« 作品展明日まで | トップページ | 初めましてのtoko manis special@京都 »

2012年11月18日 (日)

作品展ありがとうございました。

2日前にバリへ戻りました。

今回は7か月ぶりの作品展、はじめてのジコンカさん。

はじめての京都からの搬入で忘れ物もたくさんでしたが、

「器屋さんだから」ってあえて持っていかなかった花器。Photo_2

でも、やっぱり生きたものが欲しいなぁ、とぼやくと

お庭からこんなかわいい鉢植えを貸してくださったり。

大変お世話になりました。

そして。

遠方から迷いながら来てくださった皆さま、

お仕事のお休みまで工面いただいてお越しくださった方々もいらっしゃって

本当に深く感謝しております。

わたしの道案内が足りずにお迷いになった方が多く、大変申し訳ありません。

東京での作品展は今のところ、来年も2回、ジコンカさんで開催の予定です。

次回はぜひ限定カフェも、と、企画中。

これに懲りず、皆さままた次回も是非お運びくださいますように。

ますます楽しんでいただける作品展を目指していきます!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


こちら、作品展前日、設営のときの一コマ。

10月にバグルーで購入したブロックプリントをその足でアーメダバードへ持って行って、無理を言って特急で仕上げてもらった「カッチブラウス」が、ジコンカさんへ予定通りに直送されてきました。Photo_3

箱から出すと、

箱とおんなじ形で出てきた服の重なり具合に

普段はとっても静かな京都スタッフまゆこさんが

思わず「クククク」っと笑った。

確かに、可笑しい。

かわいい、いとおしいかたち。

インドからの熱意がそのまんまかたちに。

バグルーのブロックプリントがクウネルに出ているよ、ってお客様から教えていただいて

(全然知らなかった~~~)

その布でつくられた服がこんな形で出てきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今回は家で一度もご飯を炊かずにほぼ外食に尽きました。

これに反省して昨日はPhoto

一日プチ断食。

きょうも普段の半分だけのごはんで調整中。

京都では近くに

気軽に入れて安くておいしいお店が

たくさんあるのでつい。

東京では、時間が中途半端だからと、ついつい。

京都の場合、ひとりごはんはこんな感じ。

おばんざい文化バンザイ(!)、コンビニ要らずの充実ごはん。

…、で、ついつい、食べすぎるわけです。

まだまだ“はじめまして”な京都です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

話しが前後しますが、

京都から東京へ向かった11月8日。Photo

早朝出発で「窓側の空席は1席のみ」という滑り込みセーフながら

その窓際で早速爆睡。

ふっと目覚めた折、車窓には、

お久しぶりな富士サンが。

おっと、カメラ、間に合った!

そして再び爆睡という幸先の良い朝なのでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

作品展が終わった翌日。

浅井恵子さんが「musuburiさんを見に行く」というので

勝手にご一緒させていただくことに。Photo_2


だって、ほら、お師匠さまだから。

(いえいえ、実はほかにもいろいろと手前勝手な諸事情が……。)

それにしても。

とってもお久しぶりな長谷真由美さん、

会場のcontextさんがこの方の展示には本当によく合っていて。

次から次から入っていらっしゃるお客様のゆるやかな流れもステキでしたし、

久しぶりに拝見したmusuburiさんの布は新鮮でステキでした。

思いつきで、京都toko manisでもいかが?って伺ってみると

いいですよ~、って。

うわぉ、これは楽しみ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところでみなさん。

京都では、

10月にオープンした元恵文社でお勤めだった椹木さんのお店kitが目下話題になっています。

私も流れで2回ほど、いや3回か?Kit

1週間ほどの間に行かせていただきました。

何しろマニス@京都とは徒歩10分圏内。

モリカゲシャツさんの向かいという

とっても分かりやすい場所でもあり。

ついつい寄りたくなっちゃうのは、

ロケーションだけではありませんよ。

居心地の良さ。

古い洋品店をほぼそのまま使っている自然さに

安心感。

私たちの大好きなものたちが心地よく揃っていて。

店内の一角には、渋好みな韓国コーナーが。Kit_2

椹木さんのサイトによれば、

「李青喫茶 李青」は1988年に高麗美術館を創設した鄭詔文氏のご家族である、鄭玲姫さんが運営されているお茶屋さんです。……ご縁あって、このたび李青店内に設置されている図書販売コーナー「李青文庫」をKitの一角にも作っていただくことになりました。美術書を中心とする古本のほか雑貨、食品も販売していただきます。

http://kit-s.info/news/ncats/%e5%ba%97%e8%88%97%e6%83%85%e5%a0%b1

……とのこと。

こちらでは「三食」(サムシク)本来の発音はとあえて呼ぶ韓国のオーガニックな食材、特に干し菜を販売しています。

「干し菜は基本的に水に戻すだけ。保存食として長持ちするし、干すことで栄養や甘みがぐっと増すので常備菜を作るのにも手軽で、なにせ美味しい。ほんの数十年前までは韓国でも食糧難の時代が続き、米不足のため干し菜や豆などを足してボリュームアップさせていました。貧しい時代の知恵ながら、結果的にはエキスがしみじみと染み渡る美味しい料理が出来上がりました。忙しい時でも、ご飯と栄養たっぷりの菜とスープがあるだけで元気になります。そんな素朴なご飯が好きです。」って。こちらもサイトからの引用。

http://kit-s.info/news/ncats/food

これから楽しみな企画展もいろいろ。

今後京都へ行くたびに通い詰めることになるでしょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最後に。Photo_3

今回作品展の最終日、

皆さんに許可をいただいて

国会議事堂前、首相官邸前周辺でおこなわれた

「11.11 反原発 1000000 人大占拠」に

参加させていただきました。

直前まではっきりした情報がなかったので迷いましたが、いざ。

午後3時半、雨が降り出した桜新町を出て地下鉄で。

ジコンカの西川さんも「一緒に行きます!」って

賛同してくださいました。Photo_4

作品展の撤去前の2時間、

10万人規模の大集会を練り歩きました。

3.11から1年8か月。

たくさんの人たちが全国から集まっての抗議行動。

田中康夫さんが個人的に配られている白い風船をもらって皆で平和を祈ります。

これからの日本が本当の意味でしっかりと前を向いて歩んでいけますように。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次回は

12月6日からのtoko manis@京都での初イベント、

浦田由美子さんのフェルト展に合わせて帰国します。

皆さま、初冬の京都へも是非!

|

« 作品展明日まで | トップページ | 初めましてのtoko manis special@京都 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 作品展明日まで | トップページ | 初めましてのtoko manis special@京都 »