« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月22日 (月)

先週アップしたかったブログが都合によりまだアップできていませんが、きょうは今UBUD MUSICⅡのインターネットから文字だけのお便りを。

そうなんです。今までは「時々駄目、でも、そのうちまた使えるようになる」わたしのダイヤルアップ式が、本格的に接続不可能に。いまどきフリーのダイヤルアップなんぞを使っているのもきっとワタシだけでしょう…。今週IM3というネット接続に変える予定です(うまくいくといいけど!)。後、余裕あれば先週分を入れます(希望的予定)。(^-^;

何しろ今回は3週間だけのバリ。

先週は検品だけでほとんど終わってしまって、その間に犬が生まれその母犬が死に、子供のクワガタが逃げそれがまた見つかり、子供が冬休みで連日いとこがうちに来る、などなど。あらっ、もうクリスマスの週に入っちゃいました。

今年は早めにクリスマスツリーを出したら、そのせいかどうか分かりませんけれど、あちらこちらからプレゼントがどんどん集まる。集まる。クリスマスまで開けずに待つ、なんてお行儀のいいことはもちろんなく、既に開けられた包みがどんどん増えています。

去年は大人しく過ごしたクリスマスとお正月でしたが、今年は何しようかな? でも、なーんとマニスバリ部はクリスマス、大晦日、元旦も仕事なんです! ま、気持の問題ですから、仕事はあってもイベントは入れますよー。

皆様、よいクリスマスをお迎えください。

| | コメント (0)

2008年12月11日 (木)

キャラメル系

月曜日。

お昼前に近くの内科へ行った足で「楓」さんへ。表参道ヒルズの裏手を通って神宮前まで歩いて出かけた1日でした。Photo

お昼はふらっと入った『ル・ブルターニュ』というガレット屋さんでランチ。シマシマTシャツがかなりかわいいユニフォーム! ランチセットはシードルなどの飲み物とサラダ&いろいろチョイスが楽しいメインのガレット。一見シンプルながら、これだけでソートー満足。しかし、お隣の席の人がおいしそうなクレープをデザートに頼んでいて、何となく目がそそられ……。

 そうしたら、シマシマの店員さんが「200円プラスでデザートもお召し上がりいただけますけど?」って実にいいタイミングでやってきてくれました。

「はい、是非!!!」  ええと、シルヴプレ!!!

これまた豊富なチョイスの中からジンジャー風味の塩キャラメルソースかけをお願いしたら、うわ~っ、なんてシアワセな。

こんがり味でモチモチのクレープにバニラアイスとこの香ばしいソースは思いがけない高得点。もしやはやりではあるけれど、キャラメル系、焼きたて素朴なクレープとイケテマス! トーキョーの皆さんにとってはちょい寒の今の季節にありがちなめぐり合わせなのかも知れませんけれど、バリ在住のワタシにとってはインパクト。アリガトウゴザイマス。メルシーボクー。Photo_3

後。今月はじめに閉店した「ゆうど」さんへご挨拶に。ゆうどの今井芽さんにはこれまで本当にお世話になりました。今後はもっと自然がいっぱいの地域で再活動とのこと。芽さんにはお目にかかれなかったけれど、おみやげした「瑞穂の豆大福」をぜひ召し上がってくださいます様に。  

なぜなら、最近ほぼトーキョー音痴なワタシをSMSで「瑞穂」までナビしてくれたけろちゃんと松さんのためにも(かなり私情入り)。 ちなみに、瑞穂は前回作品展でゆり&えりちゃんから頂いて以来、マニス内でも話題の的。ミク系参加のmatahariさんからも「豆大でいちばんおいしいのは瑞穂!」と太鼓判いただいております。オヤツ系の皆さまには重要物件なのであります。

Photo_4 翌、火曜日は中野の某昆虫ショップへ子供に頼まれたものを買いに出向いた後、鎌倉へ。

鎌倉です。

来年初夏にとあるギャラリーさんにてマニス展を計画中という理由で、その下見に。

用事が済むとさっそくけろ情報のカフェ周りにも忙しく(?)。小町通からちょっと入ったヴィヴモン・ディモンシュというお店へ。これが、線路の近くながら地図を見ていくとナカナカ難しく、たどり着いたのは日の暮れる頃。6時までに事務所に帰らなきゃ、というのもあって、どたばたとした中メニューの中からワッフルのキャラメルソースがけに決定(え、だって、昨日からいたってキャラメル系ですから)。

全体が明るいオーラに包まれた、明るいお店。教えてもらわなかったとしても、カフェ好きなワタシ、通りがかりということで間違いなく入っていただろう。

店内いっぱいのお客さまでお忙しいのに、お店の方が、ご親切に「どちらから?」と聞いてくださる。「ええと、バリから来ました!」なんて超率直に答えちゃう。はしょり過ぎ。意味不明。お店の方、困らせてゴメンナサイ。ソーリー、じゃなくてジヴゾンプリ!

キャラメルソース、こういう重ね方でもかなりシアワセ。

つまりはキャラメルソースなのです。ボリューミーなワッフル、お値段もお手ごろではまります!

あと3日の日本でキャラメル系、あと何が食べれるかが気になるところです。

| | コメント (0)

2008年12月 7日 (日)

駆け足で週末、キーパーソン

マニス作品展&toko manisが終了しました。Photo

このたびもたくさんの皆さまにお越しいただき、皆で12月の忙しさの中ハッピーなひととき。本当にありがとうございました。

そうこうするうちに、私もまたバリへ戻る日にちがだんだんと迫ってきて少し慌てています。

何ていったって、今週は見たいもの&行きたいところがたくさんです。

写真は、実は作品展の前日。搬出の準備をけろちゃんたちにすっかりおPhoto_3任せして、私だけ午後の外出(スミマセン!)。

国会議事堂です。

千代田線でもよりの乃木坂から二駅という近さなのに、すっかりおのぼりさん気分。

小学生か中学生だった頃に遠足で来て以来ですが、どんなところだったかはトーゼン忘れていました。

西麻布近所でいつもいろいろお世話になっている神保さん(やまちょうさんの店長)のお誘い。スーパーの経営者仲間という人脈で自民党の安井潤一郎さんという議員さんの計らいで議事堂内部を特別に案内していただき、議員会館でいろいろお話をうかがうこともできました。Photo_2

バリにいると日本の政治のことはすっかり疎くなってしまいますが(うちは特にテレビも見なければネットもほとんど活用していない為…)、政治はともかく議事堂という建物の素晴らしさを再確認。こんな落ち着いた広大な建物は今からでは建てられることもないだろうな、とか、洋風趣味かも知れないけど細部に選りすぐりの日本の伝統技術が生かされて(その辺は撮影不可にて写真ナシ)、ナカナカ! 

最近は円が強くて日本を再認識することしばしばですが、日本の政治の中枢だってこんなに風格ある建物で。素晴らしいと思いましPhoto_4た。

議事堂内で人気は国会弁当950円~。

ちょっと人気落ち目は下のおまんじゅう。

さて、昨日はtoko終了後に京橋のギャラリーでスタートしたばかりの富田有紀子さんの絵の展覧会へ。富田さんはもともとけろちゃんのアート系お友達で、いまやマニスの「歩く広告塔」みたいなお方。キーパーソン。日本部ブログでも時折紹介されている「佐賀町」が拠点のアーティスト。最近ますますパワフルにおなりになって、会場は色彩とシャープネスで迫る果物のおしりにて大迫力!!!Photo_5

説明の不備は実際にご覧になってお確かめください……。

写真中央がその富田画伯。

私、この方の大きな絵画展が国立美術館で開かれているような夢を時々見ますの。何でかな?

その後、中央線に乗って西荻の「のらぼう」というお店へ。最近TTTからmusuburiと屋号を改め再スタートしたテキスタイルデザイナー長谷真由美さんのご主人さまのお店です。長谷さん、可愛くて個性的で気になっていたんだけど、最近ケッコンしましたっていうんでますます気になっていた次第。「のらぼう」は高山なおみさんの本でも紹介されているとのことで、そりゃ是非招待してよって、ゴーインにお願い(脅迫)して実現しました。1

揃ったメンバーもおもしろ人脈。SORAのたみさん&じゅうべえさん、現在フラボアのデザイナーののりちゃん、長谷さん。のり&長谷は八王子の某生地屋さんのつながり。のりちゃんは外人ハウス系のつながり。も~、ゴーカ。

そして、まぁ、このなんてすてきな食べ物たち。うつわといい、盛り付けといい、オーガニックで新鮮な食材の生かし方といい、素晴らしいじゃないですか、長谷さん&ご主人様!Photo_6

私たちはアラカルトでお願いしましたけど、「おまかせりょうり」は7品3500円(二人以上)なんていうのもあって、近所に引っ越したくなっちゃう。真面目に!

あまりにも寛いで、おっと危ない、終電ギリギリに。

きょうのブログはロングですよ。時間があれば、も少しお読みください。

きょうです。

日曜日。

久しぶりのフリーの1日なので、とくに約束を入れないでいたらコライユの靖子ちゃんから電話。マトリョーミンの講習会にキャンセルが出たとのことで、私とエイコさんが急遽参加させていただくことに。

先日パーティーで飛び入りいただいた相田先生に、早くも手ほどきPhoto_7を受けることになったんです。

マトリョーミンの仕組みやコツを説明いただき、実際に音を出して簡単な曲を弾く(?)ところまで。譜面が苦手でピアノが上達しなかった私にとっては「合っているかも」と相田先生。うわ、褒められちゃって(?)ますますハマってしまいそうですわ。

宙で手を動かすことで音を引っ張り出す様は、指揮者のようでいてもっと体感的かも。こんなふうに音を出すんだなぁ、マトリョーミン。

コライユでの講習会は月1回。ちなみに次回は1月10日とのこと。費用は1回3000円です。人気があるため興味のある方はお早めにお申し込みください。

後。Photo_8

マニスのDMやパターンブックでお世話になっているカメラマンの矢幡英文さんの写真展へ。

ライター時代に取材でご一緒して依頼いろいろお世話になっています。当時は沖縄通で沖縄取材といえばやわたんでしたが、最近は三浦半島がベース。今回のテーマは「城ヶ島」。パターンブックのロケも三浦半島ツアーでしたっけ。

残念ながらきょうが最終日。またの機会にみなさんにご紹介します。

カメラマンってお仕事の方には、私、いっぱい本人ポートレートを撮ります。ご本人には不本意な写真かと思うけど、世の中でいちばん本人の写真が少ないように思うから、おせっかいして。いつもステキなやわたん、いつもステキな写真をありがとう!

お次は、新橋行きバスに乗って六本木『21_21』へ。

六本木アドレスの裏手に出来たわたしらのお師匠三宅センセのプロデュースによる21_21にて、もとMDSの吉岡徳仁さんのインスタレーション展へ。

館内写真不可にて御免。Photo_9

イッセイミヤケのショップのデコレーションをはじめ、もはや世界的に知られた吉岡ワークの集大成で「セカンド・ネイチャー」というテーマです。吉岡さんがディレクションされて中川幸夫さんなど各界の著名アーティストが参加。

しかし、真っ白い展示室に「雲」というテーマで何万本ものファイバーグラスがランダムに吊るされた様は、圧巻。結晶化という現象を取り入れた生きた芸術作品にも心を打たれました。

三宅センセのネクストは、服を越えているなぁ。こんなお師匠に出入りできて良かったなぁ。

写真は建物の外側にしつらえられたクリスマス用のインスタレーションです。

| | コメント (1)

2008年12月 5日 (金)

フォーティーズ続行中

水曜日、木曜日。Photo

二日間のマニス作品展、たくさんの皆さまにお越しいただきまして

本当にありがとうございました。

神宮外苑のいちょうの眺めが見下ろせるICHYSギャラリーは、この時期とても混んでいて、2日間だけしかお願いできなかったため、今日から明日までtokomanisで同じ作品を展示中。きょうも雨の中皆さまお運び下さいまして、ありがとうございました!Photo_2

水曜日の夕方からはフォーティーズのパーティーでした。

コライユのお料理の“本番”はパフォーマンスを含めて本当に素晴らしくて。

ケータリング、といえばそれまでだけど、今回は、今の料理界のさらに先を行っているかも、と思いました。お金をたくさん払っておいしいものを食べること、食材にこだわったものを食べることは今や選択肢もたくさんあると思いますが、今回はそのときだけしかつくらない創作のお料理というぜいたくさが振舞われました。Photo_3

お母さんがおうちでつくるご飯も、時々、ずっと忘れないご飯というものがありますよね。10歳のお誕生日に食べたとんかつとサラダをずっと覚えているとか。

「そのときだけの」発想と思いがこんなふうな食べ物になるんだなぁ、と思うと、服づくりはかたちで残るものだから、もっといろんなことができるのかも、と深い思いをいたしました。

小川糸さんの「食堂かたつむり」を読まれた方には分かるかもしれませんが、お料理の持つ人への力って、独特のものがあると思うのです。Photo_4 Photo_6

まだまだ先があるなぁ。料理も服も。Photo_5Photo_9

近藤先生、靖子ちゃん、本当にありがとうございました。  Photo_7

会場ではマトリョーミン(=マトリョーシカのテルミン)の第一人者、相田先生に飛び入りの演奏もいただいて、大好評でした!

ところで、フォーティーズの記念に今回バリからタピスリーをひとつつくってきたんです。

前回秋のコレクションでハート柄のTシャツをつくって「AMAN MANIS」といPhoto_10うシリーズにしたのですが、その延長で“世界の言葉でありがとう”みたいなデザインを考えていたんです。40回も作品展を続けられて、これはもう、ひと言のありがとうしかないと思って。そのモティーフでは結局服にはなりませんでしたが、一枚のタピスリーが出来ました。

8月にバリのショップで急遽臨時の店番をしていたときに、えんぴつと消しゴム を持ち込んで何となく描き溜めた図案をそのまま刺繍&パッチワークにしたものです。ショップにいらっしゃるいろんな国籍のいろんな方の顔をもとに、写真などの参考資料はまったく使わずに印象だけでささっと描いたものをのべ20日間、貯め40ました。

その図案をチベッタンウールのいちばん気に入っていた残りにパッチワーク。

もっと時間があったらもっともっと加わったものがあったかもしれないけど、時間がなかったことからすっきりシンプルな出来上がり!

tokoは明日まで開催中です。

| | コメント (0)

2008年12月 2日 (火)

フォーティーズ準備中

先週土曜に帰国しました。

雨つづきのバリから空気が澄んだ冬晴れの日本に着きました! 嬉しくなって早速近所へ買い物に……、ではありませんよ。sun

さっそく作品展の準備です。

明日からの2日間はマニス40回目の作品展です。

Photo

今回はまだ「まめしんぶん」を載せていませんでしたが(スミマセン)、

今回の服をちょっとだけご紹介します。

上の写真はチベッタンウールのインディゴ染め「インディゴウール」。さすがに美しい発色。綿やシルクに染めるインディゴとまた違った新鮮さがあります。

ざっくりした堅めの手織ウールに独特の透明感が加わってPhoto_2 おもしろい服ができました。

チベットで採れる毛をインドのヒマーチャル・プラデーシュ州側に持ち込まれて、そこで藍で染められ手織りされたものとのこと。染織研究家の岩立広子さんが現地に入られて服地として注文できるようなパイプをつくられました。

写真のジャケットのほかに襟なしのジャケット(DMの左から2番目の写真)、スカート、パンツが出来ています。

2番目の写真は08秋に少しだけ集荷した茶やグレーのチベッタンウールの残りをポケットにつかったサルエルパンツです。生地は普段づかいなコットンキャンバス。

3番目の写真は小花模様のブロックプリントを表に、中はバPhoto_3リシャンブレーのスプリングコートです。この細かいブロックは、もう出来る職人さんがいないとのことで最後の在庫とのこと。

全体はインディゴ染めなので一見地味な印象ですが、さすがに布ヂカラとでもいいましょうか、個性があって、こんなアウターにしてみたらとてもおもしろい服になりました。M、L各1点のみ。お早めにご覧下さい!

そのほか

リバーシブルウールの服、バティックの服もお楽しみに!

昨日はコライユへ、パーティーのお料理の打ち合わせに。

夕方たずねると中ではもう試作&本番の下ごしらえの真っ最中。

今回は私がテキトーな案でテーマを「豆とか、オーガニックなんてどうかな?」と言ったことから、近藤先生と靖子ちゃんが11品目すべて今回のパーティーのための新メニュー! こんなに気合が入っていたとは! Photo_4

何しろ、帰国した土曜にやっと仮案がメールで届いていたくらいだったので「間にあうのかなぁ?」なんて失礼なこと思っておりましたです。

でも、さっすがのプロ。

きちんとレシピも出来ていて、ざっとこんな感じです。で、テーマは「豆」。どれどれ、早速いただいた試食は「え~、こんなにおいしいの?」と、もう、びっくり。

●ブラックビーンズの一口キッシュ

秘密のレシピで香ばしくふんわり。Photo_5

●ガルバンゾのディップ(フムス)<中東風>

●赤い豆の赤いサラダ<ロシア風>Photo_6

キドニー、ビーツ、サラミ、ベリーミックス、ディル、サワークリーム、フレンチドレッシング、ピンクペッパー

●いろいろ豆と大麦のバジルサラダ<イタリア風>

3種豆、大麦、えびetc.

●クランベリービーンズのアジアンサラダ<アジア風>

クランベリービーンズ、赤たまねぎ、シャンツアイ、かに玉、ピーナッツetc.。豆の味とアジア風のさっぱりした味の取り合わせが新鮮。

●レンズマメのケチャップマニスボールPhoto_8

レンズマメ、ひき肉、シャンツアイ、ペーストetc.。ケチャップマニスが仕上げにかけられたミートボール。練り込まれたシャンツアイが効いてます。

●紅白インゲンとチキンのココナッツカレー煮コライユ風

ひみつの隠し味入りで絶品です。何が入っているかはお楽しみに!

●大豆と木の実の焼き味噌おにぎり

大豆、クルミ、味噌、ごはん。靖子さんのおすすめ。 

●インゲン豆ときのこの焼きピロシキサンバル風味

牛肉、トマトなどが入った“焼き”ピロシキは、パイのようなさくさくしPhoto_9た食感が新鮮。

●スパイス豆ゼリー“マニスバージョン”

金時豆、しろまめ、スパイス、白抜きゼリー、紅茶葉ソース。何でしょう? お楽しみに。

●枝豆のパウンドケーキ

では、皆さまマニス一同明日お待ちしております!

| | コメント (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »