« 庭についてひとりごと | トップページ | 本についてひとりごと »

2006年8月28日 (月)

ランダム・ドット

Photo_6今年久しぶりに手作業のプリントをつくってもらうことにしました。シルクスクリーンです。ほんの少量だったのですが、たくさんの方々のご協力をいただいてしまいました。

まず私が大体のもと絵を描いて文化服装学院のテキスタイル科の学生、大槻華子さんに図案化してもらった。でも、もと絵は最初からは描かなかったのです。大槻さんからのアイデアも欲しいなと思って。まずはどんなモティフでいくかを決めて、その後はファクスや添付ファイルで何度も何度もやり取りを重ねて……。ちょうど夏休みで時間を取ってもらえたのをいいことに。バリから言葉でイメージを伝えることの難しさもあったけれど、妥協しなかっただけあって。ねぇ。大槻さんには本当に活躍していただきました。

イメージは「ランダムな水玉」。水玉だけど色使いや描き方で夏っぽくならないように、インドのブロックプリントみたいな素朴なタッチで、というのがわたしからの注文内容。プリント作業をしてくださった奥田染工場さんにはサンプル制作抜きで(わたしがバリにいて立ち会えないため)、でも、思った以上の仕上がりにしていただきました。生地はラムウールのいい糸があるとおすすめいただいて、毛織屋さんのカンにお任せしてつくってもらったもの。ミルド加工して少しふっくらとさせた仕上げにしてもらって。生地が織りあがる前までにモティフづくり。

Photo_8以下、大槻さんからのメールから抜粋です。

「奥田サンにはいろいろ考慮していただき、 P下に加工がされていたために、染料がなかなか生地に入らなくて 2回ずつ刷っていただいたり、 黒と赤の色が濃く、2回刷ったので色止めの薬品を2種類使って色止めしていただきました。ブロックプリント風にということでしたが、染料が入りづらかったことやスクリーンプリントでは加減ができませんでした。それからかなり頑張っていただいたのですが、ウールの毛羽で染料が入りにかった部分が多少すれていますがご了承くださいとのことです。」

……まことにご苦労をおかけしましたです。

これが先週届いたとき、スタジオ内でも「かわいー」ってみんなが沸いた。さて、私の問題はこれからです。「何をつくるか」。糸から選んで一からつくった布。どんな服にするかは、やっぱり今から考えるのがマニスです。いまのところ布の出来栄えが思っていたよりいいせいかあんまり思いつかず(?)。布が良すぎると、やっぱり迷ってしまいますね~。

|

« 庭についてひとりごと | トップページ | 本についてひとりごと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 庭についてひとりごと | トップページ | 本についてひとりごと »