2020年1月 7日 (火)

まめしんぶん 2020梅春 

今日から仕事始め。

バリの学校も始まりました。

クリスマス前にこちらの「まめしんぶん」を投稿するつもりが、ネットの接続不調やらいろいろ予定が遅れまして

きょうになりました。

 

NEW YEAR SALEにはたくさんの購入お申し込みをいただき

ありがとうございました。

因みに昨日の締め切りまででまだ1と6が残っているそうです。(引き続き今週末までお申し込み受付中です。)

さて

今年は、

NEW YEARな気分に、と思い付き

梅春コレクションをつくりました。

 

「梅春」とは梅が咲く前くらいまでの季節、春になる前の季節の事ですが一般的にはアパレル用語でしょうか。

BALIに雨季がなかなか訪れず体感気温40度前後の11月、12月に地厚のウールを縫い続けるのはスタッフが可哀そうなので、、というくだりは前に書きましたけれど、

華やかなカンタがたくさん手元に揃っていることもあり、一気に仕上げました。

上から下までオール・カンタ!

実はもう昨日全部をあちこちのお店に発送しました。

作品展では2020年秋冬展で見ていただく予定です。

・・・・・・・・・・・・

シルクカンタのカタック・ラージ

シルクカンタショールの両面性を利用したTOPは何年か前まで時々作っていましたが、今回はフリーサイズの襟無しです。

最初に作った10点はポケットとボタンづかいが片面ですが、その後はボタンも両面付けました。

(年賀状に印刷したものはボタンが片面のみのものです。)

いろいろな1点ずつのカンタにパイピングの布を1点ずつ選ぶのが楽しカンタ(笑)。

Img_2909 Img_2908  Img_2907_20200107001101 Img_2906 Img_2911 Img_2910  

Img_2922 Img_2921

・・・・・・・・・・・・

シルクカンタのリバーシブルスカート

表裏のコントラストが大きいタイプのショールはスカートにしました。

両面完全リバーシブル。フリーサイズのスカートです。 

ウエスト部分&紐、裾のパイピング、ポケットなどを別布で彩りました。内側にもポケットが付いています!

Img_2905 Img_2904 Img_2903 Img_2902 Img_2901

・・・・・・・・・・・・・

ラウンドステッチのパイピングジャケット

無地のシルク生地に円模様や格子模様に刺子しているタイプのカンタ。

襟を縫い合わせないで(2枚重ねて)リバーシブル布であることを強調しています。

縫い代を全部別色のパイピングテープで始末、ボタンホールも同じ別色で玉縁仕立てという作り方にしました。

大き目のショールからはポケットも。小さいピースのは着いていない服もありますが。

写真が四角いステッチ柄。丸柄の方はちょっとまた違った雰囲気です。

生地の関係で七分袖ですが身頃は広めのフリーサイズ。

Img_2918 Img_2917 Img_2916

・・・・・・・・・・・・・・

カンタ・グドゥリ(ラリーキルト)のパンツ

これまで主にジャケットを、スカートも少々、パンツもつくりましたっけ。

ベッドカバーや敷物用のしっかりしたキルトはコットンサリーのリサイクルと言われていますが

両面の柄のに挟まれた何枚かの布は無地は男性の着古しなのかなぁ、と思います。

今回は、裏面の柄がちらりと見えるように裾をロールアップするタイプの太目のパンツを作りました。

3サイズあります!

ウールの季節、地味になりがちな普段着に、楽しいプリントが楽しめるのではないかと思います。

Img_2915 Img_2914 Img_2913

 

・・・・・・・・・・・・・・・

梅春の先、本格的な春の服も徐々に仕上がりつつあります。

春の服は2月下旬よりtoko manisほかお取り扱い店でご覧ください。

| | コメント (0)

2020年1月 1日 (水)

NEW YEAR MARKET 2020

あけましておめでとうございます!

皆さま今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

Reuse & sample sale

試作服と、ユーズド=実際に着用を確かめるのに着た服などから20点を販売します。

お申し込みはメールにて。

内容と詳細は以下をご覧ください!

 

  • お申し込みはメールのみ。info@ateliermanis.comへ。
  • お申し込み番号と服の名称、お名前、携帯電話番号をご明記ください。
  • 受付期間:2020年1月1日午前10時より1月6日午後4時まで
  • おひとり4点までお申し込みいただけます。
  • ご希望が重複する場合はメールの先着順となります。
  • ご試着希望の方は16日(月)のtoko manisへお越しください。
  • 返品はご容赦願います。
  • 転売目的のご購入は固くお断りいたします。
  • ご希望の服の受付が出来次第1月6日以降に京都事務所よりメールでお知らせをいたします。お振込みを確認でき次第1月10日より商品を発送します。

1

ヒマーチャル産手織ウール&マディヤプラデーシュ産手織リネンのマントー

15000円

茶色 Mサイズ

B=130cm 袖幅=15㎝

ユーズド、何度か着ています。

フェルトのように圧縮された手織ウール。マフラーをしなくても温かい立体的な襟。

身幅はフリーサイズ、袖がやや細めです。

 

Img_e0900

 

2

シェットランドウールリネンのサルエルパンツ

10000円

茶系 Mサイズ

W=67~74㎝ 身幅=77㎝ H=110cm

軽くて暖かいシェットランドウールは1枚あるととても便利。

結構履いているので多少毛玉あり。レッグウォーマーにも合わせやすい七分丈。

Img_e0891

 

3

カッチ産カラコットンストライプ&バリ手織シャンブレーのBigパーカ

10000円

生成ストライプ フリーサイズ

B=140㎝ 着丈=62㎝

二重仕立てで冬でも重ね着で温かく着れる布帛パーカです。男性でも着られるユニセックスサイズ。

糸をダブルにして織られたタイプのカラコットンはインディゴブルーのストライプ。

洗ったままのノーアイロンがおすすめです。

Img_e0897

 

4

国産ワッシャーミドルリネンのワークパンツ

4000円

薄いあずき色 Mサイズ

W=70㎝ H=105cm ウエスト位置からの着丈=94㎝

10回以上着用、何度か洗っています。

ステッチ糸とボタンが白。バランスのいい太幅の定番パンツ。

Img_e0889

 

5

国産ワッシャーミドルリネンのLAOパンツ

3000円

ブルーグリーン フリーサイズ

H=126㎝ 丈=82㎝

(注)ウエストのゴムがありません。紐のみです。

ファーストサンプル、数回着用。数回洗濯。

Img_e0896

 

6

リネンクロスステッチワークのラウンドネック

4000円

ネイビー Mサイズ

B=96㎝ 着丈=67㎝ 袖丈=57㎝

10回以上着用、数回洗っています。

裏側はパイピング仕立て、ハンドステッチがあちこちに入っています。

ブラウスと言うより薄手ジャケット風。

Img_0542

 

7

ファインカディコットンのタイチュニック

4000円

フリーサイズ 白

B=96㎝ 着丈=73㎝

(注)左肩のところに小さな穴があります。

サンプルのため難易度の高いダブルパイピングが丁寧にほどこされた1点。

Img_0548

 

8

上海木綿のサルエルパンツ

7000円

インディゴブルーX生成チェック Mサイズ

W=67~74㎝ 身幅=77㎝ H=110㎝

パーツにより生地を変えたタイプ。大分着こんでいますがとても丈夫。これが昔の生地(数十年前のものと言われています)とは思えないほど色もしっかりしています。

Img_e0895

 

9

インディゴ染薄手リネンのボヘムシャツ

6000円

中間的なインディゴブルー フリーサイズ 

B=102㎝以上 W=96㎝ 着丈=78㎝

数回着用、2回洗って大分色が抜けた状態です。

汗ばむ季節にはおるものとして便利なタイプ。

Img_0556

 

10

バリ手織シャンブレーのボヘムシャツ

3000円

黒 Mサイズ

B=102㎝以上 W=96㎝ 着丈=78㎝

toko manisの制服として何度か着用したもの。

写真はモノクロですが生地は黒、ボタンは上の写真と同じ貝ボタンです。

Img_0559

 

11

草木染コットンローンのギャザーアップシャツ

4000円

ダークカーキ(茶系) Mサイズ

B=92㎝ 着丈=65㎝

BatiK Pejengで染めてもらった無地コットン。裾にランニングステッチ入り。

薄く涼しい素材で春から秋まで着やすいタイプです。

ユーズドで大分昔の服ですが色抜けなどが少なく比較的状態が良いユーズドです。

Img_0561

 

12

カディコットンギンガムチェックのカッチブラウス

4000円

白黒チェック Mサイズ

B=84cm 着丈=55cm

インドの手縫い始末縫製のファーストサンプル。

数回着用、2~3回洗っています。

デザインの特徴として身頃が小さめで袖幅がゆったりしています。

Img_0555

 

13

国産高密度リネンのベンガルパンツ

10000円

オリーブ フリーサイズ

W=75~90cm H=120㎝ 着丈=83㎝

ファーストサンプル。1回着用、1回洗っていますがほぼ新品!

くるぶし丈、サイドの縫い目がないゆったりサイズ。

Img_0752

 

14

薄手リネンのカタックドレス

6000円

生成 Mサイズ

B=97cm 袖回り=34㎝ 袖口幅=10㎝ 着丈=78㎝

着込んだユーズド。洗濯により多少色が薄くなっています。

共地ボタンがたくさんついた定番のドレス。

Img_0563

 

15

リネンキャンバスの刺繍三角スカート

8000円

オフ白 Lサイズ

W=66~72cm H=110cm 着丈68㎝

2008年の春夏の作品。ベンガルの「生命の樹」のカンタモティーフをアレンジした総刺繍です。

未使用ながら保管中の湿気で薄い水滴のような色むらが部分的についてしまったためお手頃価格に。目立たないので着用には支障ないと思います。

Img_2875

 

16

カディコットン・マルチチェックのカシュクール・クート

1000円

ブルー系 Mサイズ

肩幅=38㎝ B=100㎝ 着丈=72㎝

未使用サンプル。全体的に色移りのムラがあります。

素材的には真夏の間快適に着通せるのでこの形がお好きな方にはおすすめです。

2019年夏物として生地から企画していたものですが、織り上がったものの状態から残念ながら全品キャンセルになりました。

 

Img_0750

 

17

スウェット素材のショートパーカ

2000円

明るめのブルーグリーン Mサイズ

B=90cm 着丈=54㎝ 袖口幅=17㎝

着込んだユーズド。縫い代を手縫い始末したスウェットパーカです。何度か洗って端が少し色あせています。

Img_0564  Img_0566

 

18

ガムチャのギャザーTOP2

4000円

黄色・鮮やかなブルー フリーサイズ

B=155 着丈=65㎝

西ベンガル庶民の万能布(タオルやターバン、腰巻などに利用)、ガムチャを使ったシリーズ。

一部に色移りしている部分があり私物として買ってあったもの。未使用です。

Img_0550

 

19

UTOカシミア&トリミングステッチのセーター

6000円

鮮やかなブルー XSサイズ

B=79cm W=66cm 着丈=55㎝ 袖口幅=9.5㎝

とても上質なカシミア100%、ボタン穴用の丈夫な糸でトリミング刺繍。

試作品のためサイズがとても小さいです。ユーズドですが使用感はあまりありません。

Img_0553

 

20

オリッサ産イカットのワーカーズドレス

7000円

青白のイカットに青緑白のイカット、綿100% フリーサイズ

B=150㎝ 着丈=100㎝ 裄=43㎝

涼し気な夏向けのシンプルなドレス。インドでの試作品で未使用です。

Img_0544

 

・・・・・・・・・・・・・

新年最初のお気に入りは見つかりましたか?

たくさんのお申し込みをお待ちしております!

・・・・・・・・・・・・・

 

| | コメント (6)

2019年12月21日 (土)

11月~12月 バリの8つのまめ日記

日本からいつもより1週間早く戻ったバリは

とんでもなく暑いのでした。

その後さらに1か月を経て、連日体感気温40度前後という日が続く。

11月ともなれば雨の季節が始まっているのがいつもだけど

12月の中旬になっても時々弱い雨が降るだけで

着れるものは無印良品のキャミソールとアトリエマニスのバティックのインドパンツだけ!(笑)

お隣のオーストラリアでは山火事でシドニーの町も空気が霞んでいるというし

贅沢は言うまい。

・・・・・・・・・・・・・・・

バリに戻ってから1か月半、そしてあと2日でまた日本です。

きょうは、駆け足で束の間のバリを振り返ってみます。

一部長文箇所がありますが、よろしくお付き合いください!

・・・・・・・・・・・・・・・

せめてごはんだけは、しっかり食べよう。

と言いつつ、作る気がするものはマリネードだけだったりする。

こちらは、

イカン・ピンダン(魚のなまり)を揚げて、玉ねぎ、レモン、パプリカをあえたもの。

寿司酢を使ってみたらちょうどいい塩梅に。

Img_0756

下は、先日家寺の祭事のときにお供えされた地鶏の燻製のおさがりです。

鶏をむしったものにトマトソースを絡めてさくっと炒めます。

地鶏は少々堅いけれど味がしっかりしていて、ごはんがすすむ!

Img_0683

整体の先生から「塩」をたくさん摂るように言われているので、

クサンバ塩を使った自家製ニンニク塩こうじをたっぷり使います。

減塩じゃなく摂塩が病気を防ぐ。あと1日2リットルのお水!

・・・・・・・・・・・・・・・・

最近、目的地へ予定より早く着きそうな時、少しだけ時間が余るときに利用するのは

コンビニのコーヒーです。

紙コップに入っているのを買って(かなりいろんな種類があります)お湯を注いで、店頭のテラスでいただく。

ドリップではなく沈殿式だけども、インドネシア各地産の豆が結構いい感じで味わえる。

写真はスマトラのアチェ産アラビカ。

サークルKのこのシリーズは豆と砂糖が別になっているのでハナマルです。

Kjtg4442

・・・・・・・・・・・・・・

1週間も帰国日程を短縮したのは、このせいでした。

フライトの予約変更をするのもなかなか一筋縄では行かなかった今回でしたが

何とか間に合いました。

倅のピアノ発表会!

ちっとも練習が進まなかったドビュッシーのアラベスク。

リハーサルの時にこれまたミスの連続でハラハラしましたが

本番では何とか完奏。

写真右の3人男子が今回の名物で、皆ドビュッシー大好き派で面白かった。

西沢朋子先生の門下生は皆のびのびと好きな曲を弾く。

小さなピアニストたちの演奏は、グッと胸が熱くなるような場面も多く

毎回の発表会はドラマに満ちています。

高校出るまで、残り1年ですが、

次はベートーベンのテンペスト弾き始めています。これもまた、いい曲。

練習を聞きながら私もクラシックを学ばせてもらってます。

Img_0602

・・・・・・・・・・・・・・・

発表会の翌週はジャカルタへ。

以下はFBに投稿したもののコピペです。

ちょっと長いです。

Xuoi1144

5番ゲート。向こう奥の掲示板には11時36分とある。

登場時間は11時20分で、5分遅れてゲート前に来たのだがまだジャカルタ行きの前のフライト時刻が掲示板の上段に出ていてゲート前には誰も並んでいない。パラパラとゲートに入っていく2,3人を見かけたけども前のフライトのファイナルコールだろうと思い、先にトイレに行き戻って来るとこの列が出来ていたので迷わず並ぶ。

列に加ったのはこの写真の数分前だから11時32分位だったと思う。

やっと番が来てボーディングパスを渡すと、
「あ、ジャカルタ行きは搭乗締め切りましたよ。ほら、ここに搭乗は10分前に締め切りと書いてあります」、と、地上係員が軽い調子で言う。
時計は11時42分を刺していて、確かに2分過ぎている

トイレに行っていた間に待ち合いで待っていた息子にもファイナルコールは聞こえなかったそう。しかも、掲示板は相変わらずジャカルタ行きが一番下になっており、じゃ、一体何時頃に搭乗したのかを聞くと11時20分だと言う

普通、ボーディングタイムって搭乗開始予定時間じゃないかと認識していたけども。

係員が言うに一度一階へ降りて、ライオンエアのチケットカウンターに行くべき、と。あー、それは買い直しって事ですか? はい、そう言う事です。

あまりにも平然と言われた事に一番驚いた。

こちらの不運は、携帯電話が1週間程前から不通になりリセットしてもダメなので面倒だからと持参していなかった事。ファイルコールの時刻に掛けたが繋がらなかった、と言われてしまうとそれ以上突っ込めない。

ついでにこのフライトは元はエアアジアで取っていたにもかかわらず、エアアジア側がフライト時刻変更にて夕方出発便になってしまったので急遽買い直しをしたもの。思えばその対応にもしばし振り回されたんだった。

13:25分発の次の便を正規価格で買わされたのは言うまでもないが、到着先での予定がフリーだった事がせめてもの救い。

ちなみにその次のフライトはと言うと、同じ搭乗口だったが(搭乗券には5-6番になっている)カウンターに確認すると今度のは6番だと言う。搭乗予定時間を5分ほど過ぎてから「ジャカルタ〜」と、マイクも無く案内があっただけで待ち合いに腰掛けている人がワラワラと立ち上がって乗りこんだ。

凄いな、この感覚!
インド国内線と互角かも。
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

前日は悪い夢を見てしまったけれど、気を取り直して早起き。

ジャカルタ中心地の日曜の朝は車ゼロ。

前日は夜中まで大渋滞していたというのに、大勢の人が散歩をしている!

Img_0701

首都移転を決めたばかりのジャカルタは、今年やっと地下鉄が開通した。

日本の技術がお手伝いしたという車両に早速乗ってみました。

切符の代わりのトークンを買うのがややこしいのだけど、駅の作りもシンプルだし

ピカピカにきれいなので、渋滞が深刻な街の移動にはかなり生かされているはず。。

日曜日の朝だからか空いています。

JASSO(日本留学センター)のフェアへ向かいます。

Img_e0705

けど、問題はエスカレーターやベータがない事。(泣)

Img_0706

・・・・・・・・・・・・・・・・

ジャカルタで泊まった安ホテルのジムでお試しワークアウトをして

結構気に入ってしまい調子に乗って

今度はUBUDにあるフィットネスで本格的なメニューに挑む。

蒸し暑い季節、空調が効いた屋内で体を動かすのは思いのほか気持ちがいい。

前の誰かが55キロに設定している負荷の重りをミニマムの10キロに動かしまくる私は

周りの欧米人リピーターから白い目で見られていたかもしれない。

そんなことより、ミニマムでも筋肉痛って言う現実を直視すべし。

55キロかぁ。(遠い目。)

Img_0790

・・・・・・・・・・・・・・・・・

スタジオ内では、この暑さの関係でウール服の追加制作を断念。

スタッフの健康状態を守るため、急遽来秋向けにと仕入れていたシルクカンタにハサミを入れる。

(このシリーズはお正月明けよりスポット展示をする予定です。)

Img_0768

リバーシブルのスカート。表面からは想像もできない裏面の色!

ポケットは過去のカンタのはぎれから。

この仕事は楽しすぎる!

Img_0765

・・・・・・・・・・・・・・・・

今宵は少々雨。

先週末は、まだぼんやりとした夜風にジュプンの香りが漂っていたけれど

今週は連日、季節の風物詩こと羽虫が日没とともに電気に群がり

大きくお腹をふくらませたゲッコーさんがドタドタ壁をはい回る。

シャイな性格のGさんの姿を見れるのも、この季節ならでは。♡

どうか、足を踏み外して落下とかしないでおくれ。

Img_0818

・・・・・・・・・・・・・・・・

年末までにまだもう少し書いてみたいと思います!

ダラダラした内容ばかりでしたが、

読んでいただき、ありがとうございました。

| | コメント (0)

2019年11月19日 (火)

作品展vol.70ありがとうございました!

11月も中旬を過ぎてしまいましたが、

今日はバリから冬服の最後の便をEMSで日本へ送り出しました。

11月1日から開催したアトリエマニス作品展では

たくさんの方に新作をご購入いただき感謝の気持ちでいっぱいです。

今回は70回目という事で各方面の方々にご協力をいただきながら

いつもに増してとっても盛り上がりました。

遠方からも多くの方々にお越しいただき、楽しい3日間を過ごさせていただきました。

改めて、皆さまほんとうにありがとうございました!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Img_0364

10月29日、いつもより1日早い日程で東京へ。

翌日は食事の作り置きや鍼灸院など自分のための準備あれこれ。

31日の午後よりフラスコさんでの設営開始。

Img_0377 

セットアップしたばかりの会場は、赤とブルーとウールの世界。

Img_0378 Img_0379

遅い時間に、待ってました!

コーヒーカジタさんからのお取り寄せも無事に到着。

コーヒーはアトリエマニスをイメージした梶田さんのオリジナルブレンド「ATELIER MANIS」でした。

Img_0372

(コーヒーは初日に完売、スイーツも2日目の午後になくなりました。)

このカウンターで初日はラインラバーズファクトリーの高橋景子さんによるBIOワインの試飲会が。

Img_0375

今回のバリからのお土産はブラットワンギのナチュラル石鹸を久しぶりに。

この石鹸は我が家で15年以上使い続けているもの。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さぁ、始まりました!

Img_0449_20191119002401

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お会計係は沖縄から戻られたばかりの藤田ようこさん。

Img_0383

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも初日は12時オープンですが、今回は準備が整った10分前に開場しました。

なごやかに始まりましたが、早速カウンターに人だかり!

Img_0381

写真が切れてしまいましたが、カウンターの設えがまず素敵。

そして、5種類のワインにこんな素晴らしいオードブルがついて1000円とは!!!

特別に仕入れてくださったチーズのおいしさにも大感激しつつ

「赤」で揃えていただいた今回のワインの産地や生産者のプチ講義に皆さん興味津々です。

そして、

何て言っても、BIOのおいしいワインがボトルでも1000円前後という良心的価格。

お取り寄せオーダーも大好評だったようです。(私はしそびれてしまいましたので後日仕切り直します!)

Img_0385

真鶴からの皆さまとポーズを決めるソムリエール景子さん。

着ているTOPSはマニスのコットン製で

お師匠が藍で染めてくださったものだそうです!

もう、サイコー。

次回も絶対に来てくださいねっ!

Img_0388

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

翌日は我妻淳子さんのメイクレッスンが行われました。

2回目でしたが、終始人が切れることがないくらい人気でした。

告知がありませんでしたが「基礎メイク」から仕上げまでのフルコースでした。
(前回はポイント・アイメイクでした。)

Img_0395

 

 

 

 

 

 

 

顔を通して、その人の内面にある輝きを引き出すというのは

言葉でいうとそれまでだけど

実際に目の当たりにすると大変革です。

自分では鏡を通さなければ見れない顔ですが

内面=心とつながっていることを

深く納得させられてしまう。

Img_0401

 

 

 

 

 

 

 

お化粧ってごまかす事のように思っていましたが、淳子さんにおいては逆。

ウィークポイントをカバーするのではなくて

眠っている個性を呼び覚ますような感じなんです。

下は、マニス初期のころからのお客様。

来月75歳なんですって。信じられません!

Img_0432

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これはお化粧のテクニックもさることながら、引き出された結果です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そして、

作品展70回目の感謝パーティー。

おいしいお料理をいただいたのち、くじびきコーナー。

盛り上がりました。

Img_0409Img_0412

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラグビーの応援団じゃありませんよ。w

Img_0415Img_0414

 

 

 

 

   

 

 

豪華賞品もありました。

Img_0361

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、あっという間の3日間が終わってしましました。

Img_0516

開場の片づけまでお手伝いくださった皆さんに、感謝です!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

また次回、お目にかかりましょう。

ありがとうございました!

| | コメント (0)

2019年10月28日 (月)

作品展vol.70 プチイベントのご案内

週が明けていよいよ今週末となりました。

アトリエマニス作品展2019秋冬です。

Manis_dm1910_9272_20191023225401 Manis_dm1910_9271_20191023225401

私、たかはしは先週金曜日に予定通り帰国し、

現在京都で作品展にお持ちするものを最終確認中。

このブログはバリで書いて予約配信をしたかったのですが

あんまりにも毎日暑かったせいか、うっかり電源を刺さないまま書き進めていて

書き終えるちょっと手前でバッテリーが尽きて全部消えてしまいましたとさ。

そんなわけで、今もう一度同じ内容を回想しながら入れていきます。

ご覧いただき皆様の今週末のお楽しみになればと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

その1

高橋景子さんによるワイン試飲会 11月1日(金)夕方より

毎回人気、真鶴のワインラバーズファクトリー。

いつもはカウンターに並べて私が手前味噌バーテンダーやらせていただいておりましたが、

今回はソムリエールの景子さんご自身が、特別セレクションのBIOワイン・赤を持って来てくださいます。

会場では5種類の試飲&簡単おつまみセット1000円。

おすすめは「限定&特別価格でのボトルご配送」サービス。

何といっても、すべてBIO(有機農法)によるワインです。

Thumbnail_image1

予定出展:左から

●チリの渋すぎないカベルネソーヴィ二ヨン

●チリのみずみずしい味わいで華やかな香りのピノノワール

●チリの飲みやすく果実味の多いカベルネソーヴィニヨン

●スペインの果実味満載の赤はリアルワインガイドで旨安大賞受賞

●オーストラリアの酸化防止剤無添加シラーズ

なかなか巡り合えないタイプのBIOワインがボトルでも990円から。

ワインがおいしく飲める季節ですし、これからはお家でも飲む機会が増える時期。

試飲が楽しみです!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その2

70回感謝プチパーティー 11月2日(土)18時~19時半

マニスお師匠・浅井恵子さんおすすめ、神楽坂のE-toさんの

オーガニック食材によるおいしいお料理が届きます。

(写真はイメージです。)

E-toさんは器とこだわりも持った有機農法による安全な野菜を中心に雑貨も取り扱う矢来町のお店。

店主江藤夫妻はもともとグラフィックデザインと器の商品開発をされていたそうですが、

私も今回初めてお願いをするのでとても楽しみです。

Thumbnail_img_0329

プチパーティ参加ご希望の方はチケットを販売しますので先にお買い求めください。お一人1500円、軽いお飲み物付き。

チケットはご連絡いただければ予約もお受けいたします。

「感謝」パーティーなのにお代を頂戴するのは恐縮なのですが、

処々の事情よりご理解いただければ幸いです。

また、パーティーと言ってもご存知の通り社交性ゼロの私ですから大した余興はできませんのでお許しください。

その代わりと言っては何ですが(笑)くじびきコーナーを設置いたします。

オリジナル手仕事系小物、インドの小物や、toko manisでインスタレーションに使った不思議なものほか

ちょっとだけインドからのお土産あり。

20名様までの限定とさせていただき、空くじなしの予定です!

どんなものが当たるかは、どうぞお楽しみに!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その3

コーヒーカジタさんのコーヒー&スイーツの販売会 期間中:無くなり次第終了

7年ぶり、あのkajitaさんからのお取り寄せ。

(写真はサイトから引用させていただいたイメージです。)

コーヒー茶会、出張喫茶などで大変人気があるkajitaさんのベストセラー、

「焼きくるみ」、「パウンドケーキ」とオリジナルコーヒーが届く予定です。

コーヒー豆といえば

前回のコラボカフェでは「アトリエマニス・ブレンド」というコーヒーを作ってきてくださったのが驚きでした。

今回も非常に楽しみです。

T_mame T_kurumiT_haco3

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その4

我妻淳子さんのナチュラルメイクレッスン 11月2日(土)、3日(日)のみ

20分:2500円、30分:3000円

ご予約不要、先着順です。

70939344_1555072761299193_27718507661707 73357415_1200055800179166_69664293563148

以下は、HANAHOUSEさんのブログからの引用です。

・・・・・・・・・・・・・・・

我妻淳子 Junko Azuma
ヘア・メーキャップアーティスト&コンサルタント

福島に生まれ。19歳の時にNHK床山に入り、日本髪を結う仕事に。21歳で1年間美容学校で学ぶ。在学中にTBSの現場に。22歳でインターン生として働きながらヘアメイクの仕事もするようになり,以後、TV、映画、スチール撮影現場で数々のヘアメイクを担当。バンタンデザイン研究所、東急BE(カルチャースクール)、都立総合芸術学校・舞台表現科で講師など。40歳で舞台の世界に出会い、主にミュージカルでのヘアメイクを担当する。蜷川作品、ホリプロ、東急文化村、東宝、劇団四季などが制作する作品を手がけた。鹿賀丈史主演「ジギルとハイド」、野村萬斎主演「オイディプス王」そして、「レ・ミゼラブル」「ミス・サイゴン」など。また、30歳頃より心理の世界に興味を持ち、「身体心理療法学院」で心と身体の繋がりをテーマに3年間学び、またNLPマスターコースも修了。バイク乗りとしては87年と88年にオーストラリアでのオーストラリアンサファリにオートバイで出場。

その道40年あまり。数多くの女優さんやタレントさんの「顔」を創ってきた人。
メイクをしながら、女優さんの悩み事も聞きながら、相手を見つめて来た。そんな、現場の日々の中である時から「顔」や「髪の毛」をいじることで淳子さんの中にその人の中から「美が立ち現れてくる」のを感じるようになったといいます。そんなことを(本人に)さりげなく伝えると、みるみるとその人のエネルギーが満ち、内側からの「美しさ」が湧き上がってくる。メイクのテクニックとその人の内なる「美しさ」の相乗効果が女優さん達のオーラを輝かせる。

塗り重ねるのではなく、あくまでもメイクはその人の本質を引き立たせる脇役。主役はその人の本質の「美しさ」。そこから改めての自分自身を創造していくことが、その人本来の生き方の動力になることを。そこに確信を得て、いわゆる「ナチュラルメイク」の礎を築いたのは淳子さんだったのです。舞台でのメイクのコンサルテーションをしつつ、プロフェショナルな現場から飛び出して、もっと広く、年齢、職業、性別を問わず、多くの方々の「美」と出会い、共同創造していきたいと個人セッションを手がけ始めました。

女優さん達に比べ、私達の多くは、その人の内なる美しさに気づかないまま、外側の価値にとらわれて、その人の本質を発揮できないでいることに,何か自分の経験が活かせるのではないかと。

・・・・・・・・・・・・・・・・

淳子さんのナチュラルメイク・個人セッションは通常3回コースで40000円。

前回「ポイントアイメイク」のWSを受けられた方は、今回は是非「眉」の描き方を習得されてください。

・・・・・・・・・・・・・・・

それでは、皆さま

今週末にお目にかかりましょう!

 

 

| | コメント (0)

2019年10月27日 (日)

まめしんぶん・2019秋冬 3

予約配信にて

再びまめしんぶん連投、最終回です。

70回もの作品展を重ねることで

精進できているのかどうか怪しいところですが、

20年振り返ってやはり今回がいちばん良いもの(布)が集まっていると思います!

布からいただくメッセージを勝手な解釈で料理する方法だけは

ずっと変わっていませんけれど。(なぜだか理由もわかりませんホントに。)

布が好きなだけかも!

では、では。

続きにまいります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

ナチュラルカラーのパート

山岳地帯ヒマーチャル州の風合いの良い温かな手織ウールは、長年大好きで集めているのですが、最近は生地としてなかなか手に入らないのでショールとして売られているものを収集。

両端のフリンジはせっかくの手仕事なので成り行きでそのまま使っています。

ブラウン系の天然色に合わせてピックアップした東ジャワ・トゥバンの天然染バティックとカッチのへリンボンを加えています。

 

ヒマーチャル産ヤクウール&シープウールショールを使った「ショールコート」

9月のインドで探し回ったヒマーチャルのヤクウール。

ヤクはカシミアよりも希少とされる標高の高いところで放牧されている牛のような方々で、本物は相当軽くて暖かいそうですが現場へ行ったことがないのでいまだ不明です。

ヤクの毛が50%というショールは確かに温かさが少し違うような(気がします)。

囲み製図のようにパターン無しで囲み製図のようにパターン無しで裁断。

パイピング、見返しにブロックプリントやカラムカリ(手描きプリント)を使っています。

Img_2808 Img_2810

ヒマーチャル産アンゴラxシープウールショールのインドローブ

ラビット、というからにはアンゴラですねきっと。ウサギ&ヒマーチャルにいるヒツジによる大判ショールはとても柔らかく、ち密に織られています。なかなかに贅沢な手織です。

薄手カディのためのパターンをアレンジしてロング丈のローブを。裾に幅広の見返しを付けてアウター風に。

フレアが利いたインド風シルエットです。

Img_2826

ヒマーチャル産シープウールショールのワークローブ

「シープウール」というのは輸入のメリノウールとは別物でヒマーチャルにいる羊さんから採った毛であるという事だそう。

やや強撚で硬さがある大判ショールは縁に黒いラインが入っています。

TOPの裏にストライプ柄のタッサーシルクコットンを使い、ボトム部分はショール風の素材感そのままに仕立てたローブです。

Img_2859_20191020230501

ラジャスターン産カディウールショールの「ショールコート」

下の写真のTOP:ジャイプールのカディ専門店にあった昔のお父さんたちが使っていたような雰囲気の襟巻風ショールを使っています。

カッチ産カラコットンへリンボンの空手パンツ

下の写真のボトム:カッチの柔らかい風合いのひし形ヘリンボン。こげ茶とベージュの交織でリネンやウールにぴったりの自然派コットンです。

Img_e9395

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ベーシックのパート

国産の上質なリネンとウールで。

 

国産ライトリネン高密度のジプシーシャツ

額縁のような均等幅の見返し、玉縁型のボタンホール。アルティザンな定番のTOPです。

今回のものはパイピングに別色を使ったコンビネーション。

Img_2656-2 Img_2655-2

同じ生地で、いつものツイストパンツ。

ハリがあってバランスのよい仕立て上がりです。

  Img_2669-2

 

国産ミドルリネンへリンボンのダブルホールジャケット

2年越しで使っているリネンヘリンボン。

フロントのボタンホールが二重になっています。掛け方は右側を折り返す、折り返さない、の二通りです。

後ろ身頃の大きなタックが全体にAラインのシルエットを醸し出しているデザイン。

Img_2666 Img_2668

 

圧縮アルパカウールツイードetcのベンガルパンツ

昨年使った黒とグレーのウール生地の残りをはぎ合せ、ポケット部分にはヒマーチャルのツイード生地を合わせています。

無地部分とはぎ合せ入が入っているボーダー部分をMIXしています。

Img_2853

 

国産圧縮ウールメルトンのオールドコート

光沢のないメルトンのようなニット素材の圧縮タイプ。ニットなので厚さのわりに柔らかさがあります。

見返し、裏襟はトゥバン産手つむぎコットン。(ほかカッチ産カラコットンストライプなどなど。)

シンプルなパターンのおじさん風コート。大き目のシルエットで襟はシャツ風の仕立てです。

Img_2835

・・・・・・・・・・・・・・・・・

カッチウールの黒、トゥバンコットンの黒

大阪弁風のおっちゃんが何度もメッセージを送ってくるので、ある日ひらめいてもう一色お願いしたデシウール。

絶句の黒に染めてと頼んで、確かにしっかりと主張する黒が送られてきました。

英語が苦手なおっちゃんと私の間で、絶妙なやり取りの末、よくぞ。

いい感じの黒です。

インドネシアのトゥバン産からも黒を。

 

カッチ産デシウール手織プレーンブラック&カッチ産カラコットンオーガニッククロスの

テントパーカ

両面カッチ産、中もう一枚バリシャンブレーを噛ませた3枚仕立てです。

ボタンホールは玉縁仕立て。100%天然素材で手織という贅沢なアウターです。

 

Img_2837_20191020230501 Img_2841

同じ黒でマウンテンパンツ。スタンダードな七分丈パンツを冬向けにくるぶし丈に。

バリ手織シャンブレーとの二重縫いで温かな仕上がりです。

Img_2864_20191020230501

トゥバン産手つむぎコットン(Tenun)パッチワーク&バリシャンブレー

ダブルホールジャケット

毎回使っている東ジャワ、トゥバンの手つむぎコットン布です。

今回ははぎれから作ったパッチワークと、黒い無地で。

北タイのコットンのようにやや甘撚りで太い糸ですが比較的ハリがある織りです。

後身頃はタックが大きいデザインなので無地布で1枚仕立て、前身頃、袖、襟をパッチワーク布で2重仕立て。

ボトムは、いつもより少し丈長にした定番の八分丈の「ブーツパンツ」です。

Img_2567

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お読みくださいましてありがとうございました。

フラスコさんにてお目にかかりましょう!

 

| | コメント (0)

2019年10月26日 (土)

まめしんぶん・2019秋冬 2

11月1日から3日間のアトリエマニス作品展でご覧いただく予定の今期新作を

引き続きご紹介させていただきます。

ちょっと長文になりますがご覧いただけたら嬉しいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カッチ風冬素材

砂漠地帯のカッチを3月に訪れたとき、昼間の灼熱と夜の寒気との差に驚きました。

この気温差の中にウール織の伝統があるのですね。

また、ラバリ族と言うとアップリケやミラーワーク、刺繍がメインかと思っていましたが、豊かな技術を生かしたシックなサリーやショールが思いがけず豊富でした。

殺風景な土地でなぜこれほど染織と手仕事が盛んなのか、とても興味深いものがあります。

 

カッチ産メリノウールミラーワークショールのチベタンショート

ミルキーホワイトのしんなりソフトなウールはオーストラリアからの輸入糸だそうです。

小さくあしらわれたミラーワークには今風のセンスがありますね。

ガラス部分を取り除きながら裁断&縫製。シンプルにふんわりしたカシュクール型です。

Img_2659-2 Img_2660-2

 

カシミール産ホック刺繍コットンキャンバス

こちらは北部カシミールのホック刺繍によるインテリアクロス。上のミラーワークに合わせて引っ張り出したもの。

緩い織目のコットンキャンバスに立体的にウール糸で刺繍されているものです。多配色のものが多い中この生成地が好きで見かける度に買っています。

裾丈を出すために無地ウールとタッサーオーガンジー(裏側)のヘムパーツを加えたスカートです。

Img_2851 Img_2849 

 

カッチ産メリノウールミラーワークショールのワーカーズドレス

シンプルな四角いシルエットの夏向けのパターンを使って、この魅力的なショールを裁断。

夜空の星の輝きが服の中にちりばめられるようなちょっと素敵なドレスになりました。

袖とネックはリネンネルを使っています。ショールのサイズに差があり着丈が長いものと短いものがあります。

Img_2844 Img_2846 

・・・・・・・・・・・・・・・・

Khadimanisの服から

カラ・コットンとdolkiモティーフ

カッチの織工房にチャレンジでお願いしてみた布を中心に充実のカディマニス。

大阪弁が合いそうな熱心なおっちゃんにいろいろ作ってもらいました。

カラコットンは生成とインディゴでそれぞれボーダー柄とDolkiと呼ばれるリボンのような交差柄の織模様を入れてもらいました。

砂漠のカッチとバリ間をワッツアップでリアルタイムにやりとりしつつ、荷物は日本経由(インドネシアに直接輸入できないため)という遠回りでしたが、布の個性を最大限引き出せるようにバリ側でも大いに頑張ってみました。

 

カッチ産カラコットンオーガニッククロスの

チュニスブラウスとギャザースカート、トラペーズドレスなど

インディゴ染に白糸の織柄。とても柔らかい肌触り。織るときに硬く糊をほどこし仕上げにしっかり洗っているのだと思います。

ブラウスは片袖だけボーダー柄を入れ、他をDolki柄に。ステッチワークと包みボタンをポイントに。

先染めで色が擦れ落ち着きがあるインディゴ。袖とスカートに使ったボーダーの織柄部分にはとても時間がかかるのだそうです。

Img_2303 Img_2339

下は同じ素材で作ったトラペーズドレスです。写真が暗めですが上と同じ色目です。

TOPにDolkiモティーフ、スカート部分にボーダーを使い、半裏仕立てに。

アクセントにパイピング、ボタン、ヘムには布飾りなどいろいろプラスしています。

ヘムの飾りはご不要の場合は簡単に外せます。

Img_2262 Img_2261

生成は赤とブルーの織模様。

インディゴとは違う世界感。

Img_2390

チュニスブラウスはステッチとボタンづかいにひと手間。

Img_2557

 写真がやや暗めですが、こちらも同じdolkiモティーフの生成コットン。

赤いパイピングをアクセントにした「チベタンショート」という形です。

Img_2663

カッチ産カラコットンチェックショールのギャザースカート

下は茶系が効いた格子とボーダー、落ち着いた配色のドビー風織柄。強撚でリネン的風合いも感じる薄手のショールを使って。

裾に太めの見返しをつけて裏無し。いつでも気持ちよく着られると思います。

Img_2542

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

インド茜を中心に

グジャラート州の荒涼とした乾燥地帯でつくられているブロックプリント。

バティックのように糊防染をして染め抜きをする方法と直接を版で押す方法(=ブロックプリント)があり、染めた布を洗うためのプールが独特です。

水を張ったコンクリのプールに職人が半身漬かりながら、糊抜きをするために布をバシバシ縁にたたきつけるのです。

媒染剤や染料も周囲にあるものを使っていて、防染に使うゴムの木もはじめて見せてもらいました。

ここではインディゴ染も盛んですが、今回は美しい発色の茜染めを。

 

カッチ産インド茜染ブロックプリント

黒っぽい配色のものが多いストックの中で目を引くのはインド茜の赤。秋冬服の中にも彩りとなります。

TOPは紺色のクルミボタンを丁寧に並べアクセントに。生成色のリネンやウールに合わせやすい温かみのある深いピンク色です。

スカートは深紅のヒンドゥ的な花柄がおおらかに描かれたプリント。

Img_e9360 Img_2506

下はカシュクール・エテと呼んでいるオーバードレス。

Img_2455

ヒマーチャル産手織ウール&グジャラート産インド茜ブロックプリントのトラベルコート

Sinduさんが現地マナリーから直接買ってきてくれた手織ウール。

無地の黒地のライニングに、赤いブロックプリントを大胆に使って。

このほか岩立さんから10年以上前にいただいた、ウメドプーラのナンナ模様(黒いプリント)の裏地のものがあります(11月下旬入荷予定)。

Img_2830

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

カッチ産ラバリトライブ風サリー&リネンドビークロスのベルトポケットパンツ

トライブ=民族風の織柄、アンティークのような落ち着いた天然染めのサリーが1枚だけ手に入りました。

こんな枯れた色もアリなのかと驚くカッチ流センス。写真は明るく見えますが、結構渋めの赤です。

本物アンティークならばハサミを入れられないのでスルーしていたかもしれません。

ポケットパーツで明るさを彩るようなパンツを考えてみました。リネンの裏地と重ねて縫っています。

Img_2833Img_2834

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

西ベンガル・ヘリンボン

カディコットンを秋冬向けにと西ベンガルで依頼したヘリンボンのシリーズです。

一見似た組織ながら糸が違うだけでずいぶんと違う2種類が上がってきました。

西ベンガル産ギッチャーシルクxリネン手織ヘリンボンのオールドコート

経糸に太い黒のリネン糸、緯糸にはギッチャーシルク。

ウールツイードのようなネップがたくさん入ったMIX調ですが、光沢と軽さ、しなやかさはシルクならではの着心地です。

布の雰囲気に合わせて四角いシルエットのおじさん風コートを作ってみました。襟芯を貼らずに柔らかい仕立て。

Img_2824

西ベンガル産カディコットンホームスパンxリネン手織へリンボン&バリシャンブレーのマオコート

経糸に太い黒のリネン糸、緯糸に0番手と言うカディの一番太い糸を使ったヘリンボン。

カディコットンの柔らかさが特徴です。

打ち込みがやや緩くカディ糸の撚りが甘いため、裏地を一緒に縫い込む仕立て方にしています。

Img_2806 Img_2804

色はこちらのブルーとライトブラウンがあります。

同じ生地でパンツを作っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

西ベンガル・総刺繍のシルクカンタ

コルカタの古いお屋敷で西ベンガルの女性たちの生活支援を兼ねてカンタづくりを奨励している、Malika’s Kantha Collectionのショールとサリーを使っています。(コロニアル風のとても素敵なお宅でした。)

Thumbnail_img_5803

パイピングや縁をそのまま使いながら3タイプの服をつくりました。

セミフォーマルや日常のちょっとしたお出かけに手刺繍を楽しんでいただけたらと思います。

 

西ベンガル産シルクエンブロイダリーカンタ&ラジシャヒシルクのワークローブ

黒地に赤糸だけの大胆なペイズリー柄。無地部分が多いサリーなので、黒いプレーンシルクを合わせてみました。

TOPが短めでハイウエストのローブ型ノースリーブ。スカート部分の裏地も全部シルクです。

Img_2707

西ベンガル産タッサーシルクエンブロイダリーカンタサリーのシュミゼショート

1枚にどれくらいの時間がかかるものなのか、5.5メートルのサリーのほぼ全体に1色の糸だけで贅沢に刺繍されています。

素朴な柄が何ともベンガル風。

縁取りやステッチワークをプラスして1つのサリーから4点のブラウスを。基布は張りのあるタッサーシルクです。

裁断の位置によって刺繍の込み具合が違うため価格もそれぞれです。

Img_2649-2 Img_2650-2

下はちょっとピンクがかった落ち着いた赤で、クリーム1色の刺繍。

ダークグリーンのトリミングを入れて、ちょいと引き締めてみました。

Img_2646-2_20191020221601

西ベンガル産タッサーシルクエンブロイダリーカンタ&ラジシャヒシルク 

ライニング:カーディコットン

基布はタッサーシルク。モティーフの縁取りが色糸、中を白糸で埋め尽くした清楚なデュパタ(ショール)を使ったドレス。

TOP部分はバングラデシュのシルク産地ラジシャヒのプレーンシャンブレー。

ライニングドレス付きです!

Img_2635Img_2633

ライニングドレスは洗濯ができるようにカディコットンを使っています。

Img_2495

・・・・・・・・・・・・・・・・・

まめしんぶん、もう少し続きます!

| | コメント (0)

2019年10月25日 (金)

まめしんぶん・2019秋冬 1

皆さま、こんにちは。

ご案内DMはお手元に届いていますか?

Manis_dm1910_9272 Manis_dm1910_9271

作品展がもうすぐです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

vol.70 Kutch artisan & eternal warming

ブランド設立1998年から21年、本格的にバリでの服作りが始まってから20年となります。

1998年3月にVol.0(ゼロ)のプレ作品展をやらせていただいてから、今回で70回目となります。

これほど長い期間、回り道をいっぱいしながら、家族や仕事仲間にいろいろ迷惑もかけながら、わがままに作り続けて来られたのも、偏に着てくださる皆さまのおかげなのです。本当に本当に、ありがとうございます。

今年はずっと行きたいと思いながらなかなか機会が持てなかった西インド、グジャラート州のカッチへおもむき、産地の素晴らしい織手の人々から直接分けていただいた布が中心に、春夏から今回の秋冬展を通して心温まる素材をご覧いただいています。

グジャラートをはじめインドの布の一部は、もはやエスニックではなく、多様性に富み作り手のセンスと技術を今の時代にどんどん膨らませていて唸ってしまいます。

東インド会社からマハトマ・ガンジーさんの思想を経て、今や経済発展まっしぐらの中にこれほど麗しいテキスタイルが、保存会のような特別扱いされずに、ひとつの商売として淡々と作られている。

機械化に傾倒しないで職人的仕事が生き生きとしている。

よって今回はこれまでより一層時間をかけてじっくり服へ落とし込みをしました。

時間をかけた分点数は少なくなりましたが、現在進行形のカッチ流アルティザンの着心地をお楽しみいただけたらさいわいです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

カッチのウール

カッチの毛織と言えば、デシウール呼ばれる硬いウールが代表的。

長年間接的に入手して使ってきていましたが、軽さと柔らかさを追求する冬素材の中でこのゴワゴワしたウールは相当なマイノリティです。

なぜこんな硬いのかと思ったら、移動の民ラバリ族の周辺にいるラクダや羊、ヤギなどの獣毛(たぶんその一番硬い部分)を使っているらしい。硬いせいか、洗ってもあまり縮まないようです。

この個性的なウールのほかにも輸入されているメリノウールを使っているもの、模様織を入れたものなど種類も豊富。

今回はショールとして売られていたものを主に使って織柄とフリンジを生かしながら仕立ててみました。


デシウールブランケットのラバリコート

ショールサイズのブランケット1枚から1着がぎりぎり取れるサイズのハーフ丈チュニックを作りました。

ショールのサイズがまちまちなので、小さくてパターンに満たないものは別布を足しています。

両端のフリンジを裾に使って、身頃部分だけ裏地付けて。

裏地、パイピングと紐を1着ずつ選んでいく作業は成り行き任せ。

Img_2743Img_2813

個性的なウールをナチュラルに着る、今年の秋冬です。

中央のダークブラウンが一番カッチ風気分ですが、右の深いインディゴがいいバランスで仕上がっています。左のオフホワイトはフリンジだけがインディゴ染で面白いのでパイピングも同系色に。

Img_2842  Img_2828Img_2865  

カッチ産デシウール&タッサーシルク手織ショールのロングスカート

ウールとワイルドシルクのタッサーの美しいインディゴ染め。

伝統的な織柄が入った贅沢なショールをほぼ裁断せずそのままタック入りスカートに。

裾にステッチワークを効かせたフルロング丈です。

 Img_2447Img_2435

 

カッチ産デシウールインディゴダイ手織のシュミゼロング丈

こちらはオーダーしてつくってもらった布。タテヨコともデシウール100%です。

カッチではインディゴ染が盛んなようで、私が見せてもらった工房では地面に彫り込まれた簡単な藍のプールを使ってサクサクと染めていました。ウールのインディゴ染はしばしば色が落ちやすい事があるのですが、今回は2度洗いしてもあまり色移りせずなかなかよい状態です。

糸染めなので部分的に濃淡があります。

こちらは人気上昇中にて残りわずかとなりました。

Img_2458Img_2451

 

カッチ産デシウールインディゴダイdolkiモティーフのインドパンツ

同じタテヨコ共デシウール・インディゴ染の機で一部を織柄入りにしてもらいました。

模様が入るとフォークロアっぽさが一段と出てきます。

赤いコットンの付属パーツと赤いステッチを効かせて。

Img_2671

模様織はこんな風に織りながら刺繍するような感じで入れていきます。
Img_7134

・・・・・・・・・・・・・・・・・

カッチのインディゴウール

メリノウール(オーストラリアからの輸入糸という)のインディゴ染。

もっと柔らかいものが来ると思っていたのですがサマーウールのように強撚でした。薄くて丈夫そうな仕上がりです。

織模様にはそれぞれに名前がついていて、私の乏しい英語力ゆえ正確さに欠けますが、メモしてきたものが以下です。今回はこの中からdolkiという模様を選んでお願いしてみました。

001

カッチ産インディゴ手織メリノウールdolkiモティーフのロングカシュクール

裾と紐のコットンがポイント。いつものカシュクールよりも丈長にしています。

Img_2605

同じ生地でサックボトムを。

Img_2675

同じ素材で模様無し(無地)。

生地幅から成り行きで裁断した四角いパーツを縫い合わせたTOPです。

裾に上の巾着スカートで使わず切り落としたフリンジ部分を縫い付けてポイントに(一部ついていないものもあります)。Img_2819

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まめしんぶん、続きます!

| | コメント (0)

2019年10月20日 (日)

台風お見舞い申し上げます。

台風15号に加えて先週の19号では日本の広い範囲が甚大な被害に見舞われ

多くの方々の生活が犠牲になられた事、

今も復旧に大変な思いをされている皆様に

深くお見舞い申し上げます。

1週間前の週末は、インターネットで上陸後の19号の動きをずっと見守っていました。

台風面積が15号の16倍という規模で、おまけにジェット気流による湿った空気が重なったそうで

予想以上に広範囲で長時間の大雨だったそうで

3連休明けから遅れて入ってきたニュースに胸が痛みました。

昨年は関空が冠水し、京都の寺社でも大切な古木が倒れたり伝統建築が破損し

大きな爪痕が残されました。

今回もまだたくさんの地域で困難が続いています。

どうか一日も早く安心できる暮らしに戻られますよう、陰ながらお祈りしております。

・・・・・・・・・・・・・・・

Img_0251

バリは次第に気温と湿度が上がってきましたが、

インドネシアの乾燥続きはアマゾン同様森林災害も引き起こし

政府も動き始めているようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

9月中旬。

インドから戻って、ショール類をショップに納品。

シルクオーガンジーのものがたくさん入りました。

Img_0020

西ベンガルのジャムダニ織ショールは一度使い始めると手放せなくなる気持ちよさ。

小さめでお手頃価格のものが揃いました。

Img_e0030

スタジオでは、カッチウールの服がいろいろ仕上がりつつあります。

気温が上がってきて、スタッフも今が一年で一番頑張り時。

Img_9989

久しぶりに糸を買いに。

華僑の一家が営むデンパサールの糸商。

少し前まで電卓ではなくそろばん使っていました。

Img_9978

・・・・・・・・・・・・・・・・・

9月はなるべく出かけずに。

いつもの習い事も全部お休みして、仕事と家事に集中していました。

日照り続きで真っ赤なトマト、2キロで110円。

久しぶりにトマトケチャップ作りました。

 

Img_0185 Img_0187

ニンニク塩麹も作っちゃう。

ニンニク500グラムをニンニク潰し器でぎゅーぎゅー。

Img_9975 Img_9976

何事も成長が早いバリでは、2日くらいでおいしくなります。

早速のまかないごはんは

豚肉のニンニク塩こうじ焼きとゆで卵ケチャップ載せ。

最近肉を食べないと元気が出ない歳になってきたもので。

Img_e0202

・・・・・・・・・・・・・・・・・

これ、何か分かりますか?

うちの洗濯室のガラスにいた珍客です。

全長18センチくらい。

ナナフシのようですが、足が4本しかないですね?

それにしても見事な擬態です!

他の場所だったら絶対に見つけられなそう。

息子が最初に当てましたが、生き物に詳しい友人が「亡霊カマキリ」だと教えてくれました。

そう。答えは何とカマキリです!!

Img_e0094

下の逆Vの字のがカマです。その上の左側に宇宙人グレイみたいなとんがり目の顔が見えています。

めっちゃこっちガン見しています。

翌日、玄関の近くに別の擬態族がいました。

Img_e0190

そういえば、うちはこの手のお客さんなら普段でも多いですよ。

(本物のお客様はめっぽう少ないですが・笑)

よーく見ているとあちこちガサガサ動いていますからね。

時々ガラスにぶつかって気絶している文鳥さんがいますが、

時々野菜かごからセミが鳴きだしていますし

夜パラパラとベランダに種を落としていくのはコウモリたち。

木の葉の裏にはリスやアルーと言う大き目のトカゲ。

犬が多いのでサルだけは滅多に入ってきません。(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、そろそろ作品展が近づいてきました。

この後は「まめしんぶん」を連投する予定です。

| | コメント (0)

2019年9月30日 (月)

9月のインド時間 3

5年ぶりのジャイプール。

朝から布選びに没頭していたら停電になってしまったので

後でまた来るね~、と外に出たら洪水でした!

いつもカラカラのサバンナ気候みたいなラジャスターン州でもこんなに。

どおりで、周辺が青々としているわけです。

シティパレスの近くのスカーフ屋へ行き、水が引くのを待っていたのだけど

後日インスタで、ほぼ同じ頃にマニスのお客様がシティパレスにいらしたようなことを知りました。(!)

同じ雨の中ですれ違っていたなんて。

何年か前に、デリーでちょっと暇な日曜日に服屋を見ていたら、そこにひょっこりKokariさんが現れた事がありますから、

アリアリですね。

Img_9821

街路樹も青々としています!(笑)

Img_9831

日暮れ前にまたその停電になった店へ行き

夜はいつものおとぎの国、ジャイプール風情に今更ながら痺れます。

Img_9838

今回のジャイプールは、アノキ・カフェの近く。

以前までのお気に入り定宿の経営者が変わってしまったので、この際必要範囲を狭めてみました。

ジャイプールでの行動はほぼ100%車なので、歩いてオアシスに行けることは大事なポイント!

あまり意思の疎通が取れないタイプのホテルだったけれど、

ベッドの壁面がジャイプール・ブルー。

Img_9845

何度も来ているから散歩は割愛、用事だけ済ませて

翌日、デリーへの出発前に少しだけ時間が取れそうだったので

ブロックプリントをに見学に行く。

今回は若干の手違いもあり、世界中のテーブルクロスを大がかりに生産しているような集落へ。

量産なのに手法は同じ。ただ部屋が広いだけ!

それに比例して価格も安いけれど、人が作るものの程よい不均一感があって

何やら安心感が生まれました。

Img_9850

先ほどの「アノキ・カフェ」がインドで重要なオアシスな件。

脱スパイスのココナッツカレーとちゃんとしたコーヒーや

トマトソースのパスタや中身がしっかり食べ応えのあるサンドイッチなどが

この街での観光やお仕事の合間に食べられるのは、

かなり多くの人たちに貢献していると思われます。

Img_9863

・・・・・・・・・・・・・・・・・

下の写真。バックミラーにタブレットが張り付いているのが分かりますか?

ジャイプールからデリーへの移動をネットタクシーで頼んだら

こんなヤンキーな車が来ちゃいましたよ。(笑!)

ドライバーはこれで長編ドラマを観ながらの運転。

長距離バスで映画っていうのは何度かあったけども、ドライバーが

映画見ながら運転っていうのはお初でした。

韓流ドラマみたいな、夢のような素敵なカップルに次々と降り注ぐ困難、そして決別、再会、という。

マサラムービーにもこんなのあるんだ!って新鮮ではありましたけれども、

おかげでえらく時間がかかりました。

ちなみに映画の後、すんごく飛ばしたので怖かったです。

Img_9864

左上のマッチョ君がそのドライバー。

映画観終わると急に車止めてチャイを買いに出て行ってしまったが

私の分も買ってきてくれましたよ!

Img_9871

6時間半もかかってデリーに到着。

とりあえず骨休め~~~。

コロニアル建築のホテルにて。

外気は37度、73%。これまでで一番厳しい暑さ。

Img_9873

結局デリーでの3日間は夜でも33度という熱波にて、

あまり出ずっぱりにならず程々にホテルにこもって布整理でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

日曜日の夕方、ホテル近くの教会に人だかり。

クリスチャンの人々のお祭りで売られていたレイみたいな飾り。

白い花はジャスミン。

とてもいい香りが辺りに漂います。

Img_9887

今回も布を集めながらいろいろな目にあいました(笑)けれども、

布はすでに安全に全部揃って、

少しづつ服に成田はじめています。

・・・・・・・・・・・・・・・

インド時間、これにて完。

 

| | コメント (0)

«9月のインド時間 2