題でしたが、今日はハレのお話しです。
……同じ月にいろいろあるもんです。

しかも師走。

人も犬も亡くなったと思ったら、今度は結婚式です。
バリスタジオを10年前に建てて以来いろいろお世話になっている地主さん。
バリ人としてはかなりおとなしいタイプの方で、いつも安心な空気をいただいています。

このたび、地主さんの息子さんが急きょ婚礼を挙げるとのことで、そうとなると、バリヒンドゥの中でお葬式に続き2番目に重要な成人式もやるってことで、大層大がかり。

まずは、バリのしきたりに習ってご挨拶に行く。

お米2キロ、お砂糖半キロ、コーヒー二袋、お線香。以上のものをカゴに入れて
帽子のような蓋を乗せて持っていく。

写真は戻ってきたところ。

お返しはここではいただかないで、カゴを戻してもらいます。

Img_6902_2
カゴの中に新聞紙が敷いてあるのは、お米がカゴの隙間に入らないように。

ベレー帽のような蓋が習慣的に必須。

今どきは砂糖をたくさんもらっても困るだけなんじゃないかと思うけれど
(何しろ村中が持ってくるから、お米だけで100~200キロになる。お砂糖も何十キロになるはず……)
コーヒーだって、もらった分を飲み切るのに一生かかりそうな量ですが、
このご挨拶の内容は今もって変わらないのですねぇ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

地主さんの家では着々と準備が進められています。
出来立ての米粉の飾りものが日陰で干されていました。
これ米粉でつくった飾り物です。
一体どれだけの染料を使っているかここは想像しませんが(笑)、
色彩のセンスにノックアウトされてしまいますね!
パーツごとに作られて、最後はミニチュアのストゥーパになる。

Img_6901
ご挨拶の翌日。

お裾わけがやってきました。ラワールと呼ばれるもの。

手前の赤いのは、豚の血です。
大事な儀式の為に生贄にされた豚さんの。

肉の部分は串で焼いて、聖なる生き血を和え物にして
近所にふるまうのです。
分家の我が家にはあまりしょっちゅう来ないものですが

久しぶりに来ました、レアなラワール!
しかし、こういう料理を今どき食べれるバリ人も少なくて。w

Img_6953

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

儀式の当日。

成人式は朝6時から。結婚式は午前11時から。レセプションは夕方6時から。
バリなのに、どれも時間ピッタリに始まって、皆でビックリ。
3回とも、時間を読んだため出遅れた私(笑)。
左は豚さんの脂身で作らたお寺。
真ん中はフルーツのお供え物。右はあの米粉の。


Img_6969
結婚式を挙げるカップルと、その家の娘さんと、3人が一緒に成人式。
まず、朝の部。
成人式とは、歯削りの儀式。
こうやって本当に歯を削ります。
上の犬歯の尖っているところを削るのです。
Img_6963Img_6965

下は昼の結婚式の儀式。
ピンクのクバヤに
お、いい布ですね。思わず目がいっちゃいます、お母さんのサロン。
お母さんが肩に手を置いているのが息子さん。

私には分からない、一つの疑問、結婚式の部でお嫁さんと娘さんが並んでいる。

Img_6984Img_6992
座る順番はどうでもいいのだろうか、お寺での儀式のあとは
今度は息子さんが真ん中に。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
夜になってから、披露宴。

豚さんのお供え物が夜の光の中で半透明に輝いています。
ラワールが血ならこちらは脂身からつくる。
儀式のための聖なる供物。
手前の幟と右の傘は、良く作ったものです。

Img_7020
残念ながら、スタッフたちと参加したレセプションの写真がこちらに取り込みができません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そうそう、

市場で売っているカラフルなクバヤ。
今回の結婚式では
流行のクバヤで着飾った人がたくさんでしたね。
あんまり装飾的なのは好みではないけれど、
近いうちに一度着てみたい!
Img_6951

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
では、また続きま~す。







| | コメント (0)

2016年1月 2日 (土)

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。
2016年、始まりました。
今年も布と対話しながら
じっくり深い仕事をしていきたいと思います。
今年の年賀状は、服を作る際に1着ごとにつけている「オーダーシート」の見本生地。
オーダーシートは事務所である程度保管した後に
定期的に破棄していますが
岡田さんが布の部分だけを外して取っていてくれました。
ここまで小さなハギレだと
くるみボタンくらいしか作れませんが
並べてみると
こんな小さな布たちがみんなで楽しくハーモニー。

2016年も布たちと響きあって行きたいと思います。
皆さま今年もどうぞよろしくお願いいたします。

2016nenga_sale

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

12月のいろいろはまた追ってアップしていきます♪

| | コメント (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »