« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月28日 (金)

1月のつれづれ

先日マニス事務所にて開催のtoko moanis ミニ市場“pasar kecil”にお越しくださった皆さま、ありがとうございました。

初めての方も久しぶりの方も、小さなマニスの事務所にぎゅう詰めになっていただいてしまったようで申し訳ありませんでした。しかし「満員電車状態」は、toko manisにおいては、もう「いつも」のこと? わたしは日ごろからラッシュアワーに縁がない上、今回欠席にて、遠くバリから恐縮しておりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今月は私、子供の学校のチャリティーの催しに人手として借り出されております。日本語補習校の方はボランティアもあるので以前から時たまお手伝いがあったけれど、メインの現地校の方でのお手伝いは今まで逃げ回っていたので今回はじめて。

何をしているかといいますと、人手というよりは足(?)の数を足すための。PTAのイブイブ(お母さんたち)で催しの時にダンスを踊るのでその頭数を足すため。で、私は、毎週2回、朝8時半からのサヌールでの練習に参加中。Photo

写真はその先生であるYさんが指導しているダンスソサエティーの発表会でのもの。振り付けも衣装もかわいい創作ダンスで、バリのケチャをレゴンではなくちょっとフラっぽい動きでアレンジ。写真が、また、ひどくてすみません。

ふーん、なかなか。見ているのは一向に構わない、というか好きですけど、えー、こういうふうに人前で踊るの? …と、思うと、愛想良く「OK」したことが後悔されます。だって、ほら、知らなかったけど、メイク濃いし、ハイヒールもはかなきゃいけないんだよー。目の上は婚礼の儀式以外に塗ったことないし、眼鏡ないと見えないし、靴はオーロラかオールスターしか履かない私って、間逆。

今週はタンゴを練習。練習だけだったら、結構楽しいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先週、食通の某友人とcafe clearというところで待ち合わせ。入り口手前にベンチがあったので「じゃ、ここで待ってよう」と腰掛けると、目の前にこんなものが。Photo_2

柱のように見える2本の足は中はコンクリートで何かの古材でぐるっと包み込むような感じになっていて、その上に、まな板(コンクリート)にはめ込まれたどう考えても大きすぎる石が。

これ、何だ? 飾り? 何かのシンボル? 石からは芋の葉が無造作に葉を広げている。

でも、店内は結構いっぱい人がいる。ガイジンはこういう感じの店で朝っぱらからネット見ながら難しい名前の体に良さそうなジュースを飲んだりしているんだなぁ。私もジャムーみたいな黄色いものを飲んだ。友達はローフードのスープ。Photo_7

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こどもたちの間で少し前に流行ったもの。

これはアルファキュービックに似ているが、三角形同士のジョイントが180度動くことでいろいろな向きに曲げることができるパズルというよりはブロックのように何かのかたちにつくるもの。

Photo_5

上のは左3回右端1回だけ折ってつくる簡単な「へび」。

真ん中は「お花」。

下のは?

一頃DS漬けになって心配だったうちの子供も、今はこれを片手にいつも何かつくる方へ転向してます。Photo_8

ところで、このトイはジャワ人が発明した、と言われていますが、確かに輸入品が多い高級なおもちゃ屋には売っていなくてローカルなスーパーだったりする。

日本にはまだないですか? 

大人の暇つぶしにもおすすめです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今週は雨が夜中だけのことが多かったので助かりました。

昨年末、地元新聞バリポストにこんな記事が載っていたそうです。

バリのどこだかで先日、子供が生まれたお母さんのお話。生まれたばかりの子供がいきなり大人の男性のような声で訊ねた。『水か火か』って。驚いたお母さんははうろたえながらも、火よりは水のほうがいいように思って、『水』と答えたそうです。そして生まれたばかりの子供は間もなく亡くなったんだそう。……

そういうわけで、今年は雨が多く涼しいんだそうです。え? 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

また来週!

   

| | コメント (2)

2011年1月15日 (土)

日常に戻って

今週は何となく長かった。子供の学校がフルで再開して久しぶりの早起きのせいでしょう。そしてやっとPCが直りました。「新しいの買えば?」と周囲から言われながら、7年生のダイナブックをあの手この手で蘇らせることができました。

でも、形はおんなじで別人になっちゃったみたいな印象なんです。

ハードディスクを交換した上、修理店で簡単なWindowsを入れてくれてしまって、それが入れたら外せないものだったそうでつまりは日本語の入っていないものだったから、別の店で日本語変換を加えてもらう。ひとまずメールは問題ないんだけど、キーボードのキーと文字の位置が前と変わっちゃって慣れるまでしばし辛抱なのだ。

Windowsのインストールはすごく時間がかかり、雨のデンパサールで子供と4時間待ちぼうけ。時間帯的に用事のある店はもう閉まり、雨だったしで運転のDedutが「RAMAYANAへ行ってみたら?」と提案してくれる。

ボーリング、カラオケ、ゲーセン、タイマッサージなどおよそ時間が潰せそうなものが広い建物内に入っていて、食堂もなかなか良さそうだったんだけどお腹も空いていないし、ボーリングもカラオケもする気分はなくて。Photo 仕方なし文房具屋と本屋に長居して(何も買わず)、はぁー、我々親子はなんてつまんない人種なんだろう。もっとこう……、どこにいてもちょっとの時間を縫って楽しく過ごしたりできないものなんだろうか……。

結局建物からは出て近くの通称バリのアキバ・家電街をうろつく。お菓子屋さんで長く入り浸ってエステレールを飲んだり、食べたことのないお菓子をいくつか買ってみたり。雨が上がって夕方でサテやミーアヤムの屋台が昔からほとんど姿を変えずに存在していることがなぜかとても嬉しくみずみずしい気持ちになるのでした。

さて、年が明けてもバリ制作部、ひとまずニギヤカなものが多いです。

しかし予定ではこうしたニギニギしたものと対照的な濃い目の色のベーシックが久しぶりに増えることになっています。Photo_2 このピンクの生地たちは全員フロムインドですが、買ったお店はそれぞればらばら。昔のお母さんのブラウスみたいな柄のものが多くて微妙なかわいさ。一緒に並べるとインパクトもあります。

そういえば、先日我ながらびっくりの衝動買いがありました。チモール・イカットのブランケット。イカットは、服には多少使って来ましたが、更紗派の私は最初からイカットにピンときたことが一回もなかったくらい。でも、いいんです。これ。何度見てもいい。不思議です。

ロンボクに住んでいるスディルマンおじさんという人がバリへいろいろコレクションを持ってやってきたのを見せてもらったのが事の始まり。ロンボク、久しぶりに行きたくなってきました。

| | コメント (0)

2011年1月12日 (水)

あけおめ

もう1月も2週間近くたってしましました。

大晦日の朝パソコンが起動しなくなってしまってそのままお正月を迎え、新年は早速PCメンテショップへ。あの手この手で今まだ復帰できていないためきょうは取り急ぎインターネットカフェから失礼いたします。かれこれ7年も使っているPCなので何となく時期かなとも思いつつ、直して使えるならと粘っているところです。

遅ればせながら、皆様、謹賀新年ですfuji

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

大晦日は警察も黙認とのことでバリ人に火がついたばかりの「花火」が夜空にたーくさん打ち上げられましたbomb

去年もニュピの前などにドカンドカン聞こえていたけれど、今回の晦日はすごかったです。何しろ、夕方から大雨。そのちょっとした小雨時に一斉にどかーんどかーんannoy。カウントダウン直後は王宮前の道路でドカンドカンannoy。そうするとです。車はその間通せんぼ。さすがUBUDの王様ですねthunder

新年も雨が続いていますがrain、今年は昼間でも27度くらいで涼しくてらくちんです。ちなみにデリーは今とても寒いそうで最高で14度最低4度ですって。想像がつきませんが。

さて、新年のマニス。

今月はtoko manisのミニ市場「pasar kecil」があります。

10年ずっとキープしていた試作や縫い見本の服、ちょっと難あり服、サイズばらばらにてサービス品、作品展で使った飾りなどがパサール(市場)みたいにいろいろごちゃごちゃ楽しく並びます。お値段も楽しい2日間となる予定。詳細は近日中にまたブログ&お知らせに掲載します。

| | コメント (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »